サイクリスト(サイクリング)に関する口コミ15スポーツ自転車の主な種類は4つあります。初めに紹介するのは、ロードバイクです。特徴としてタイヤの幅が2cmと、かなり細くなっています。また重量は7~8kgと軽く、シンプルな構造になっています。これにより、かなりのスピードが出るのです。ロードバイクは、別名ロードレーサーとも呼ばれています。自転車レースで競争用として用いられていました。自転車レースの代表とも言われる、ツール・ド・フランスでも使用されています。エンジンなどを使用せず、人間の足のみで、最速で長距離、長時間移動出来る乗り物の最高が、このロードバイクだと言えるでしょう。

また長距離、長時間を可能にしている理由は、ドロップハンドルにあります。ドロップハンドルの素材は、カーボン、アルミ、スチールとなっており、形状も多少の違いはありますが、握る位置が5か所位可能になっています。だから、乗る体勢を変えることが出来るので、疲れないということです。値段は、10万円台から50万以上と幅があります。自分の乗る目的、例えば通勤や街乗り程度から、レースに出場する、ツーリングを楽しみたいなど、よく考えて自分の予算を決めて買いましょう。

ぜひ、景色のいい海岸沿いを、風を切って、軽快に滑走してみてください。すごく気持ちが良くて、きっとロードバイクの魅力にはまってしまうでしょう。次に、マウンテンバイクを紹介します。特徴としてタイヤがブロックパターンになっています。深い溝がごつごつしている太い形状です。その結果、パンクしにくく、段差があったり雨の日でもすべることがありません。だから、舗装されていない山道などに適しています。フラットハンドルで、肩の幅より少し広めで取り回しが効きます。ダウンヒルやクロスカントリーに出場するための自転車になっています。3番目は、クロスバイクです。これは1番目のロードバイクと2番目のマウンテンバイクの良い所を取り入れた自転車といえるでしょう。4番目に紹介するのは、ランドナーです。バックとキャリアが搭載されており、テントなどを持って長期間ツーリングする目的の自転車です。皆さんも、自転車をぜひ生活に取り入れて楽しんでください。

お勧めコンテンツ!こちらもチェック!