いじめ相談対策の口コミ・経験談・アドバイス0040私は正社員で3年ほど働いていたのですが、仕事の人間関係でトラブルがあり退社し、次の派遣会社であったいじめの体験をお話しします。

車の部品工場で働いていたのですが、入社してまもなく部署移動になりました。そこの部署の上司は言葉がきつく、何人もの作業員がその上司によって会社を辞めることになっていることは噂で耳にしていたので、仕事のミスはなるべくしないように心掛けていました。その上司は中卒ということもあるので、言葉がきついと感じるのも仕方がないと思っていました。最初の一月は仕事のできない中年男性2人がターゲットのようで、私にはそこまで強く言われることはありませんでしたが、二か月が過ぎ、中年男性の作業員2人は退社することになりました。一人は仕事でミスをしてしまい、上司は「なんでこんなものも気づかねぇのよ!」「なんか言えや、あー!!あー!!聞こえていますかー!!」と言われた次の日に会社に来なくなりました。もう一人は、もう限界を感じて親の介護が理由で退社すると言って辞めていきました。「お前、頭おかしいのか?いかれてんじゃねぇのかコラ」などの暴言を毎日言われていたので当然のことだと思いました。その2人の作業員が退社したことがきっかけで、その上司のストレス発散は私に向けられました。ほんとうに些細なことから、仕事のミス、挙句の果てには他の作業員のミスまでなんでも言われる日々が続きました。頭悪いんじゃねぇの、とイカレてんじゃねぇのは何度も言われることが多く、仕事のミスを無くそうと私は頭の良くなる方法を見つけるために、右脳の鍛え方の本やインターネットで出来る脳のトレーニングを行っていた記憶があります。今考えると、どうかしていました。そんな時に、新人の作業員が入社してきました。彼は私と同じくらいの年齢で一番の話し相手になりました。当然新人の彼が仕事でミスをすると私に上司は罵声を浴びせて、酷い時には土下座を強要されるようになりました。その時期のキレられ方の大体が、私が作業をしているとどこからか上司が現れて、「おい、ガキ!!」から始まることがほとんどでした。

その部署での作業員は6人~8人いたのですが、大体二か月に1人のペースで辞めていき、また新しい新人が入るというサイクルでした。人事担当の人がいるのですが、2人くらい作業員が立て続けに辞めると上司に注意をしに来るのですが、私が辞める2年間なにも改善されずにいました。

私がその会社を辞める日に、いつものように上司のストレス発散を受けていたのですが、なんだかどうでも良くなってしまい、つい反抗してしまいました。そのことで上司の怒りはマックスになり、罵声を浴びせられた後に体当たりをされて土下座をさせられました。その後の休憩時間に私はタイムカードを切って勝手に帰宅してしまいました。翌日の朝に事務所から連絡があり、私は会社を辞めることを告げると、話を聞かせてほしいと言われ事務所に向かいました。そこで、今までのことを話し暴力を受けたことと土下座を強要されたことを人事担当の人に話しました。その上司を今後どうするのかを訪ねたところ、はっきりとした返答は返ってこずに、とにかく人が足りないから続けてほしいと言われるだけで、3日間時間をあげるから考えてくれと言われて話は終了しました。3日後電話があり、仕事を続けるのかどうかを聞かれました。私は、その上司になんらかの処罰や事務所の対応はどうするのかを訪ねました。すると、厳重注意だけで済ますと言われたので、私は会社を辞めると伝えてました。

今考えると、なぜそんな人の下で2年間も働いていたのかが自分でもわかりません。時給も850円で工場で一番つらい作業をしていました。この事からわかるように、いじめは誰も助けてはくれないということです。友達にも相談していましたが、どこか他人事で自分には関係ないと思っていたのでしょう。他の部署の方や友達、会社ですら自分を守ってくれないのです。会社には自分と馬が合わない人がたくさんいますが、暴力や暴言を浴びせられるぐらいなら、早く辞めるべきでした。いじめというのはどこにでも存在し、会社や学校でも当たり前のごとくあります。ただ私が何度も声を大にして言いたいのが、「誰も自分を助けてくれない」ということです。学生の方でいじめを受けている人も多いと思います。親や教師に相談し、なにも事態が変わらなければ、学校を辞めて働くというのも一つの手です。

社会人の方は、会社をすぐに見切りをつけると言うことではなく、暴力や陰湿なことをしてくる奴がいるなら会社を辞めるべきです。今後の生活を心配しているなら、辞めてから考えても遅くはありません。お金が無くて貧乏でも生きていけます。現に私が働いていた工場では、お金が無くても会社を辞めていく50代の男性も居た位です。大切なのは、限りない人生の中でどういう道を自分自身の足で歩いていくかどうかだと思います。

口コミ取り扱い注意事項