こんにちは。ニック・アダムス・ショーンKです。
max16011550_tp_v

ニックアダムスです。

今日は、サイト名にもある多事総論的に、今、はてなで話題になっていることについて書いてみようと思う。

石田さん
http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

大学を中退するということで、多くの議論をわき起こした若者である。

議論というか、中には、「そこそこ立派にやってる俺がうんちくいってやろう…」

というスタンスの人も多かったように思う。

ただ、今、それなりに飯を食っている起業家の人も思い出してほしい。かつては、自分自身も、周りから変な目で見られていたということを…。

俺は石田さんとは違う。という思う人もいるだろう。

だが、そんなことは大した違いはないはずだ。犯罪でなければ。

俺がこうだって思うから行動するんだ!俺がこうだって感じるから行動するんだ!人からどう思われようと関係ない。

みんな最初はそう思っていたのではないでしょうか?そして、周辺の人間の何人かからは「絶対にうまくいくはずない」、「あいつは馬鹿だ」って思われていたのではないですか?それを承知したうえでそんなの関係ないって思っていたのではないですか?

石田さんに対して、意見を述べて気持ち良くなっている地点で終わってるというか、もうただのおっさんになってしまってると思うのです。

今のあなたはもう完全体なのですか?

これ以上成長する必要のない人間なのですか?

石田さんの一連のやり取りを見て、自分は、若かりし頃の自分を思い出したよ。

中途半端な現状に満足してる自分に愕然としたよ。むしろありがとうという感じだよ。

一番よくないのは、自分を信じれなくなること、自信を失うことだと思う。自分を信じて進めばよいかなと。

何も一日3時間しか寝ないことが、成功への必要最低条件とは限らない。自分なりに進めていけばよいのかなと思う。

言っておくが、無責任なエールだ。

だが、死んだように生きることをやめようと、行動を起こした、起こした後の人間に、何が言えるっていうんだ。もう後には戻れないんだ。自分を信じて頑張れとしか言いようがないだろ。

行動を起こしたということは、その人なりの直観が作用していると思う。その人なりに、どんな成功も失敗も受け入れることができるという直観が働いてその道へいこうと行動したはずなんだ。

だから、どうあれ、彼なりの道を作っていけるはずだろう…。

これくらいにしておいて、俺は俺の道を行くとしよう…。若さを取り戻して気合入れて頑張ろう。

執筆者について(ニックアダムス)