ランニングに関する口コミ26私は学生の頃から運動が好きでした。特に好きだったのは球技だったのですが、体を動かす事が全体的に好きでした。しかしその中でも例外があって、それは走る事でした。その頃は、なぜ走るだけという事に魅力を感じなくて、学校で持久走などがある時期はいつも憂鬱でした。サッカーだったら時間を忘れて走る事はできるけれども、走るだけだとすぐ飽きてしまって走る喜びを感じれなかったこの頃に比べると、今は雲泥の差があります。私は今30代後半になりますが、もう球技をする仲間もいませんし、サッカーやバスケットボール、野球は見て楽しむものというカテゴリーになってしまいました。

しかしランニングは毎日のように走りたいと思うものになっています。そもそも始めたきっかけはマラソンブームがあって、自分も走ったらどれくらいのタイムで走れるのだろうと思ったのがきっかけでした。最初に走ったときはランニング専用の靴も持っていなくて、昔持っていたフットサルシューズで走りました。最初に走った日は、家からある目標地点を決めて、そこを往復する計画でしたが、とても疲れてしまって最後は走れなくて歩いてしまいました。しかも次の日からひどい筋肉痛で、歩くのもぎこちなくなってしまいました。

それで、やっぱり自分には走るのは剥いていないのかと思っていましたが、筋肉痛がなくなったら、やっぱり走りたくなっている自分に気づきました。それでランニングシューズを購入して、初心者用のシューズをお店の人と相談して購入しました。そして走り始めたら、思ったよりも体が軽く走れるのを実感しました。それからだんだん走る回数を増やしていって、今では週に4日は走っています。私が思うランニングの魅力は、自分のペースで進めることができるということです。

そして、努力すれば少しづつタイムが良くなっていく事です。また私のおすすめは音楽を聴きながら走る事です。そうする事によって、走っている大変さを忘れさせてくれますし、ランナーズハイになったときには映画の中にいるような感覚を持つ事が出来ます。