映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ53主人公のコブは、夢に入り込みアイディアを“盗む”特殊な企業スパイ。そんな彼に、強大な権力を持つ大企業のトップのサイトーが仕事を依頼してきます。依頼内容はライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるようアイディアを“植えつける(インセプション)”ことでした。

アイデアがすごくいいです。他人の夢の世界に入ってアイデアを盗むというのがまず良いです。

単に他人の夢に入るだけじゃなくて、夢を見させる薬を作る「調合師」、夢の世界を建築する「建築士」、ターゲットの記憶にある人物になりすます「偽装師」達がチームになって行動します。

それぞれの分野のプロが一丸となって役目を全うし作戦をこなします。

こういうのってカッコイイですね。次から次へと息つく間がないテンポのいい展開で飽きさせません。
二重三重のタイムリミットが刻一刻と迫るスリリングなのがまた良いです。

しかし、無重力状態のシーンはシュールでした。寝てる人がみんな同じポーズで漂っているのがなんかツボでした。さらには、眠りから覚ますために…。

あとは建造物とかトーテムとか大道具と小道具が良かったです。

建築のこととか全くわからんが、建物一つ一つが洗練されていて、近代的だったりする。そのうえで夢の中というあやふやさがどこかに出てるのはすごいです。

トーテムは私も何か欲しくなりました。なんか手頃な物ないかな。

話が複雑なためか、ネット上のレビューや掲示版でさまざまな解釈や解説が行われたので、そこから自分なりに結末の真相を出すのもいいかもしれません。

私は最後はハッピーエンドと受け取りました。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)