映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ66帰国子女でスーパーサラリーマンとしてバリバリ働いていたツレさん(堺正人)となかなか芽が出ない漫画家のテンさん(宮崎あおい)の夫婦。

あるときツレさんが体の異常を訴え、医者に診てもらうとうつ病だと診断されます。ツレさんは会社を辞めうつを治すための生活が始まります。

しかし、生真面目なツレさんには心に負担をかけない生活(誤解を恐れずに言えばダラけた生活)ができません。

そんなツレさんにダラダラの達人として一緒にだらけたりもするテンさん。時にすれ違いながらも、二人で右往左往一喜一憂しながら過ごす日々を描きます。

2年くらい前に原作は先に読んでいました。ストーリーも小道具も再現度が高くて満足でした。闘病ものだけど暗さや重さが無く基本は明るくのんびりとしているので見やすいです。

原作者の夫婦はもろにうつの経験者。そして観てる俺も経験者。むしろ経験中。というだけあってあるあると共感しっぱなしでした。

会社行かないといけないんだけど、どうしても電車に乗れなくてホームで途方に暮れるとか私も経験あります。休んでいて申し訳ないとか、躁とうつの揺り返しとか、過眠とか、ツレさんの思うこと体験したことは、たいていのことは私も思って体験していました。

バスルームのシーンとか教会のシーンとか今までの体験をマンガに描くことを思いつくシーンとかちょっと泣いちゃいました。

テンさんもかわいいですが、イグアナのイグもとてもかわいい映画でした。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)