電力自由化について

今回ご紹介するのは「電力自由化」についてです。一般家庭への供給は2016年4月より始まっています。以前までは10社の大手電力会社からの供給しかされていませんでしたが、電力自由化により民間企業も発電・供給ができるようになったのです。

しかしだからといって私たち一般家庭へ供給される事にどういったメリットがあるのか知りたいですよね?そこで今回電力自由化の仕組みや、様々なメリット等を説明していきます!

電力の規制緩和について

電力について1今まで電力は大手電力会社に全てを国が任せてきました。国民に選択肢はなく、ただ使用した電気料金を支払うという仕組みでした。そこで国が打ち出した政策が電力自由化になります。

国の電気事業審議会で審議を重ねていった結果、大手電力会社以外の新電力の小売りを民間企業にもできるようになれば、電力をどの会社からでも買う事ができるようになったのです。例えば、国民が関西電力や関東電力等から買っていた電気を自分の好きな電力会社から買う事ができるようになったのです。これが「電力自由化」と言います。

電力自由化の必要性とは

電力自由化により様々な電力会社から電気を買えるという事は、大手電力会社は今までの顧客が減るかもしれないという事態が起きます。そして民間企業が電気を小売りする事で電気事業界は価格競争が発生する事になります。それにより、国民はもちろん安く電気を売っている電力会社から買うという選択肢を選ぶでしょう。

国はまさに、そこを狙っていたのです。もちろん安いだけではまだ「今の大手電力会社でいいや」という方も居られます。なぜならば、いくら安く電気を買えるにせよ、その会社が倒産したらどうなるのか?等慎重派の方々も実際にいらっしゃいます。

しかし、そこは心配御無用なのです。もし仮にお願いした電力会社が倒産してしまってもすぐに違う所への切り替えが可能なのです。なので電力自由化は審議を重ねて安全策もしっかり考えられ、実際に施行されたのです。

電力自由化によりどういうメリットが生まれるのか

今までの大手電力会社は一般的な料金プランに従量電灯というものをメインにした料金プランを設定しています。しかし、電力自由化により各民間の小売り電気会社はその2%~5%程度低く設定してきているので、だいたいの目安として大手電力会社よりも安くなっています。

そこで、大手電力会社も今まではただ電気を売っていただけではまずいと考え、例えばガスの小売りをセットにしたプランを打ち出す等の戦略をしてきた所もあります。もちろん民間電力会社もただ安くするだけではいけないと考え、独自のサービスを打ち出してきています。

例えば元々ガソリンを売っていた会社が新電力を買ってくれたら、ガソリン代を安く設定したり、ポイントを付与します等と民間電力会社も新手の手法を打ち出してきています。このように新電力の価格競争をする事で国民にメリットが生まれているのです。

又電力会社も価格競争が起きる事で、今までより利益がでたりと経済効果も期待できるのです。まさに国はそこまで考えて電力自由化を進めてきた訳です。

電力の料金プランについてのメリットとは

電力について2電力自由化により電気料金が安くなるという事は分かりましたが、現状かなりの企業が電力小売り事業に参入してきています。そうなると、「一体どこの会社にしたらいいの?」と悩む所です。家庭の電気使用量やライフスタイル等、人それぞれだと思います。

現状でいうと、ライフスタイルで的を絞る方が多いです。例えばガスをよく使っている家庭の場合「電気料金はもちろんガスも安くなりますよ」という様なセットプランを選んだり、毎回携帯電話代が高い方は「携帯電話料金が安くなりますよ」というセットプランを選ぶというものです。

この様に、そういった視点で選ぶとどこの電力会社がいいのかなんとなく的が絞れます。中には、電力会社が自然にエコな太陽光発電や風力発電をしている所を選ばれる方もいます。電力自由化により環境にも良いというメリットも生まれているのです。

2020年に何かがおこる!?

予定ではありますが、2020年に「送電網」といって電力会社から事業所や家庭に送電する装置があるのですが、この送電網は未だ10社の既存電力会社が管理をしています。簡単に言うとこれを「小売り電力会社にもしてくれ」といっても現実不可能なのです。なぜならばとてつもない資金が必要になるからです。

そこで2020年に国が打ち出した案は、この送電網を担っている既存電力会社の分散化です。これを「発送電分離」と呼びます。分かりやすく言うと、発電する会社・送電する会社・小売りする会社という風に分ける事で、全電力会社が送電網使用料を平等に払いましょうというものです。これが電力自由化の最終形態となる予定となっています。これにより2020年以降さらなる「変化」が生まれる事でしょう。

まとめ

今回、電力自由化によるメリットを説明していきましたが、ただ電気代が安くなるという訳ではなく様々なメリットが生まれる事になるという事でしたが、実は電力自由化はこれで終わってはいないので、今後の動きに注目しておきたいですね!

なんとなく分かっていた電力自由化ですが、実は電力事業の大改革なのです。他国でもすでに行われている所もあります。なので、他国とも協力しながら進めていく事だと思います。以上が電力自由化についての説明でした。

執筆者について(masa)