最近、極楽とんぼの加藤さんが話題に挙がる事が多いです。相方である山本さんが10年間の沈黙を破り、少しずつメディアに露出するようになったことから加藤さんも今まで以上にその話題性を広げています。

そんな加藤さんと一緒にテレビ出てくることの多いに奥さんである緒沢さんですが、実は過去にとんでもないゲームに出演していたということはご存知でしょうか?

そのゲーム名は「鈴木爆発」。名前だけでは一体どんなゲームなのかさっぱり他の人も多いでしょう。ですが、この鈴木爆発をプレイすれば、加藤さんがいかに奥さんに惚れたのかというのがわかるゲーム性となっています。

「鈴木爆発」とは

極楽とんぼの加藤さんはこの鈴木爆発をプレイして奥さんが気になり、事務所に連絡を取って交際にいたったという逸話があります。

ということは、この鈴木爆発の魅力があまりにも凄まじかったため加藤さんは、奥さんに惚れてしまったということになります。

そんな鈴木爆発の魅力とは一体何なのか。実際にプレイした人でないとわからない魅力があります。そもそもこの鈴木爆発とはどういうゲームなのか一言で言い表すと「爆弾を解体するゲーム」です。

登場する爆弾は突拍子もないものが多く、ピストルや携帯電話という本当に爆弾になりそうなものから、月やアイスコーヒーまで、もはや爆弾には絶対にならないだろうと思うようなものまで。それを解体する主人公が加藤さんの奥さんです。

鈴木爆発の良ゲー要素

鈴木爆発このゲームはドラマパートと解体パートに別れており、ドラマパートは加藤さんの奥さんがシュールな演技を見せてくれます。

シュールな中にもミステリアスな魅力を併せ持つ主人公。

加藤さんが惚れるのもわからない事はありません。いかにシュールなのかは実際にプレイして楽しんでいただきたいのですが、セリフはもちろん、特に間がシュール。

本気でやってるのか、ウケ狙いでやってるのかよく分からない展開が続き、大抵の場合、最終的に爆弾がセットされ、それを解体するというオチに繋がっていきます。

その爆弾解体ゲーム自体は非常にシビアなもの。ゲーム性としては非常におもしろく仕上がっています。

こんな構造の爆弾のあるわけねえだろというようなツッコミは置いといて、いわゆるパズルゲームとして非常に楽しめる作りになっています。

爆弾を解体する際、向きを変えて取り外す・どこの管を切ったらいいのかというようなヒントを見つけ出すパズルゲームとしては非常に秀逸な作り。

携帯電話やピストルなどはそれっぽい内部構造を分解していくんだろうなと想像がつくでしょうが、アイスコーヒーや月はどのような構造の爆弾なのか想像もつかないと思います。

それは実際にプレイして、その目で確かめていいただければと思います。特にアイスコーヒーはもはや意味不明。その突飛な爆弾構造に酔いしれてください。

鈴木爆発のクソゲー要素

ここまで書いてきて鈴木爆発は何も文句のない完璧なゲームなんじゃないか、強いてあげるならそのシュールなドラマパートだけなのではないかと思われるでしょう。

しかし、この鈴木爆発は完璧な作品とは言い切れません。まずゲームとして必要不可欠なボリュームというものがまったく足りていません。

というのも、はっきり言ってこのゲームは数時間で簡単にクリアできるのです。ロールプレイングなどに慣れてる人からすると、同じ値段払ってるのにこれだけしかゲーム内容がないのかよと突っ込むほど薄いゲーム内容なのです。

先ほどご紹介したように、鈴木爆発はドラマパートの後に解体パートあります。それをいくつかクリアすれば、すぐにエンディングになります。

また当時のゲーマーは真剣なゲームかもしれないという期待を持ちつつ、このゲームを買ったせいか、そのシュールすぎるドラマパートが意味不明すぎると怒りを表したものも多かったです。僕も実際その1人でした。

ドラマパートは唐突に話が進んでおり意味不明の展開が多く、投げっぱなしにされた展開というのが終始続きます。

また、パズル感のある爆弾解体が多いのですがステージによっては尋常じゃないほど反射神経を強要されたり、解体に運が左右され、運が悪ければ全く先に進めないという不条理な点もあるためゲームとして破綻している部分も多いのです。

まとめ

以上、加藤さんが今の奥さんと結婚する原因となった「鈴木爆発」についてご紹介してきました。

客観的に見るとバカゲーと評すことができるのですが、当時この鈴木爆発を買った人たちにとっては、なんでこんなゲーム買ってしまったんだと後悔する事も。

そのパズルゲームとしてのクオリティやシュールなドラマパートは一周回って特徴があり、楽しめるという作りになっています。

加藤さんはおそらくゲーム性などは容赦なしにドラマパートの奥さんだけを見つめ、その奥さんの魅力に惹かれたのではないかと思います。

そんな鈴木爆発、テレビで加藤さんの奥さんを見た人は「あの人がこんなことをしていたのか」と余計に楽しめるゲームとなっています。ぜひチャレンジしてみてください。

執筆者について(かずお)