既読スルー・既読無視(ライン)の口コミ・経験談・アドバイス0003リアルの人間関係の延長線上として最近トラブルが増えてきている既読スルーですが、これまでのメーカーとは異なりメッセージを読んだかどうかを管理されるのはあまり好きではないと考える人は多いようです。
しかし、既読スルーされたことを無視されたと感じるという場合もありメッセージをなるべく送信されてから早く読まなければ返信しなければいけないと生活の負担になる場合もあります。
それではこのトラブルの原因となりやすい既読スルーですが、どうしてこんなにも過敏に反応してしまう人がいるのでしょう。
多くの場合原因となりやすいのは認知欲求、承認欲求が強いという場合です。
普通はSNSだけでなくリアルの生活に重きをおくことが当たり前なのですが、極端にネットに頼りすぎているというケースには自分も既読をすぐつけるのだから相手もすぐつけるべきと意見を押し付けてトラブルになります。
それではグループ内や職場、学校、ママ友などの場合既読スルーにうるさい人がいたらどうすれば一番いいでしょうか悩むかもしれませんが、それではその対応策として適切な方法を見ていきましょう。
まず相手に自分が暇ではないということをわからせることは大切ですが、忙しいといいながらそのほかのSNSやブログなど更新していることをわかられている場合、既読スルーされたことは無視されたと思い込むでしょう。
つまり既読スルーにうるさい人に忙しいアピールをするのであればネットでのそのほかの更新は控えて、生活スタイルを把握されないようにしましょう。
生活スタイルを把握されると今は暇にちがいないと勘違いされてしまいそれだけ既読スルーに過敏になられてしまいます。
それから、ネットだけでなく普段の生活であってもあまり出かけるだとか旅行にいく、家族が出払っているというような情報を与えないことがいいでしょう。
既読スルーを気にする本人に伝えはいないという場合も、コミュニティのなかで自然的に相手に伝わってしまう情報があるでしょう。
既読スルーをしても当たり前だと思われるようにすることが抑制策としては一番効果的です。
そうはいっても特定の相手以外のメッセージは読むという場合同一のコミュニティグループでは忙しいという効果があまりありません。
それではどうするべきかですが、そのメッセージを受け取りたい相手が親しい人の場合ですと、既読スルーを気にする人をのぞいたコミュニティグループを結成してそちらにメッセージを送るよう頼むことがいいでしょう。
同じグループ内だとやりとりが見えますが、異なるグループを立ち上げることで相手にはクローズドの環境になり見えにくくなります。
またそういった配慮をしていることをけして他言しないようにしてもらうのも大切です。
既読スルーされているうえに相手に自分以外のコミュニティグループがあるとわかられていては怒りをぶつけられても仕方ありません。
もちろん既読スルーを煩わしさ感じているのは一人だけというわけではないでしょうが、SNSが普及している現代では既読スルーはマナー違反だと考える人も増えているのが目立ってきています。
もちろん既読をしないことも本人の自由ですし、たいした内容でもない短文のメッセージが送られてくることは不快だということがありますが、目を通さなければいけないような内容も含まれているという職場でのグループである場合、それらの加減を気をつけましょう。
まったく既読がないと読んでいないと思われるので、メッセージが送られたあとの一日中内には既読をつけたほうがよさそうです。
ほとんどの人の場合、一日中内に既読がつけば問題におもうことはないでしょうし、ビジネスマナーの一両日中に反してはいません。
ただ本当に忙しい場合、また考える必要があるという場合はしばらくメッセージ読めないということを事前に周知させておく、または既読つけたあとに考えたいという旨をしるしたメッセージを送信することでも相手の心情は変わってきます。
つまり既読スルーもやりすぎるのは今の社会的には難しいところがあるのも事実です。
そうはいってもSNSのリアルの延長線上となる人間関係に振り回されつづけるのもけしてベターではありません。
その人との関係、または読まざるをえない内容が含まれるものかどうかなどを判断しついくことがその都度大切になってきます。
そのためにも普段からたまたま目についたとしても、メッセージを送られてからすぐ既読をつけることを連続でしたり、頻繁にすることは既読スルーすることはけして珍しくないというポーズのためにも控えたほうがいいかもしれません。
既読スルーはどのくらいしたらそういうことになるのかの定義があるわけではもちろんありません。
一般的には一日内が目安かもしれませんが、ネットにはりついている人の場合五分以内でないとというふうに考える人も当然あるわけです。
客観的にみて第三者からみても納得してもらえるように判断をしていきましょう。

口コミ取り扱い注意事項