いじめ相談対策の口コミ・経験談・アドバイス0029いじめというと、漫画やドラマで描かれるような壮絶なものを想像する人も多いかと思います。しかし、単純で地味な「悪口」「シカト」「ハブく」なども立派ないじめです。

中学3年生の時、クラス替えで苦手なタイプの人ばかりが集まるクラスになってしまいました。

私はどちらかというと大人しく、自分からしゃべるのが苦手であまり社交的なタイプではありませんでした。仲良くなる友人も広く浅くというよりは狭く深くといった感じで、苦手と思う人とは壁を作りがちです。そのクラスにも仲良くしていた人はいましたが、すでに他の人とつるんでいて、その輪に入ることはできませんでした。

なんとかぼっちだけは避けようと、クラスが同じだったことのある人と喋ろうとしましたが、やはり輪に入れません。そんな微妙な立場の私がついにターゲットになりました。

給食後のお昼休み、リーダー格の子が「ちょっとバスケ部の女子集合!」と仲間を呼び、何かヒソヒソと話しています。

そのお昼休みを機に、私は無視され、避けられはじめました。クラスの女子はみんな無視です。前は仲良くしてくれていた人まで、私のことを「あの人」呼ばわりして何やら悪口を言っています。体育の授業でペアになるとあからさまに嫌な顔をされ、修学旅行では班行動からハブらせようと騙されたこともありました。

毎日学校に行くのが辛くて仕方なかったのですが、一度ズル休みしたらもう学校に行く気力が無くなってしまいそうで休みませんでした。当然親にも話せず、一人で抱え込みました。

なんとか学校に行けたのは、2つ理由があります。

まず1つ目は、休んだら負けだと思い、あんな奴らに負けてたまるかと心に決めていたのです。勉強を頑張り、1番最難関の高校に合格してやると闘志を燃やしていました。負けず嫌いだったのが幸いしました。

2つ目は他のクラスに親友と呼べる友人がいたことです。休み時間などはその友人のところに行き、その時だけは楽しく過ごせたのです。その友人は私の立場を理解した上で仲良くしてくれたので、本当にありがたかったです。

しかし、その後友人とはちょっと距離を置く時期ができました。友人といつも一緒にいる人が私がつるんでくることを良く思わなかったのです。他のクラスでハブられぼっちになっている人と関わりたくないという、ありがちな理由です。友人にも迷惑は掛けられないと思い、休み時間は図書室などで1人で過ごすようになりました。

こうやっていじめは連鎖するのかと、身をもって体験しました。自分がいじめのターゲットにされたくないから、いじめられている人を見下していて、同レベルに見られたくないから等理由は様々だと思います。

ちなみに、どのラインからがいじめの加害者になるのか明確なものはありません。私はいじめの加害者は、少なくとも同じクラスの人全員だと思っています。傍観者も加害者です。

結局私はクラスでハブられたまま中学3年生を終えました。高校は第一希望に見事合格、同じクラスの人がいないところに行くことができました。卒業式まで休まず皆勤賞までとりました。卒業式が終わった後、奴らに勝った、解放されたと嬉しさでいっぱいでした。卒業アルバムも卒業文集も、速攻で捨ててしまい、いじめのことなんか忘れて心機一転高校生活を楽しもうと思っていました。

幸いにも高校では気の合う友人ができましたが、いじめのトラウマは思ったよりも傷痕が深かったのです。

まず、新しい環境になった時、初めて会う人に喋りかけられないのです。前からの性格的なものでなく、ビクビクして言葉が出てきません。人に対して恐怖感を感じるのです。何か失言すれば、またハブられるかもしれない、悪口と無視の日々になってしまうかもしれないと思ってしまうのです。

新しい環境に馴染むには、恐怖感を我慢し時間をかけるしかありませんでした。でもそうやって仲良くなった高校時代の友人は今でも付き合いがある程仲が良く、少しだけいじめのトラウマは克服できたのかなと思います。

この恐怖感、多少は少なくなりましたが大人になった今でも残っています。なんとか人に対する恐怖感を取り除こうと、接客業の仕事を選ぶなどできるだけの努力をしてきました。それでも傷は残り続けるのです。

先日、某SNSで中学時代の同級生から友達申請がきました。私がいじめを受けていたクラスの同級生でした。恐らく、本人はいじめていたという自覚は微塵も無いのでしょうね。よく友達申請なんてできるものだと即刻拒否し、ブロックしました。ちょっと仕返しができたかなとスッキリしたのも本音です。

私の受けたいじめは、文字にすれば大したものではありません。しかし、当時受けた心の傷は大きく、トラウマとなってずっと残っています。もう15年以上経つのに、当時のことは昨日のことのように思い出せるのです。でも同じクラスだった人は私のことなんて忘れている人もいるでしょう。私は当時のクラスメイト、ちゃんと覚えています。今でも全員大嫌いです。いじめの加害者と被害者では、ここまで違うのです。

口コミ取り扱い注意事項