釣りに関する口コミ9
最初は友人の影響で始めた釣りでしたが、ビギナーズラックで大きな魚が釣れてからは休日のたびに釣りに行くようになりました。

どうやったら釣れるのか仕掛けを考えたり、エサに食いついた時の魚との引きを楽しめるのが良いですね。

以前は磯釣りから投げ釣り、渓流釣りなどいろいろな釣りを楽しんでいましたが、最近ではルアーフィッシングを始めました。生き餌を使うどちらかと言うと待ちの釣りと違ってルアーフィッシングではルアーをキャストし、ロッドやリールでアクションを加えて魚に食いつかせる攻めの釣りです。

アクションの加え方にもいろいろな種類があります。超低速のデッドスローリトリーブ、低速のスローリトリーブ、中速のミディアムリトリーブ、高速のファストリトリーブと狙う魚や活性など状況に応じてリールを巻く速さを変えます。

さらにリールを巻いたりストップする事を繰り返すストップアンドゴー、ロッドの先を細かく動かすトゥイッチ、ロッドを大きく動かすジャーク、ルアーを上下に動かすリフトアンドフォール、ルアーを底で泳がせるボトムバンピングなどいろいろなテクニックがあります。

ルアーで狙える魚はニジマスやヤマメなどいろいろありますが、ブラックバスと言う北米原産の魚が特に面白いですね。

ブラックバスは攻撃性がありとても餌には見えないようなルアーにも食いつく事があります。トップウォータールアーと言う水面を泳がせるタイプの中にホッパーと言うものがあります。

ホッパーは頭がカップ状になっており、ロッドやリールでアクションを加えると水面との抵抗によりポコンと言う音が鳴ります。

最初は上手く音を鳴らせなかったのですが、コツを掴むと簡単ですね。

この音がまるで水面を逃げる小魚のように聞こえるのかブラックバスが食いついてくるのです。水面をバシャンと音を立てて食いついてくるので他のルアーより興奮度が違うのが良いところです。

ブラックバスはルアーに食いついてからのファイトが凄く、ルアーフィッシングの醍醐味を感じさせる魚でもあります。

初心者の方でも比較的釣り易いのでチャレンジしてみては如何でしょう。