映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ5118年ほど前の、サイコ・スリラーです。出ている役所広司も萩原聖人もすごく若いです。監督は黒沢清。この人の映画はどれを観てもなんかうすら怖い。そしていつも役所広司が出ている、ような気がしますがそれは気のせい?

ラブホテルで一人の女が殺されます。死体には死後、喉にX印の形が切り刻まれています。犯人はすぐ捕まるのですがが、同じように喉にXを記された死体が再び見つかります。死体の状況を公表していないため、模倣犯でないことはわかっています。ではいったいなぜ? 刑事(役所)は事件を追求していきますがが、自分の家庭にも問題を抱えていて・・・

淡々と静かに物語が進んでいくのがジンジンとした恐怖を生みだします。犯人はおそらくこの人だろうと最初から匂わせていますし、どうやっているのかも見当がつくのですが、それでも先が気になって目が離せません。誰かが殺人を行っている、というよりも、誰もが持っている心の弱さや闇が、ちょっとしたきっかけで事件を引き起こしているように見えます。

私は一人で観たのですが、もし誰かと一緒に観て、観た直後に話をしても、ストーリーに食い違いがあるような、観る人によってとらえ方が違うような気がします。そして、ラストも。誰かに、「あれって、こういうことなの?」と確認してみたくなります。観て消化不良を起こす人もいるかもしれません。

何年か経って、もう一度この映画を観ると、今とは感想や結論が違うのではと思います。この映画の内容を忘れて印象が薄れかけた頃、もう一度観てみたい、と思います。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)