釣りに関する口コミ1自分は良く鶴見まで出向いて父親やその友人達とお酒を飲みながらブラックバスを釣っています。鶴見川は自然に溢れた緑深い河川で景色も良いです。広大とは言えませんが釣りを楽しむにはうってつけの場所だと思います。バス釣りの楽しみは色々あります。

一つは単純にサカナをつる楽しさです。基本的に釣りは根気のいる遊びで、最初の一匹を釣りあげるまでが果てしなく長く感じてしまうのですが、鶴見川ではポイントを押えて釣りをすればほぼ入れ食い状態と言える程ばかばか連れます。調子が悪いと坊主もあり得るのですが、稀で、サカナを釣り上げる感覚を味わうには良いサカナだと思います。また、自分は団体で釣りに出掛けるので談笑するのも楽しみで釣りへ出掛けています。お酒を飲みながら年上の人達に囲まれ、世間話をするのは結構面白いです。

鶴見川ではブラックバス以外にもブルーギルやヘラブナ、時には鮎が釣れる事があるそうです。割と住宅街と近いにもかかわらず釣れるサカナの数が豊富なのは有難いです。ずっとブラックバスばかりの中、偶に違うサカナが釣れるとうれしさも違います。ただし、鶴見川は水質がそれほど良い川では無いので釣ったサカナを食べたりは出来ないのですが、サカナが食べたくなれば近くに魚屋があったりするので刺身を購入して酒の肴にてます。河川敷ではバーベキューも許可されているので釣りを楽しんだ後に購入したサカナを焼いて食べたりしてます。偶に釣ったサカナを食べたりしますが臭みがどうしてもあるのでキツイです。

バス釣りは道具に拘る必要が無く、その辺のホームセンターで購入した釣り竿なんかで楽々釣れます。釣り入門者にオススメのサカナだとも言われていて、自分が初めて釣りをしたのも鶴見川でのバス釣りでした。誰でも簡単に釣れるので腕の差が出にくいので、誰がどれだけ釣ったのかを競って勝負をしたりしても毎回接戦で楽しいです。ただし、バスは軽いサカナなので、釣れるのかつれないのかドキドキするようなヒキの戦いはしづらいですが、それでも余りある魅力があると自分は思います。