過労死・ブラック企業の口コミ・経験談・アドバイス0009ブラック企業というと分かりやすくドラマなどて描かれることが多いですが、自分が勤めている会社がブラック企業であるかどうか分からないという場合も意外にも増えています。
こういうケースはいわゆる隠れブラック企業であり、社員たちが過酷な労働やそれにあわない給与に疑問をいだきにくく、負の連鎖を引き起こしてしまっているのです。
それどは隠れブラック企業というとどのようなケースをさしているのでしょうか。
自分が勤めている会社がブラック企業かどうかポイントをみて考えてみましょう。
まず隠れブラック企業にあるのは、残業の多さです。

残業は最近では残業代が払わないでおこなわれることもあり、残業代が支払われているならブラック企業出ないという認識がありますが一概にはそうはいえません。
というのも例えば残業代が支払われていたとしても月に半分近くの時間をついやす残業は例え残業代が支払われていたとしても、社員にとってはブラックな職場環境といえます。
つまりここで大切になってくるポイントは残業代があったとしても過度な残業を強いられているかどうかです。
睡眠時間を削るような残業や、朝まで会社に残って働かなければいけないようなケースでは要注意です。

残業代を払えば社員をこき使っていいと考えるケースもあるため、あまりに無秩序な残業があるならそれを疑ってみましょう。
また一見社風がいいようひみえる企業であったとしても、実は隠れブラック企業でいったというケースがあります。
そのような企業でよくみられるのは社員同士の必要以上の結束力です。
もちろん社員同士がなかがいいことは悪いことではありませんが、これはおかしいんじゃないのかというような声が上げにくいという場合が出てくるからです。
そのため辞めたいのに引き留められ辞めることができないなど社員にとってブラック企業であることを気づきにくく、また声を大にしていえないで勤めるケースもあるのです。

もちろん社員がなかがいいことは問題ありませんが、冷静に事態をいうことができないような環境はむしろ閉塞感があるといえるのではないでしょうか。
少しでも疑問を感じたら気を付けましょう。
それでは隠れブラック企業に働いている場合、具体的にどうすればいいのかですが、まずブラック企業をブラック企業じゃなくすることはとても難しいことです。
そのためブラック企業を辞める選択肢のほうが実現性があります。
そうはいっても辞めることができない、金銭的に辞めることは避けたいという場合事態は深刻になってきます。

社員が長期間にわたりブラック企業にはたらかなければならないことも否が応でもでてきます。
それではブラック企業に勤め続けることがベターかというとそれもまた違ってきます。
というのもブラック企業で働きつづけることで社員が病気、精神的負担や苦痛を感じて働きたいと思っていても、働けなくなることもあるからです。
そうなると当然休業中に保障がない場合がありますが、退職に追い込まれて職を失うということもでてきます。
働けなくなる環境になる前に、やはりブラック企業は機会を見つけて辞めることを選択肢にしたほうが結果的には金銭的に、そして精神的負担が減ることは間違いないでしょう。
働きつつも他の企業の面接を受けたり、あるいは職業などの専門性があるのであれま゛独立できるよう、つまりいつでも辞めることができるように少しずつ準備をしていくことが対ブラック企業としては有効策です。
つまり明日から辞めることができてもいいというようにするのがいざという時役に立ちます。

会社のために睡眠時間などを削るようなことは昔は美徳と考える人もいましたが、それにより弊害があるのですからけして企業のいいなりになることが得策ではありません。
なぜなら自分が働けなくなる状態にまで追い込まれてしまっては意味がないからです。
目先のことばかりを考えないことが、とても大切になってきますからブラック企業に働いている人は長いスパンをみてどうするべきかを対策を練りましょう。
また、ブラック企業入社しないことも前提としては大事で、就職活動で内定をもらえた入社先がブラック企業だけにならないように、複数の企業への応募、そして先輩とネットの口コミなど客観的評価や事実を集めてブラック企業かどうか判断をしましょう。

もちろん入社したあと隠れブラック企業だった、経営者や上司がかわることでブラック企業になったということもありますから、いざそういう環境におかれるということは他人事ではないというところでしょう。
隠れブラック企業は気づかないだけでそうだったというケースもありますから、まわりとくらべて働き方がおかしいと思うのであれば、疑ってかかるのもときとして大事です。
今が一番いい職場環境と思うことはむしろ危険で、客観的冷静に働く環境を定期的に見つめ直すのも隠れブラック企業を見つけるためのポイントです。
疲弊してからでは考えても冷静になれないこともあるので先がけて判断をしましょう。

口コミ取り扱い注意事項