英語は話せるようになりたい・・・そう思う人はたくさんいるでしょう。某、英語のCDを聞くだけで話せるようになるなどの商品はたくさん出ていますが、なかなか自分が理想とするペラペラ具合にならないという人も多いはず。そこで今回は、ちょっと新しく変わった提案をしてみたいと思います。ご参考までにどうぞ。

論理的な思考はドブに捨てよう

積極的に会話会話が苦手という人の多くは、とてもしっかりきっちりがっつりしています。

何が言いたいかというと、日本の英語教育という沼にハマりきっているのです。日本は受け身教育なので、リーディングとリスニングだけという試験で英語力をはかるという国です。よって、自分から発言することを苦手としています。英語に関しては文法をしっかりと、という考えも加わるので、一語一句間違えずに言うにはどうしたらいいか・・・などと考える人がいるのです。

母音の前は「ザ」じゃなくて「ジ」だったっけ。そんな論理的思考は完全に、いいですか、完全に捨ててしまってください。

そんなことを考えている暇など、会話中にはないのです。つまり、英会話に大事なのは「きちんと伝えなければ」、ではなくて、「伝われば良い」なのです。前者のように考えるようになるのは自分の意思が相手にある程度伝わってからで十分すぎるのです。

単語とジェスチャーで行こう

会話で一番ダメなのか何か知っていますか?それは黙り込むこと。日本語だってそうですよね。自分は相手に話しかけているのに何も返って来なければ嫌な気分になります。単語1つでも何かしら伝わるかもしれないので、初級ではジェスチャー、絵、筆談、あらゆるものを使って相手へ意志をどうにかして伝えようという行動が大切です。これでも意外に伝わるもの。きちんと丁寧に、間違えずに会話をしなければいけない理由は何ですか?ないならばそれは日本教育の洗脳かもしれません。

妄想練習方法

お風呂英会話って、実際に相手がいなければなかなか上達しませんよね。

でも、一人でも練習はできるのです。

だって、間違っても良いんですから間違いを正してくれる相手を探す必要なんてなくなりましたからね。

私がオススメするのは、お風呂で妄想するという方法です。

これぞ新提案!私はこれで会話能力が上がったと思っています。

方法は簡単です。外国人と出会ったというシチュエーションを想像して、相手がなんて言ってくるか、それに対して自分はどう答えるかを想像するのです。

私の場合は近所で道を聞かれたのをきっかけに相手の出身国を知り、そこから段々仲良くなっていくというパターンの妄想が多かったです。

これは意識して英会話上達のためにやっていたわけではなく、外国が好き故の癖でした。結果としてこれが会話力に繋がるとは思いませんでしたが、妙にスピーキング力が伸びましたよ!(笑)

経験値を稼ぐことが一番

英会話に関しては、色んな会話をして数をこなし、経験値を稼いで慣れることが一番の近道だと思います。私は身近に外国人もいませんでしたし、英語で話す機会もなかなかなかったので一人で妄想していたわけですが、色んなシチュエーションを想像していたことによって仮想とはいえ経験値が稼げたのです。意識してやるのはまた違うかもしれませんが、癖のように毎日やっていたので苦痛でもなんでもありませんでした。もし私と違って英語環境に恵まれているならば、英語カフェや英会話教室で存分にその成果を発揮してみてください。

会話はいつだってアドリブ

英会話が苦手という人の中には、性格的なことが関わっている場合もあります。母語では普段意識しませんが、人と話す時にはあらかじめ決められたスクリプトなんてないのですが毎回がアドリブです。でも、いつも使っている言葉が違うと何かに頼りたくなってしまうことも。これは「アドリブ力」が必要で、考えるより先に喋ることも時として必要です。スムーズに話せるようになりたいと思っているのならいずれ必要になってくる能力でしょう。つまり、お喋り好きであったりコミュニケーション能力が高い人の方が有利と言えます。性格を変えることは難しいので、英会話には多少の向き不向きがあると認識しておくと割り切れるかもしれませんね。

まとめ

帰国子女は、英語を話す時に日本語と同じ脳の領域を使って話すと言われています。一方、第二言語として英語を習得した人は、日本語とは違う脳の領域を使って話すと言われています。後者はスムーズに英語を話すことは難しいのですが、英語が話せる人全員が帰国子女というわけではありませんよね。英語を話す時には日本語が全く出てこないくらいにまで経験値を踏んだということなのです。個人差はあり、すぐに話せてしまう人とコツが掴めない人がいますが、それはどんな分野だって一緒です。慣れて慣れて、これでもかと時間を使ってようやく達成できるのが語学。でも、日本人はちょっと効率が悪いので、とにかく間違いを気にしないという気持ちへの切り替えが大切ですね。

執筆者について(キキ)