釣りに関する口コミ330代の男性会社員です。横浜の湾岸地帯が地元で海が近くにありましたので、小学生の時から家族で釣りを楽しんできました。現在は子供を連れて釣り堀や海釣り、渓流釣りなどを楽しんでいます。ここから釣りの魅力についてご紹介していきます。

先ずは大海原や大自然の渓流で釣りを行いますので、日々のストレスを解消することができますし、自分自身の気持ちを整理しながらじっくりと考えることができる貴重な時間となっています。釣果も勿論大事ではありますが、ボウズでも釣り場に行くこと自体に意味があります。

次に子供から年配の方まで幅広く楽しむことができる点です。都心の湾岸部には、海釣り公園や堤防が各所にありますので、気軽に釣りを楽しむことができますし、子供としては海に行くだけでもとても楽しいイベントですし、魚が釣れたら喜びは倍増していきます。また、魚や餌(特にゴカイやアオイソメなど)に触れる機会はありませんので、良い教育の機会にもなります。

次に戦略性が高いのも魅力です。同じ釣り場所でも釣れる魚が大きく変わりますので、飽きることがありません。私の実家近くの釣り場では、投げ釣りではハゼやシロギスやイシモチ、ルアーではスズキ、落とし込みではメバルやアイナメ(時にはクロダイ)、サビキではサッパやアジと様々な種類の魚を釣ることができました。また、潮の流れや時間帯、そして天候条件などによっても釣果が左右されますのでそれらを考えながら釣り行うのも楽しいです。その一方でビギナーズラックがあるのも釣りでして、私の母親は、最初の海釣りで良型のカレイを釣り上げていました。

最後になりますが、釣り上げた魚を新鮮な状態で食べることができるのも魅力です。最も印象的な魚は、妻の実家近くにある渓流で釣り上げた鮎をそのままバーベキューで塩焼きにした際の味です。川魚特有の臭みが無く、今まで食べた鮎の中で最も美味でした。今後も釣りを楽しんでいきたいです。