既読スルー・既読無視(ライン)の口コミ・経験談・アドバイス0028私は現在30代ですが、恋人との連絡ツールは携帯電話でのメールか電話だった時期が長かった世代です。しかし、無料通信アプリなど、SNSの普及により、恋人や友人、家族との連絡では私もそれを利用するようになりました。メッセージを送るのも簡単、受信したものを見るまでのステップも少なく、しかも利用料無料なのが便利だとは感じますが、メールや電話とは明らかに違う機能として「既読」のマークがつくということがあります。私はいまだに、それがどうも好きになれずにいます。これまでは、メールをして相手からの返信が遅ければ、メールを読んでいない、あるいは受信出来ていない等の、相手が故意に返事を遅らせているかもしれないなどという考えは持たずに済んでいました。電話でも、もし相手が出てくれなければ出られない状況下にいて仕方が無いのかもしれないと思えていました。しかし、もうメッセージを読んだことが分かる「既読」マークがついているにも関わらず、返信が遅いと「相手が忙しいかもしれない」という以外の理由まで想像は及んでしまいます。自分のことが嫌いになってしまったのかと心配になったり、何か怒らせてしまったのかなど、相手のこちらへの感情を深読みしてしまうことも多々あります。そのため、このようなことが恋人間で起こると、更に深刻な気持ちになる人は少なくないでしょう。私も恋人と無料通信アプリで連絡を取り始めた頃に、「既読」マークに悩まされたことがあります。相手にメッセージを送って「既読」と表示されているのに、返事が翌日まで来なかったのです。仕事が忙しいのかと心配になり、もう1通メッセージを送りましたが、それでも既読になって返事は来ず、何通かのメッセージに対して既読スルーをされてしまい、私は心配で気が狂いそうになりました。既読スルーされている間、私が彼の気に障るようなことをしたのか、彼は私に冷めたのか、はたまた浮気でもしているのか等、考えても仕方の無いことばかりが脳内を巡りました。彼から返事が来た時には私はもう寝てしまっていたのですが、返信を見た朝、本当に安心しました。彼はどうやら長い会議中にメッセージを見てはいたのに、指を動かして返信出来るような環境ではなかったみたいです(机の下に携帯を隠しながら見てはいたけど、それに返信するため指を動かすと、携帯をいじっているのがバレそうで怖かったとのことでした)。私も別にメッセージ上では焦っている様子は見せていなかったので、緊急で返事をする必要性は感じなかったようです。こんなことなら、返事をくれないのが心配だという意志をもっと伝えておけば良かったのですが、それをメッセージで送ると相手にとって重いかと思い、遠慮してしまう自分がいました。私は彼に、実は自分が嫌われたのではと心配していたことを話しました。すると、彼も一度私が既読スルーをしたことで同じ心配をしたことがあると打ち明けてきたのです。確かに、私も一度仕事が忙し過ぎて、メッセージだけ見て家に帰り、そのまま眠ってしまい返事が翌日になったことがありました。彼もその時は私が何か彼のことを怒っているのかもしれないと不安になってらしいです。しかし私同様、彼もあまり返信を急かすと重くて女々しいような気がして、しつこく連絡は出来なかったと言います。二人してこのような不安に襲われたことがあるなんて、既読スルーの威力の大きさを思い知らされました。また、こんなに胸が締め付けられていたなんて、まるで高校生にでも戻ったかのようで何だか恥ずかしかったです。大の大人でさえ、このような気分に陥るのは、やはりこれが文字だけのやりとりで相手の本心が見えにくいのが原因で、それに加えて、既読スルーされることで余計に相手の気持ちを読めず、または勘違いして、心配をあおるようです。私と彼の間でその事件が起こった後、もうこのような無用な心配を避けるため、心配なら心配と互いにはっきり伝えることを約束し合いました(そしてそれを重いとは思わないという約束もしました)。それからというもの、既読スルーが減ったのもありますが、例えそれがあっても以前のような不安感は無くなりました。私達はこのようにして、会っている時にお互いの気持ちを打ち明け合って解決することが出来ましたが、もしそれが出来ない間柄の場合、心をどう持って行くかが既読スルーの不安感を軽減させるのか考えてみました。その方法の一つとして、無料通信アプリもメールや電話と同じと考えることがあると思います。メールでも電話でも返事が無い時は、こちらが勝手に相手が返事を出来ない理由を想像するしか手が無いので、実のところ無料通信アプリの既読スルーと変わらないのです。ただ相手には返事が出来ない何らかの理由があるということだけを考えるようにすること、それでも気になるなら気を紛らわせる自分の好きなことをするなどして、既読スルーのストレスに打ち勝つようにしてはどうでしょうか。それでも、もし既読スルーされることが精神衛生上良くないのであれば、無料通信アプリの利用をやめて、メールや電話だけの連絡方法に戻るのも良いかもしれませんね。

口コミ取り扱い注意事項