いじめ相談対策の口コミ・経験談・アドバイス0030深刻な結果をもたらすことが多いいじめはニュースなどで取り上げられるとおり、被害者の心にとても大きな傷を残していることが原因ですが、そういったいじめのきっかけになるケースは学校や職場など不特定多数の人が集まる場所で起きることが多いです。

なぜ不特定多数の人が集まることでいじめが発生してしまうのかというと、その集団で自然的にヒエラルキーができてしまうことが大きいのではないでしょうか。

つまり社会的な弱者などがいじめの対象として狙われやすいように、例えば学校や職場などでは異質な存在など小さな理由だとしても、被害者として狙われやすいといえます。

集団でのいじめの場合、肉体的に暴力などのいじめ、精神的に陰口、無視などのいじめなど様々ありますが一人がではなく不特定多数からのいじめということで、被害者にとっては逃げ場がない状況に追い込まれてしまいます。

それでは集団いじめの場合、被害者はどういう行動をとることがベストなのかですが、例えば学校の場合、転校も視野に入れた対応をとることも考えておきましょう。

ただ学期途中などだと転校先の学校でもうまくなじめないという恐れもあり、また金銭的精神的負担を考えれば簡単に転校するというのは難しいものかもしれません。

特に、家族にいじめについての相談ができていないケースではそのような処置をとることも大変厳しくなってきます。

そのため不登校など被害者が学校に通わない選択肢も出て来ますが、やはりこちらも家族がいじめられている認識を持っていないと家族関係が悪くなってしまい、学校でも家でも居場所がなくなってしまう場合もあり、被害者にとって二重苦三重苦にも感じられるということも当然出て来ます。

いじめられている認識が被害者にある場合、誰に相談するかはそのあとの処置や方向性をきめるために大きな岐路になってくるでしょう。

それでは学生の場合、いじめを受けているのであれば誰に相談をするのがいいのでしょうか。

まず第一に考えたいのはやはり家族、両親になどです。

子供にとって一番の理解者になるべき存在で、いじめを受けている本人同様に感じてくれることもあり、精神的なサポートが受けやすいでしょう。

ただ前述のようになかには子供がいじめられていることを受け止めきれない場合もあり、そういう場合家族関係を悪くさせてしまうケースに結びついてしまいます。

そのため、感情論だけでなく冷静に事態や状況、そしてこれ以上は我慢できないということを時間をかけてでも伝えるべきではないでしょうか。

最近のニュースなどにあるとおり家族関係が悪く事態を認識できていない場合、対処が後手後手になることもあり、できるだけ多くの人からのサポートを受けることができる環境を作りましょう。

また、学校を舞台にしたいじめを受けている場合、担任教師などへ報告することをためらう場合がありますが、担任教師などがいじめを認識していない、またはいじめが発生していることを内密にしておきたいと考えている場合、伝えるべきかどうかは被害者として悩むところがあるのではないでしょうか。

学校で起こるいじめは、まず担任教師に相談するという場合が一般的でしょうが、いじめを受けていることを有耶無耶にしようとしていると感じるようであれば、担任教師を飛ばして他の教師や校長などに相談、報告するのも一手です。

すべての大人がいじめを容認しているわけではないことを理解し、サポートしてくれる親身な大人を味方につけるのがいいでしょう。

また教育委員会、あるいは警察などに相談するのもけして今の時代大袈裟ではありません。

悪質ないじめ、長期間に渡るいじめ、命の危険を一度でも感じたのならそういう場合など被害者本人の苦痛があるのであれば、迷うことなくどんな手段を使ってでもいじめをやめさせることが大切です。

加害者の出席停止、法的な責任などが問われるのであれば抑止力がそこで生まれて、深刻な事態を回避できる可能性は高まってきます。

第三者の目に触れるということはそれだけ大切なことで、いじめている側にたいしてのペナルティーにもなります。

また、学校側の姿勢によっては事件化したくないと思惑が透けて見える場合がありますが、それらは無視しても被害者はいじめを許さないという姿勢で強攻策にでることも大事なのです。

偏る意見に左右されずにどうしたらいいのか、いじめを止めさせるのか、それとも加害者から離れて生活できるのかなど冷静になることが大切です。

もめごとを起こしたくないという学校側の名誉を守るために本人が傷つくことも我慢することもけしてありません。

本人の意志をないがしろにしようとする場合、それらに屈するのではなくどうすれば一番いいかを考えてしっかり対応をしていきましょう。

学生のうちだからと我慢することがけして得策ではなく、理解者をみつけて毅然とした処置をしていくよう心掛けるのがいいでしょう。

口コミ取り扱い注意事項