釣りに関する口コミ14ブリを釣りたい!その一心で遊漁船に乗り込み、朝5時半出港、6時に今回のポイント明石海峡大橋付近に着きました。日の出前後2時間がよく釣れると言います。ジグを落として前後にシャクって釣る、ジギングでブリを狙います。

初心者の頃は、糸は太い方が切れなくて良いと思い太目を使っていましたが、魚は海の底にいますからその魚を狙う「底とり」をするため、糸が太いと潮に流されやすくなるので、PEラインの1,5から2号くらいを使いました。そして細い方がシャクりやすいです。

リールはベイト。そしてシャクり方のコツですが、竿でシャクるのではなくリールのレバーを持ち上げるようにします。瀬戸内海は20から50メートルと浅く、魚がかかってから揚げやすいのが特徴です。瀬戸内海の魚は引きが強く、当たるととても楽しいです。そして何より味も良い‼

船長のゲキに励まされ、シャクるシャクる。実はこの為に、筋トレをしているくらいです。ハマチは好奇心が旺盛で、素早く動く物に反応します。そして一匹かかるとパニックを起こして次々にかかります。

私はハマチを数匹釣り上げましたが、狙いはブリ。船長の判断で、次のポイントへ。この引きは!と思いましたが、メジロがかかりました。釣りで1番辛い時は、周りが釣れて自分だけ釣れないことですね。途中、潮が止まる時があります。そんな時は釣れませんので、休憩タイム。船に乗る前に買っていたおにぎりやお菓子で雑談に。

今回は、ハマチ・メジロ・サワラ・ガシラが釣れました。ブリは釣れませんでした。何度もブリに挑戦していますが、まだ憧れのブリです。

ブリを釣って悠々と家に帰りたいものです。釣った魚は美味しくいただくために、船上で血抜きをします。これはやっているのといないのとでは全く味が違う。

家では、妻が腕をふるってくれますが、メジロともなると大きいですので、解体は私の役目です。頭も半分に割って兜焼きや潮汁に。釣りに行くと疲れますが心地よい疲れ。風呂に入って、ビールを飲みながら今日の魚をいただく。また次の釣りのために、仕掛けの工夫を考えるのも楽しいひとときです。