既読スルー・既読無視(ライン)の口コミ・経験談・アドバイス0010生活の一部となっているスマホや携帯、そのアプリとしてLINEとうコミュニケーションがありますが、よく話題になる既読スルーという言葉があります。これは既読を無視するということではありますけど、特に彼氏、彼女の好きな人であったり、ママ友、友達など仲良くしている相手であったりすると既読スルーされれば気になって仕方ないかと思います。手軽に行えるLINEであり、いつも手元にあるスマホだからこそなぜすぐに既読してくれないのと考えてしまうかもしれませんが、そこにはひょっとして本当に既読できない理由があるかもしれません。例えば今は本当に忙しくて無視しているわけじゃないこともあります。なので既読はつけたものの、後からということもあり、男性なら女性とは違い気遣いがあまり慣れていませんので、返信できないにも関わらず既読をつけたりもします。なので待っている方としては気持ちが不安になったり、怒ることだってあるかもしれません。ですからこういった男性の場合にはあまり気にしないこと、それと仕事での付き合いなどが多いような男性の方は何日も返信なしなんんてこともありますので前向きに考えるようにした方がいいでしょう。

またこういった男性の場合、多忙のあまり返信を忘れていることも考えられます。それと男性はLINEに対して女性とは違いそれほど肩肘を張って依存していません。もちろん中には楽しくて女性のように利用している男性もいますけど、ただ好きな相手となれば話も違ってきます。ちなみに人それぞれではありますが、基本的に女性の場合なら忘れてたなんてことはありません。例えばガツガツしたタイプの場合なら、忘れてたなんてことは脈が無いというより友達程度でしか考えていないのかもしれません。なので男女間での考え方としてもし好きな人が既読スルーが多かったりすると今後の努力が必要になってきます。他にも一方的に会話を楽しんでいたと勘違いをしていることもあります。こっちは会話をしてたと思ってたけど、認識違いによっていつの間にか既読スルーされているというパターンですが、これはスタンプなどを送ることでよく起きることで、相手がスタンプを終わりだと勝手に思い込んでしまうわけです。そうならないためにも一言をプラスしてスタンプをという形にしておくといいでしょう。

次は返事の内容を考えてしまうことですけど、だけどこの場合には返信を大切にして丁寧に返そうと努力しているということが分かりますので、例えば男性が必死になってるということはそれだけ相手の女性に対して大切な気持ちを持っているということにもなります。他愛も無い話が楽しくて、だけどしっかりとした内容が多いはずです。LINEは時折こうした恋愛の駆け引きのようなことがよくあるとは思います。ただこういったことは相手にもそれなりに恋愛経験豊富で、自分に興味がある雰囲気があればの話になります。なのでお互いの雰囲気が良かったり、そうなりそうだったり、こうした空気を悟っている話ですから、焦らされるってことはありませんから、焦らされているかどうかを見抜くことが大事です。また中には既読無視を知らないうちにやっているパターンもあり、こうした場合の方には、きっとまあ返信しなくてもいいかなと考えていることが多いはずです。つまり面倒臭がりということなので、LINEなどのコミュニケーションをあまり好きではないタイプになります。こういった方と付き合いをすると大変そうにも見えますが、それほど居ませんし、しかも前向きに考えるとしたら、浮気をする確立も低いタイプでもあります。

それと最後に既読のことを分かったという意味合いで捕らえている方も多いようです。ちなみにこれはアンケート調査でも分かっていることですが、調査の結果は既読は返事にならないと答えた数は7割ということになりました。ようするに自分が送った要件に男性なら分かったという意味になり既読していることがあります。なので既読スルーというよりも分かりましたと考えていることが多いようです。なのでもし気になるのであればそのあたりを聞いてみるのも相手の考え方を知ることになるかもしれません。それとLINEの内容が気まずかったりすると既読スルーしてしまう方法もあります。例えばネガティブ、話が噛み合わない、意味が分からないなどなど、もしかしたら嫌われてしまうかもしれませんので、もし既読スルーをされてしまったら相手ばかりではなく、自分にも原因があるのかもしれないことを踏まえておくといいかもしれません。実際に既読スルーとはいえ、これだけが原因とは限りません。つまり色んな理由から既読スルーになってしまうので、傷ついたり悩んだり考えすぎたりすることもあるでしょう。だけど本人でさえ分かっていないときがありますから、あまり複雑な気持ちにならないよう、もちろん常習犯の場合なら仕方ないところもありますが、もし分かり合えるのであれば話し合いをして相手を知るチャンスにもなるかもしれません。

口コミ取り扱い注意事項