映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ23韓国の恋愛ドラマなどは正直ちょっと苦手であまり見たことが無いのですが、戦火の中へという韓国映画は絶対見ておくべきだからと友人から強くすすめられたことがありました。

その後忘れてしまっていたのですが、利用しているオンラインビデオ配信サービスフール―の中にあったので、このチャンスにと思って休日に自宅でゆっくりと見てみました。

この映画は実際にあったできごとだそうで、1950年に北朝鮮軍の進撃で追い詰められた71人の韓国の学徒兵士たちが、愛する祖国や家族を守ろうとして懸命に闘った姿をえがいています。

銃の撃ち方や手りゅう弾の使い方もよくわからない、まともな軍事訓練を受けたことも無い10代の若者たちが、質素な学生服にライフルを担いでぎりぎりまでふんばって闘い続ける姿に涙をこらえきれませんでした。

仲間同士でぶつかり合い戦死してしまった友の屍をのりこえ、それでも逃げずに踏みとどまって大切なものを守ろうとする青年たちの姿に、太平洋戦争の神風特攻隊を思い出しました。

こうした純真な若者たちを、もう絶対に戦争の犠牲にしてはならないと強く思いました。

ライフルを抱えた学徒兵士たちは17時間という長時間を持ちこたえ、韓国軍が反撃をするための時間を稼ぎ行き詰った闘いの突破口を切り開きました。

しかし韓国の学徒兵たちの待ち伏せに合って死んでいった北朝鮮の兵士は、死ぬときに苦しい息の下で「かあさん・・・」と母の名をよびます。

敵側の北朝鮮の兵士もまた、戦争の犠牲にされている純真な若者たちなのです。

とても考えさせられる見ごたえのある映画で、オンラインビデオ配信サービスフール―を利用して見る機会があって本当によかったです。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)