今回ご紹介するのは最近巷で沸々と話題を呼んでいるサプリメントでも定期購入者が続出しているらしい、私も相当気になっている「オルニチン」についての効能やどういった方に最適なのか等を説明していきたいと思います。

オルニチンの働きとは何なのか?

オルニチンとは人間の身体に必要なタンパク質を構成しているアミノ酸の一種になります。アミノ酸にも必須アミノ酸と非必須アミノ酸が代表格で存在するのですが、このオルニチンとは「遊離アミノ酸」の一種になります。
働きとしては、特に肝臓で作用するのですが有害なアンモニアを尿素に変えて排出する事により、解毒作用に特化しています。又、成長ホルモンの分泌を促進させて筋力アップに繋がり基礎代謝が上がります。
ここで豆知識です!「遊離アミノ酸」とは私達の身体の細胞や血液中に蓄えられるアミノ酸になりますが、必須アミノ酸の様にタンパク質を構成しておらず、単独で遊離している事から遊離アミノ酸と呼ばれます。

オルニチンの効能・効果とは

オルニチンを摂取する事で、肝臓の機能を高める効果があります。この肝臓機能をアップさせるという事はとても重要な事で、肝臓は約500もの仕事を担っているのです!人間の臓器の中ではとても重要かつ大きな役割を持っているのです。食べ物を摂取する事でエネルギーを身体中に運んでいるのも肝臓で、エネルギーが足りない時は貯蔵していた脂肪などからエネルギーとして運んだりもします。そこで現代人は食生活が乱れたり、お酒を飲んだりという風にとても肝臓に負担を掛けている方々が多いのです。精神的なストレスも肝臓には悪い影響を及ぼします。それでも肝臓は休むことなくひたすら働き続けているのです。そうなってくると何かしら肝臓付近が痛みを感じたりするかと思いきや、肝臓は文句も言わず黙々と働き続けるのです。そして知らないうちに、脂肪肝や肝硬変、そして肝臓がんとなってしまっている事がある為に「沈黙の臓器」と言われるのです。
オルニチンには他にも効能があり、基礎代謝量が上がることで新陳代謝が良くなります。これにより細胞分裂が活発に行われる為、肌の状態が良くなります。これは女性にとっては嬉しい事ですね。さらに、基礎代謝がアップしたり、成長ホルモンの分泌量が上がるのでダイエット効果もあると言われています。
一番見込める効果は特に毎日お酒を飲まれる方です。お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解する工程でアセトアルデヒドという有毒性のあるものに変換されます。これが翌日まで体内に残ってしまう為二日酔いの症状になるのです。そこで活躍するのが、オルニチンです。肝機能をアップさせる効能がある為、アルコールの分解速度も上がるので二日酔いにはもってこいの成分です。
他にも様々な効果が認められており、「疲れが抜けやすい」「朝の目覚めが良い」等オルニチンは現代人にはとても優れた効果を発揮する事が分かっています。

そんなオルニチンはどうやって摂るのか?

オルニチンが多く含有されている食品の代表格がシジミです。よく、二日酔いにはシジミの味噌汁が良いと言われるのはこういう理屈がある為です。
シジミ35個でオルニチンは15mg程度含まれているそうです。他にもヒラメ・キハダマグロ・ほたて・イカ・アサリ等の魚介類やチーズ・牛乳にも含まれています。しかし、代表格のシジミを凌ぐ食品がありなんとしめじには100gあたりシジミ700個分程度のオルニチンが含まれています。しかしきのこ類はなかなか完全に消化されないのでそこまで摂れるのか私的見解ではやはりシジミが代表格ではないかと思っています。
しかし毎日シジミを食べるのは相当きついと思います。私は無理です(笑)
そこで最近はオルニチンを高含有されたサプリメントが数多く販売されています。色々と調べてみると1日にオルニチンをなんと800~1500mgは摂取できるものがほとんどです。しかも料金がまあまあ安いです。中にはお試し500円とかもあるみたいなので、これは試して実感する価値ありだなと思い私はつい先日購入してみました。個人差はあると思うのですが、私はサプリメントを飲みだして3日目より実感出来た事があります。私は朝がとても弱く、タイマーを5個セットしても起きるのに1時間は掛かってしまっていたのですが、なんとその3日目にタイマーが鳴る前にスッと目が覚めたのです。そしてとても清清しいのです。これが毎朝今の所続いています。これは私にとってかなり嬉しい利点だったので、定期購入が確定致しました(笑)
もっと早くに気付いていればなと感じた今日この頃です。

まとめ

今回ご紹介したオルニチンですが、筆者もびっくりの効果だったので朝が苦手な方やお酒の席が多い方は試してみる価値があると感じました。ちなみにオルニチンは副作用はほぼなく、多く摂りすぎた場合は排泄されるそうです。
今まであまり気にしなかった方もオルニチンと検索すれば、「なるほど~」と感じると思います。今後も私はオルニチンに頼っていくでしょう。
以上がオルニチンの凄さについてでした。

執筆者について(masa)