ランニングに関する口コミ8マラソンを始めたばかりの頃、BORN TO RUNという本に出会いました。本の中には、メキシコの秘境をこともなげに走るタラウマラ族のことが書かれてあり、長距離を走る秘訣としてチアシードを食べることが書かれてありました。チアシードがまだ流行っていない頃でしたが、ネットで細々と売られていたチアシードを購入し、チアシードを水に混ぜたものをランニング中に、飲んでみました。すると、いままで、「もう、だめだ」と、思って諦めそうになっていた1時間の壁をすんなり超えることができたのです。

今までだったら、辛くなると、「あと5分頑張ろう」とか「あの橋まで頑張ろう」と、立ち止まる口実ばかり考えて走っていましたが、チアシードを飲むようになってからは、「まだいける!」という感覚がはっきりと実感することができるようになりました。チアシードは、ちょっと青臭い上に、水に浸すとオタマジャクシの卵を連想させられるので、豆乳に混ぜて黒砂糖で味付けすると、飲みやすくなります。

ついでに、ビブラムのファイブフィンガーズを買いましたが、あれでアスファルトを走るのは体に良くない感じがして、止めました。ただ、ビブラムで走るとふくらはぎに筋肉が付きやすいので、お散歩用として使っています。

それから、ランニングを怪我なく続けるには、筋トレが必要だと聞いた時は、筋トレが苦手だからマラソンを始めたのに..とがっかりした気分になってしまいました。でも、自宅で寝る前に筋トレをするようになってからは、もっと楽に走れるようになりました。今までは、120%の力を出して走っていましたが、筋肉が付いてくると、80%の力で走れるようになったと思います。これからマラソンを始める人は、筋トレで体幹を鍛えてから始めることをお勧めします。そうすることで、三日坊主にならずに楽しくマラソンを続けることができますよ。

走っているといっても、まだ10kmを週に2回走っているだけなので、もっと走れるようになってフルマラソンに参加してみたいです。