秋のヒラスズキシーズン到来となりました!今回はヒラスズキをルアーフィッシングで狙うべくポイントをご紹介していきたいと思います。

皆さんが思う「スズキ」といえばマルスズキと言いますが、ヒラスズキは、ほぼ荒波立つ磯での超デンジャラスな釣りになります。

まだヒラスズキはした事ない方や玄人までもテンションの上がる記事に仕上げたいと思います。

ヒラスズキが釣り易い状況

釣り人1ヒラスズキはサーフや大雨の後の河川にも入ってくる事があるが、基本的に岩礁帯を好み、しかも海が荒れた時に釣り易い魚です。

餌で釣れる事もあるが、シーバス(スズキ)釣りをしている者なら1度は釣りたい魚がヒラスズキなのです。

磯周りに白い波が広がる状態(サラシ)の下に潜み、イワシやキビナゴ等を捕食する為に岩礁帯プラスサラシは必須条件です。

そして餌となる小魚(ベイト)が居る事で格段に釣果が上がります。

どんな装備で行けばいいのか

上の写真からも分かる様に波を被る事もあれば、最悪波に飲み込まれて落水してしまう危険を伴います。なので、ラフに磯靴だけ履いて行っては危険過ぎます。

そこで、本気でカッコよく望むのであればウェットスーツに靴タイプで滑り止めがしっかりしているものと、ライフジャケットは必須アイテムです。さらに言うならば半キャップ型のヘルメットがあれば万全です。

ロッドリールはヒラスズキ専用タックルにしましょう!ロッドの長さは11ftくらいあれば良いでしょう。

港湾部では8~9ftくらいだと思いますが、磯では、風も強く飛距離を出し様々な瀬やスリッド、流れを探る為長い方がベストです、欲を言うならフットワーク良く疲れ難くする為に軽めの物を選びましょう。

尚且つバッドパワーがしっかりしていないと、すぐに走られます。

リールはDAIWAなら3500番、SHIMANOならば4000番を選択しましょう。

やたらバカ高いリールを使う必要はないと思います。玄人は別ですが(笑)PEラインは1.5号の8本巻きで、リーダーは30lbあれば十分だと思います。

あまりラインを太くしすぎるとルアーが思いの他よくスイミングしてくれませんし、飛距離が落ちます。

サラシが薄い時の釣り方

磯へ行ってみるも「サ・・サラシが薄い・・」という事もしばしばあります。そんな時のヒラスズキはかなりシビアな状況が必須です。

そんな時でも意地でも釣ってやる根性が出るのが「ヒラ師」です。サラシが薄い場合大抵のヒラスズキは、表層にいるベイトにはあまり興味がありません。

だいたい瀬周りの底付近や流れに変化のある場所に居ついているパターンがほとんどです。

そんな時こそ、よりシビアに、ストイックにロッドに伝わってくる流れを感じ取り、沖の方にある瀬周りをピンポイントに探る方法がベストだと思っています。

さらに弱った小魚の演出させるルアーの使い方を心がけていると結構食ってくるもんです。

又はバイブレーションで底を意識してバイトを誘発させるのも1つの手だと思います。

そんな時こそ、高級魚のキジハタやヒラメ、真鯛が食ってくる事もあり、美味しい外道としてお持ち帰り確定です(笑)

磯以外のアタック!

釣り人2基本的に荒磯での釣行で戦いで仕留めたいヒラスズキですが、もっと手軽にできないの?という時もあると思います。

地域にもよりますが、私の住む地域では周りには磯でのヒラスズキポイントが多数点在しているのですが、所々に港湾部があります。

そこでのヒラスズキの実績もあります。というかそういう場所はかなりアツいポイントになります。ちょっと体験談を書きます。

狙いは春の嵐が来た時の港湾部での夜間釣行です。夜間になるとベイトが港の中へ入ってくる事があります。

しかも海が荒れていれば自然に入ってくる確率が格段に上がるのです!タックルは9.6ftのシーバスロッドでリールは2500番、PE1号でリーダーは20lbでの出撃です!

現場へ到着すると誰もいない(笑)そして海面はたまに捕食音が聞こえます。

とりあえず仕掛けをセットし、ボイルが頻発している所をペンシルにてゆっくりドリフトさせていると・・「ガツン!」

この、マルスズキとは明らかに違うヒットとエラ洗いがあまりないとこを見ると明らかにヒラスズキ!そしてフッキングも完璧だった為、少し余裕を見せてのランディング成功でした!

74cm、5.6kgの銀光のヒラスズキでした!少し余韻に浸りながら、あまり場を荒らしたくは無かったので早々に帰宅しました。

まとめ

今回ヒラスズキについて説明というか、試験や体験談を元に書いていきましたがヒラスズキ釣りはとてもスリリングで面白いです。

ぜひチャレンジして頂ければ必ず想像以上の喜びが待っていると思います。

なかなか難しい釣りではありますが、夜間の港湾部でもチャンスはあるのでぜひその引きを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみにヒラスズキは臭みもなく非常に淡白で美味です。お刺身でいかかでしょうか?

執筆者について(masa)