一般に「ロリータ」と言って多くの人が思い浮かべるのは、「甘ロリ」と呼ばれるスウィートロリータである。

(人によってはゴシック&ロリータを思い浮かべる人もいるかもしれない。)
砂糖菓子のような甘く可愛らしいコーディネートは、さまざまにあるロリータのジャンルの中でも絶大な人気を誇る。

この記事では、そのスウィートロリータについて解説する。

スウィートロリータとは

(参考)https://twitter.com/MimiShirayuki

その名の通り、甘く可愛らしいコーディネートでまとめたロリータのこと。ピンクやサックスブルーなどのパステルカラーを中心に、少女のような雰囲気を重視するスタイル。
黒×白の組み合わせだとゴシック&ロリータと混同されやすいが、モノトーンな色使いのスウィートロリータもある。

その場合もレースやフリルがたっぷりと使われており、色以外は他のスウィートロリータと変わらない。ゴシック&ロリータは十字架やデビルなどを使い、退廃的なイメージでデザインされている。

「白ロリ」「黒ロリ」「サックスロリ」・・など、色によってそのロリータファッションを指す場合があるが、これらは全てスウィートロリータに含まれる。

少女のように可愛らしくポップなコーディネートのスウィートロリータには、しばしばパステルカラーのウィッグも使われる。

フリルたっぷりのボンネットにカチューシャやリボンコームを重ね付けし、自信をデコレーションケーキのように飾りつけすることも好まれる。

バッグもハート型、チョコレート型などのバッグでとことん甘く。ぬいぐるみのポシェットやバッグは、ぬいぐるみと一緒におでかけする夢見がちな少女らしさを強調する。

中でも、BABY,の「うさくみゃちゃん」のポシェットやリュックはスウィートロリータの定番アイテム。2002年に発売されてからリニューアルを重ね、何度も再販されているロングセラー商品である。

スウィートロリータのオリジナルプリント

(参考)https://twitter.com/girlism_info/status/788360630294024192

スウィートロリータで使われる定番のモチーフには、スウィーツや動物、お花などがあり、それらは現在ワンピースやスカートなどにオリジナルプリントとして表現されることが非常に多い。

少し前だとBABY,などでは刺繍やアップリケを使用して描かれることもあったが、最近では少なくなってきている。

オリジナルプリントのワンピースやジャンパースカート、スカートと一緒に、お揃いのタイツやソックスも発売されるが、こちらにもプリントが施されていることもある。

オリジナルプリントは今やスウィートロリータというジャンルにとってなくてはならないものであり、スウィートロリータの2大ブランドBABY,THE STARS SHINE BRIGHT、Angelic Prettyでは次々に新作が発表され、人気の柄物は即完売ということも珍しくない。

ロリータファッションは他のファッションジャンルに比べて市場が狭いため、同じプリントを持っている人が非常に多くなる。

そのため、それを逆に利用して友達同士で双子、三つ子のコーディネートを楽しむ人が多いのも特徴である。

「伝説のオリプリ」

スウィートロリータで今まで特に人気だったオリジナルプリントを一部ご紹介しよう。

・「シュガーブーケ」BABY,THE STARS SHINE BRIGHT
2004年に発売されたシュガーブーケシリーズは、砂糖菓子のブーケをイメージした夢のようなシリーズ。
発売後即、入手困難となり、その後もリニューアルをして再販されたり、ステーショナリー等の小物の柄として使用されたりと10年以上たった今もBABYファンに愛され続ける伝説のオリプリ。

・「Sugary Carnival」Angelic Pretty
予約完売したSugary Carnivalは、砂糖菓子のメリーゴランド。
マシュマロ棒のメリーゴーランドに、パステルで可愛いポニーが駆け回るプリント。
レースにまでポニーが施され、細かいところまでロリータの心をがっちり掴んだ名作。

・「メモリアルケーキ」Angelic Pretty
2009年発売のメモリアルケーキシリーズは、当時からのPrettyファンに人気が高いシリーズ。
薔薇の花やリボンで飾りつけられたさまざまなデコレーションケーキやカップケーキが繊細なタッチで描かれ、見るほどに「可愛い」と声が出てしまうようなプリントとなっている。
全体にくるくるとしたリボンのストライプが、裾にケーキが華やかに描かれたようすは、コーディネートをしたときのバランスも絶妙。

無地ロリータ

現在ではオリジナルプリントが主流となっているスウィートロリータだが、古き良き無地の生地を使用したロリータも正統派ロリータとして根強い人気がある。

2000年代前半は、ほとんどのロリータファッションブランドが無地、またはチェックやドットなどの単純なパターンか花柄を使い服を作っていた。

定番はやはり無地で、白や黒、赤といった布にレールやリボンをふんだんにあしらい、タックやギャザーフリルをたっぷりと寄せてそのスウィートロリータらしい少女の雰囲気を表現した。

この頃はBABY,THE STARS SHINE BRIGHTを代表に、当時まだセレクトショップであったPrettyや今はクラシカルロリータを代表するブランドとしても知られるInnocent Worldも、このようなスウィートロリータの服を作っていた。

まとめ

あるときは少女のような、あるときはお姫様のような、甘く可愛いキュートなロリータファッションであるスウィートロリータ。

代表的なブランドには、BABY,THE STARS SHINE BRIGHTやAngelic Pretty、metamorphose temps de filleなどが挙げられる。

パニエで大きく膨らませたスカートに、フリルたっぷりのブラウス、たくさんのキラキラしたアクセサリーが特徴であり、スイーツや動物などの可愛らしいオリジナルプリントが好まれる。

他のファッションジャンルではなかなか使われないような全身がパステルカラーのお洋服は、はじめて着るときには少し勇気が必要かもしれないが、他では味わえないこの可愛さをぜひ体感して欲しいと思う。

執筆者について(おめぐ)