映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ88休日にオンラインデータ配信huluで、名作がないかなと調べていたところ見てみたくなったのがターミネーター2です。

先日、USJに行ってアトラクションで遊んできた影響もあるのか、昔一度見たことがあったのですが、もう一度見たくなりました。

ターミネーター1で、適役として主人公ジョン・コナーを殺害する為に未来から送られてきた殺人マシーン、ターミネーターでしたが、2では、主人公ジョン・コナーを守る味方役として再登場します。

アーノルドシュワルツネッガーの名演技で、本当にアンドロイドのように見えてしまうのがこの映画のすごいところですね。

ターミネーター2では、適役として、触れた物質に同化できる液体金属で出来た、ターミネーター(T-1000)が登場します。

T-1000は、強力なターミネーターです。銃弾があたっても体が液体なので全くダメージを受けません。

このターミネーターを倒すすべなどあるのだろうかと思ってしまいます。

T-1000が刑務所の鉄格子を自由自在にくぐりぬけてしまうシーンは圧巻です。もう逃げられないと映画を見ていて自分が追い詰められてしまった気持ちになります。

ターミネーター2で、最も印象深くて悲しいシーンは、ラストシーンです。

ターミネーターが、人類の未来の為、自分は存在していてはいけないと溶鉱炉の中に身を投じます。

「I’ll be back」という台詞は、心に響きます。このまま生きさせてあげたいと涙が出てきます。

人間とロボットとの心温まるストーリと、迫りくる強敵との戦いの臨場感を味わえる名作です。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)