いじめ相談対策の口コミ・経験談・アドバイス0042中学生時代に同じクラスでいじめられている人がいました。一人は女の子で、クラスのほとんどの人から遠巻きにされていました。決して無視されているわけではありませんでしたが、誰も積極的に彼女に話しかけようとはしませんでしたしいつも一人でいました。影では男女問わず彼女の悪口を言っている人がいて、匂いが臭いだとかしゃべる声が気持ち悪いなどと聞こえてきました。私は悪口を言ったりするのは嫌だったので悪口は言いませんでしたが、いつも一人でいる彼女と友達になろうとは思いませんでした。私には私の仲良くしている友達のグループがありましたし、そのグループの中では彼女は空気のような存在で関わろうとする人はいなかったのです。

もう一人明らかにいじめられている人がいました。それは男の子で、かなり太っていていつも汗をかいているような子でした。こちらの子はみんなからからかわれて軽い感じでいじめを受けていました。デブとか臭いとかそういった言葉は日常的に彼に浴びせかけられていて、彼はそんな中でも笑って明るく振る舞っていました。彼と仲良くしている友人はおらず、彼もいつも一人でいました。

わたしにとって普段はいじめられている二人は、いてもいなくてもどちらでもよい存在でした。しかし遠足や修学旅行などの時にいつも問題になりました。遠足や修学旅行ではグループになってそのグループで行動をする時間が多く、いつも仲良くしている人たちでグループを作ればいいのですが必ず彼ら二人はどのグループにも入れませんでした。そのため先生がグループ作りの時にどこかのグループに彼らを入れようとして、それが問題になります。私と友達のグループは先生からよくそういった人達をグループに入れるようにと頼まれやすく、仕方なく私や友達も彼らを受け入れていました。決してそこから仲良くなろうなどとは思っておらず、先生の頼みなので仕方なくグループに入れていました。

修学旅行の時に二人で一部屋のホテルの部屋に泊まる事になったのですが、いじめられている女の子がやはり一人誰ともペアになれず残っていました。私は彼女とは一緒の部屋になりたくないと思いました。別に彼女の事を嫌いと思っていたわけではないのですが、せっかくの修学旅行の夜に彼女と同じ部屋になれば楽しい思い出は作れないと思ったのです。しかし先生に頼まれて仕方なく私はその子と同じ部屋に泊まる事になりました。友達にはいいよ全然と言って笑顔で対応していましたが、心の中ではなぜ私があの子と泊まらなければいけないのかと悲しくなっていました。

楽しいはずの修学旅行がそのために嫌な修学旅行となりました。グループ行動の時は友達と楽しく行動できていたのですが、とにかくホテルに行ってからの時間が憂鬱でなりませんでした。他の部屋の人達はみんなで色々な部屋に行って楽しそうに交流していましたが、私の部屋に来る人は誰もいません。私も彼女が一人になってしまうのが気にかかって友達の部屋に行く事ができませんでした。しかし彼女と仲良く会話する話題も特になく、仕方なく私は早く寝てしまおうとベッドに横になっていました。彼女はそんな私を見て悪いと思ったのか、友達の部屋に遊びに行っていいよと言ってくれました。しかし私はなんとなく意地になっていて、体調が悪くて寝ているだけだから気にしないでと返事をしました。そうして修学旅行の夜は終わりました。

私は彼女の事を嫌いだったわけではありませんが、彼女と仲良くしたいとは本当に思っていませんでした。みんなが彼女と仲良くしないので、私だけがどうして彼女と仲良くしなければいけないのかと考えていたのです。修学旅行の夜の時間は、周りの目を気にせず彼女と話ができる唯一のチャンスだったのかもしれません。その時に彼女と色々話をしていれば、彼女の事を知る事ができて仲良くできていたかもしれません。しかし私はどうして私だけが貧乏くじを引く事になってしまったのかといじけるような気持ちがあったので、彼女とは話す気持ちになれませんでした。考え方がとても幼稚だったのです。

大人になった今でも彼女は同窓会などに来る事はありません。誰も彼女の連絡先を知らないし、彼女を呼ぼうとする人もいません。彼女が直接的にいじめられていた時間は中学生時代だけだったのかもしれませんが、大人になっても私達の考え方は変わらないので今でもずっと彼女は私達にいじめられているような物なのかもしれません。いじめというのはその時だけの事ではなくて、ずっと続いていく事なのだと考えると恐ろしくなります。

当時先生は彼女がいつも一人でいる事に気が付いていました。しかしクラス内でそれを話し合う時間などは取られた事はありませんでした。小学生の時ならそんな時間もあったのかもしれませんが、中学生ともなると受験などの問題が出てくるのでいじめを話し合う時間が取れなかったのかもしれません。でももし先生があの状態を変えようと動いていたら、何か変わっていたのではないかと考える時もあります。

口コミ取り扱い注意事項