ゲーマーであれば、一度は聞いたことがあるSIMPLE シリーズ。PLAYSTATION からPlayStation 2まで低価格で様々なゲームが遊べるという触れ込みのもと様々なシリーズが展開されました。

そのSIMPLE 2000シリーズの一つである「THE 地球防衛軍」。この地球防衛軍は今ではシリーズ化されナンバリングタイトルが次々と発売されているため、この地球防衛軍シリーズの一作目当がSIMPLE シリーズだったということを知ってる人は少ないのではないでしょうか。

そんな地球防衛軍シリーズの記念すべき第一作目「THE 地球防衛軍」。これはどのようなゲームだったのでしょうか?

THE 地球防衛軍(SIMPLE2000)とは

THE 地球防衛軍THE 地球防衛軍はSIMPLE 2000シリーズで発売されたプレイステーション2用のソフトです。

プレイステーション2のソフトは大抵6000円から8000円するものが多かったのですが、2000円で買えることもあり、多くの人が手に取った作品でもあります。

ですが、SIMPLE 2000シリーズはおおよそ良作とはいえないバカゲーと呼ばれるものかクソゲーと呼ばれるものしかないため、どうせこの地球防衛軍もバカゲーかクソゲーだろと思われてたのですが、圧倒的な敵の数、それを様々な武器で倒せるという爽快感から2000円のくせにクオリティが高いということで評判になりました。

THE 地球防衛軍(SIMPLE2000)の良ゲー要素

地球防衛軍というゲームはその通り、地球に侵略してくる敵に対して様々な武器を使って倒すというもの。この地球防衛軍シリーズが他のアクションゲームに比べて優れていた点はいくつかあるのですが、その中でも特筆して高いのはその敵の圧倒的な数です。

巨大な蟻などが無数に攻めてきており、それらをロケットランチャーやバズーカ、アサルトライフルなどで一掃していく様は非常に爽快感がありました。

また、他のゲームはオブジェクト、つまり建物などを攻撃しても、それが爆発して崩れるということはなかったのですが、この地球防衛軍シリーズは自分の手で建物も破壊できるという変わった仕様が盛り込まれていました。

そのためゲーマーによっては収まりくるUFO や巨大蟻などには目もくれず、建物だけを破壊し続けるという変わった遊び方をし続けたゲーマーも。僕自身も建物を破壊して遊ぶということにはまってしまい、建物破壊に集中して気づいたら巨大アリに倒されていたということよくありました。

SIMPLE 2000シリーズでここまで遊べるゲームというのも個人的には初めてだったため、2000円でとんでもなく良い買い物してしまったぞと自分を褒めたものです。ですが、そう思ったのも数時間まででした。

THE 地球防衛軍(SIMPLE2000)のクソゲー要素

この地球防衛軍、何が糞ゲー要素なのかと言われると、圧倒的に飽きやすいのです。

なぜかというと始まってから数時間ほどは2000円でこのゲームを買ったことに対して本当によかった、きゃっほー!と思うのですが、やってることが最初から最後までずっと一緒であることに気づき、やはり値段相応だなと思ってしまうのです。

つまりは大量に攻めてくる侵略者に対して、それを倒すという事だけが永遠に続き、それ以外のことは一切ないのです。

また、先ほどご紹介した建物破壊するというのも何度も破壊をしていくと急に処理落ちが起こり、全体的にゲーム画面がカクカクするという現象があります。建物破壊し続けていると、処理落ちが起き、気付かない間に巨大蟻に殺されるということになってしまうため、建物を破壊するのを避けて巨大蟻だけ狙おうという、本来のゲーム性を損なう本末転倒なことになってしまうのです。

また、ゲームクリアまでの時間がものすごく短いというのもクソゲー要素としてあげられます。同じようなことは連チャンで続くのですがそのステージ数も非常に少なく、出てくる敵の種類も少ないです。

武器の数も種類こそあるのですが、爆発するのかライフルなのかとエフェクト自体はあまり種類がないため、武器自体の種類を変えてもなんだかんだ操作性は変わらないということになってしまったのです。

そして改めて気づくのです。結局のところやっぱり2000円のゲームだな、と。

まとめ

SIMPLE 2000シリーズということでPlayStation 2で発売されたTHE 地球防衛軍は今までのSIMPLE 2000シリーズとは違った爽快感をもたらしてくれるアクションゲームとなっています。

ですがその感動も数時間まで。何時間もプレイしていると、その単調なゲーム性に急激に飽きてきます。2000円なので仕方がないのかもしれませんが、ステージ数も非常に少なくなっており、全クリまでの時間が数時間以内に終わると圧倒的なボリューム不足になっています。

このようなユーザーの文句というものをかき集めて、あらたにフルプライスで発売された地球防衛軍シリーズ。2以降はこれらの改善点というもの全てが解決されているためクソゲーとはおおよそいえない良作ゲームへと昇華されています。

地球防衛軍シリーズを2以降から始めたという人は改めてこの第一作目をやってみたらいかがでしょうか?2000円で売られていたという理由に納得できるようなクオリティ。本作でしか味わえない、シンプルな地球防衛軍を楽しむことができると思います。

執筆者について(かずお)