映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ85ずっと気になっていた映画だったものの借りる時間がなかなかなかったため、思い出したようにオンラインビデオ配信サービスhuluを利用してコララインを見てみました。

結果、思い出して本当に良かったと思います。

『コララインとボタンの魔女』の良いところは、とにかく細部まで演出にこだわっているところです。

たとえばオープニングの人形から綿を取り出して再び新しい人形を作るシーンは、耳を澄ましてじっくり聞くと綿を出す音、糸を通す音など、様々な音が音楽の中にきちんと入っています。

また、動作一つをとっても自然に演出している点が本当にリアリティーがあって映画の世界に入りやすいです。

特に一番好きなシーンは「コララインがネズミのサーカスを見る」場面です。

ネズミが飛び跳ねながら演奏し踊っているシーンがあるのですが、ネズミの動作が一つ一つ丁寧に作られており、ちらりと映るコララインたちの顔などにもこだわっていてとても見ごたえがありました。

このほかに好きなところは、コララインとボタンの魔女は可愛らしい演出をうまく使って恐怖を演出しているところです。

ストップモーションの人形やアニメの現実の世界は少々不気味で、家族の温かみにかけている、変な住人が同じアパートに住んでいるというのがはっきりわかります。

それを際立たせたのがボタンの世界で、そこはコララインにとっての「楽園」のようにも思えました。しかしボタンの世界を「楽園」から「恐怖」に変えることで、子どもの夢を破壊し恐怖の世界に変える演出を見事にできていたと思います。

『コララインとボタンの魔女』は私が見てきたストップモーションの映画の中で一番の作品だったと思います。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)