ランニングに関する口コミ29私はランニングを趣味として始めて3年と4か月ほどになります。

きっかけは体を動かしたいということもありましたが、一番の目的はダイエットでした。学生時代までバスケをしていたのですが、就職した後は運動習慣がなくなり、不規則な生活もかさなって、わずか4年ちょっとで12キロも太ってしまったのです。ちなみに、その時は170センチで72キロでした。このままではいけないと奮起し、週3回、30分を目標にランニングしようと思ったのです。きっかけは本当によくある理由です。

しかし、今では将来続けようと初めて意識した趣味となりました。

ランニングは、身体や内面に様々な良い効果を与えてくれると思います。

まず、身体的なことでは体が鍛えられてシェイプアップしたり、基礎的な体力や筋力がつくことで普段の生活が楽になったりします。肉体労働や立ち仕事などをされる方は「身体を痛めたりすると仕事ができない」といったイメージをもたれる場合もあるかもしれませんが、適度な運動は体力向上だけでなく、ケガの防止になります。疲れにくくもなるはずです。

また、自分自身の体に自信をもてるようになると思います。私は、今は学生時代の体重にほぼ近い状態にいます。特に食事制限はしなくランニングだけでしぼれました。最初のうちはなかなか落ちませんでしたが、2~3か月以降はだいたい1年で5キロぐらいずつ落ちました。もちろん個人差はあるのでしょうが、体重が落ちてきて筋肉もついてくると洗面台などで自分の体を見ることが嬉しくなります。服装もハーフパーツをはいて、自然に足を露出するようになりました。これは私に限ったことではなくランナーってナルシストっぽい人が多いのですよね。最近は、服装などで「この人ランナーだな」ってわかるようになってきました。

内面、すなわち精神的なことでは、走ることで、気分転換やリラックスすることができると思います。ストレスがたまった時には本当に走りたくなります。落ち着きたい時やちょっと考えごとをしたい時も挙げられると思います。

これらの良い効果は、もちろん他の運動やスポーツでもできます。しかし、ランニングは場所や時間を選ばず、一人でも行えるため身近に感じられます。

そして、ランニングは競技の側面をもっていますので、タイムや距離を意識することも本当に楽しみです。ダイエットで始めた私も、今ではタイムを意識して「練習」の意味で走ることが増えてきました。

昔、体育の教師に言われた「短距離は頑張っても1秒速くなるぐらいだけど、長距離なら努力次第でもっと速くなれるよ」の言葉を実感しています。もともと私は、短距離のほうが得意だったのですが、今では長距離も少しずつ速くなりました。最初完走を目的に、55分近くかかっていたランニングコース(約8.5キロ)が、今は40分ぐらいで走れます。タイムを意識しすぎると、気持ちがちょっと浮き沈みしてしまうことがありますが、自分次第でうまく付き合えれば最高だと思います。

ケガやトラブルなど、注意する点はもちろんあると思いますが、気をつけていけばランニングは行う人にとって、とても充実したものを与えてくれるはずです。