RPG ゲームといえばドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーを挙げる人が多いでしょう。ですが、RPG 好きなら、この2つの作品はもうすでにプレイしていることが多いため、他に面白いRPG はないかと探し回ってる人も多いのではないでしょうか。

そんな人たちに今回ご紹介するのはスターオーシャン3です。スターオーシャンといえばRPG 好きなら一度は聞いたことのある有名やシリーズ。そんなスターオーシャン3はどのようなゲームなのでしょうか?

スターオーシャン3とは

スターオーシャン3スターオーシャン3はPlayStation 2で発売されたゲーム。スターオーシャン、スターオーシャン2と続いて満を持してPlayStation 2で発売されました。

プレイステーション2になったせいかキャラクターにボイスがつき当時人気声優だった保志総一朗さんが主人公の声を出すこともあって話題になりました。

今までは少しお堅いキャラクターデザインだったものを一新し、新たなキャラクターデザインに変えたこともあって、1と2をやったことがないけど3から始めましたという人が多かったゲームでもあります。

ロールプレイングと言われればコマンド式で戦闘進めていくことが多いのですが、このスターオーシャン3はアクションロールプレイングの部類に入ります。

つまり、戦闘中は自分で攻撃ボタンを押して殴ったり蹴ったり、呪文ボタンを押して呪文を発動したりというのもの。つまり、モンスターハンターのような操作感が要求されたのです。

クオリティーの高いアクションロールプレイングゲームというのは当時なかったため、スターオーシャン3は戦闘が楽しいゲームとしても有名なりました。

スターオーシャン3の良ゲー要素

スターオーシャン3の良ゲー要素は先ほどもご紹介した通り、戦闘にあると言っても過言ではありません。

プレイステーション2のグラフィック能力を最大限生かし、縦横無尽に駆け回る戦闘は今まで体験したことのない楽しみというものをユーザに与えてくれました。

相手の攻撃をよけるのも自分次第。相手に攻撃を当てるのも自分次第。スターオーシャン3はコンボというものもあったため、攻撃を繋げていって、無限に攻撃を当て続けるという楽しみもありました。

基本的にRPG ゲームは戦闘になるとレベル上げの要素しかなく、つまらないといったことが非常に多いです。ですがこのスターオーシャン3は何度でも戦闘したいと思うのです。

新しい技を覚えたらすぐに試してみたいと思うような楽しさがありました。そのためレベル上げもしやすく、難敵が現れたとしても、何とか自分のプレーイングで倒すということも可能だったのです。

また、当時のRPG ゲームでは珍しいボイス付きだったため、その臨場感も当時としては、とてつもないもの。

当時出演されていた作品が爆発的な人気を誇っていたため保志総一朗さんが声をつけているということだけでも良かったのですが、その演技などは素晴らしく、ストーリーの臨場感というものを高めてくれました。

スターオーシャン3のクソゲー要素

そんなスターオーシャン3ですが、クソゲー要素なんて一切ないと思われるでしょう。確かに操作性などのゲーム性はクソゲー要素は一切ありません。問題はストーリーにあるのです。

何が悪かったかというのは、完全なネタバレになるため、あまり声を大にして言いませんが、それまでの設定ややってきたことというのが一気にちゃぶ台返しするような最後の展開が問題なのです。

基本的にRPG ゲームというのは最初から最後まで一貫して何かの目的のもと冒険していきます。

スターオーシャン3もそうだと思われており、王道的なストーリーだなと思っていたのですが、最後の最後でとんでもない展開が起こり、プレイヤー自身も混乱し、自分たちのやってきたことはなんだったんだ、無駄なことやってきたのかと絶望に浸るストーリー仕立てになっているのです。

いったいどのように絶望されるのか、どんな展開になるのかというのは実際にプレイしていただけるといいのですが、先に言っておきますと、あまりにもスターオーシャン3にハマりすぎればハマりすぎるほど最後の展開はきついものになります。本当に自分自身を否定されたような気持ちになるため注意が必要です。

それでもいいと思うのであれば、スターオーシャン3をプレイすべきなのかもしれません。

まとめ

アクションRPG ゲームとして最高峰の戦闘システムを誇っていると言っても過言ではないスターオーシャン3。プレステ2のアクションRPG といわれれば、他にも様々な名作ソフトはありますがスターオーシャン3はその中でも3本の指に入るといっても過言ではないでしょう。

そんな糞ゲー要素が一切無いと思われがちなスターオーシャン3ですが、ストーリーに問題があります。

唐突に起こったとんでもない展開によって絶望の底に叩き起こされた人は多いのではないでしょうか。自分も絶望に触れたいと思ってるのであれば、このスターオーシャン3をすることをお勧めします。

執筆者について(かずお)