映画・アニメ・ドラマなど名作色々口コミ10日本の古い白黒映画を見たくなり、フール―というオンラインビデオ配信サービスを調べていたら、ふと「東京物語」の文字が目に止まりました。

この作品は以前も見たことがあり、好きな作品です。

もう5年は観ていないなと思い、さっそく視聴することにしました。オープニングの尾道の静かな風景。

もうここから、心にジーンとしたものが込み上げてきます。物語のテンポもゆったりとしていて、小津安二郎監督ならではの淡々としたペースでストーリーが進行していきます。

笠智衆と東山千栄子演ずる老夫婦が、東京に暮らす子供たちに会いに行く、という話なのですが、時には暖かく、時にはとても冷たい気分にさせられます。

長男と長女はそれぞれ医院と美容院を経営していて、両親を歓待したい気持ちはあるものの時間をそんなに割くことはできません。

そんな雰囲気を察してか、老夫婦はあちらこちらを泊まり歩くことになります。

私が一番胸にぐっとくる場面は、小さな孫と荒川土手で遊んでいるお婆さんが、この時間をいつくしむように「あと何回会えるじゃろか」としんみり言う場面です。

私も子どもがいて、高齢の両親が田舎に住んでいるため、つい自分のことのように感じてしまいます。

老夫婦は結局、原節子演じる戦死した次男の嫁から親切にされ、満足した様子で尾道に帰っていきますが、じきにお婆さんは亡くなってしまいます。

死んでいく者と生き残る者、家族のあり方、人の心のうつろいなど、この作品を見ると、自分の人生を振り返り、田舎の両親に電話の一本もしたくなる、そんな作品です。

名作批評取り扱い注意

フール―(hulu)、ユーネクスト(U-NEXT)、WOWOW、スカパーを比較・口コミ・評判

動画配信サービス公式サイト
フール―公式HP(14日間無料) U-NEXT公式HP(31日間無料)