子供の頃にかくれんぼをして楽しんだという人も多いのではないでしょうか。そんなかくれんぼを今ではなかなかやることが難しいですよね。そんなあなたのかくれんぼ魂をくすぐるようなゲームがあります。それはメタルギアソリッド。史上初のかくれんぼゲーム、つまりステルスゲームとして金字塔を挙げたゲームです。このメタルギアソリッドとは、どのようなゲームなのでしょうか。

「メタルギアソリッド」とは

メタルギアソリッドはプレイステーションで発売されたゲーム。今では多くなってきたステルスゲームを初めて確立したゲームと言われています。通常、ゲームは相手を見つけ出して倒すということが多かったのですが、このメタルギアソリッドは極力人に見つからないようにして敵をやり過ごすというゲーム。そのため、目的が敵を倒す事ではなく、敵に見つからず目的の施設まで侵入するという変わったゲームになっています。このゲームが全世界で大変な評価をもらったため、現在でもシリーズが続くステルスゲームの金字塔となっています。

「メタルギアソリッド」の良ゲー要素

メタルギアソリッドメタルギアソリッドは他のゲームにはない様々な面白いポイントがたくさんあります。敵にどうやって見つからないかを主体にして考えて進むというのが斬新。いかに隠れてやり過ごすかという手段は様々に渡ります。このその代表的な方法がダンボール。

ダンボールにかぶって見つからないように進むというシーンは衝撃を与えました。当時ゲームの中に体験版が入っているということは多かったため、実況パワフルプロ野球を買って体験版についてきたこのメタルギアソリッドをして度肝抜かれた人は多いでしょう。その体験版でもダンボールを使うことができ、段ボールダンボールをかぶって敵をやり過ごすという今までのゲーム体験とは全く違う体験をした人もいるのでは。目の肥えたゲーマーでも度肝を抜くような仕様でした。

また、そのストーリーも非常に重厚でアクションゲームとは思えないストーリー展開。映画のような展開がずっと続き、最初から最後まで寝る間を惜しんでゲームをしたいと思うほど。プレイステーションとは思えない操作性も特徴的で、相手の首を絞めて倒したり、マシンガンやバズーカなどをぶっぱなして人を倒したり、かくれんぼする以外にでもクリアする要素があるため、自分でさまざまな選択肢を選びながら目的を果たすことができるという自由度が高いゲームでもありました。

そんなメタルギアソリッド、世界でも評価されているゲームのため糞ゲー要素なんて見当たらないと思われがちですが、他のゲームにはない斬新すぎるその演出がある意味、クソゲーと言われる所以なのです。

「メタルギアソリッド」のクソゲー要素

メタルギアソリッドをプレイしているとサイコマンティスというボスと戦うことになります。このボスと戦うときあなたはとんでもない体験を味わうことでしょう。ネタバレをしてしまうとその時の体験で味わう感情の振れ幅は抑えられてしまうため、ここで教えることはできませんが、その演出のおかげであなたはおそらくゲームの電源を切るか、テレビの電源を切ることになるでしょう。そのようなあまりにも突拍子もない展開があるため、せっかく進んできたゲームを消してしまう、またはパニックに陥るということになるのです。このゲームを作った人は映画監督を目指していたこともあって、その演出はゲーム離れしており、今までのゲームに慣れてきた人はこんなのゲームであるはずがないとビックリすること間違いなし。あまりにも正統的なアクションゲームを楽しみたいという人にとってはあまりにゲーム離れした演出すぎてこのゲームをクソゲーだと評する人もいるほど。僕自身も最初その演出に遭遇した時「だましやがって、このクソやろう」とちょっと頭にきましたが、今となってはいい思い出です。またアクションゲームにしては珍しいマルチエンディングになります。そのため気づかずに見たいエンディングにならなかったという場合もあります。ですが、このメタルギアソリッドを攻略本や攻略サイトを見ながらゲームすること絶対に禁止です。その楽しさや感情の振れ幅を抑えてしまいます。ぜひ何もみずに一度プレイしてみてください。

まとめ

メタルギアソリッドといえば世界的に有名なかくれんぼゲーム、つまりステルスアクションゲームの金字塔です。そんなメタルギアソリッドシリーズの第一作であるこの作品は他のゲームでは絶対にありえないような珍しい演出があります。今までのゲームに慣れすぎた人はその演出に驚き、ついついテレビやゲーム機を消してしまうこともあるでしょう。それによって今までプレイしてきた内容が吹っ飛ぶかもしれませんですが、そんな演出に頭にくることなく、こんな画期的なゲームがあったのかという幅広い心でこのゲームをやっていただければ、メタルギアソリッドシリーズの虜になること間違いありません。このような突飛な演出はこの作品以降、シリーズ中ずっと続いていき、おなじみの演出となっています。このゲームが面白いと思ったのであれば、メタルギアソリッド2〜Vとシリーズ全体を楽しんでみてはいかがでしょうか?

執筆者について(かずお)