ランニングに関する口コミ30思い立ったら吉日と言うことで、ある日の思いつきでランニングを始めてから、もう3年ほどが経ちます。

私は痩せ型体質なので、ダイエットが目的で走り始めたわけではないのですが、歳をとるにつれて、自分が若い時のように動けなくなっていると感じる場面が増えてきました。

出来れば毎日、週に何度かでも、運動することが大切だと感じるようになったのです。

自分の中では長いこと、走ってきましたので、時間を費やしてきたからこそ、ランニングに対する哲学のようなものも出来上がったきました。

一日24時間のうち、走っているひと時というのは、私にとって、とても特別な時間となっています。好きな音楽を聴きながら、思い切り身体を動かすというのは、ただそれだけで、健康的ですし、気持ちがいいものです。

それでいて、走っている最中には、仕事なり、恋愛なり、友人関係なり、その時々の自分の考えが浮かんできます。

浮かんでは過ぎ去っていくその思考から、何かうまくいくようなヒントを得られることもあります。

普段は忙しく働いているので、自分がいま置かれている状況について考える時間さえ取れませんが、朝なり、夜なり、思考を整理する時間をもつことができるのは、自分の人生においてとても有意義に感じるのです。

会社と自宅を往復する毎日では感じられない季節感を味わうことも出来ます。

夏になれば、炎天下のなかで、たっぷりと汗をかいて、冷たいシャワーで身体を冷ます気持ちよさ、または緑の生い茂る公園で自然を感じられます。冬は冷えきった身体が徐々に温まっていく喜びがあります。

雨の日も風の日も、走るのが億劫になりがちですが、そうして自然のなかに飛び込んでいくのも、なかなかできない体験として、自分の中に息づくことになるのです。

ランニングは健康にいいでしょう、ストレス発散にもいいでしょう。

膝を壊すほど頑張り過ぎも良くないのですが、私にとっては、今後も継続して費やしたい、かけがえのない時間になっているのです。