こんにちは!京極ありさです。今日も大好きな漫画「アイシールド21」についてひたすら解説しちゃいます。前回に引き続き、今回も泥門のライバルチーム「神龍寺ナーガ」についてご紹介します。

神龍寺ナーガには名物プレーヤーの金剛兄弟という最強の双子選手がいますが、この双子の描写が繊細で、深く考えさせられることが多いです。

今回はこの金剛兄弟についてじっくり語ります。

※漫画「アイシールド21」について及び泥門や他のチーム・神龍寺ナーガの説明については過去記事をご参照ください。

100年に1度の天才プレーヤー 阿含の描写を見逃すな!

金剛阿含(こんごう あごん) ポジション:ワイドレシーバー+クォーターバック
金剛兄弟の双子の弟である金剛阿含は「100年に一人の天才プレーヤー」としてチーム内外から恐れられている日本最強クラスの選手です。

アメフトを始めたきっかけが、中学時代につるんで悪事をしていたヒル魔への当てつけの意味もあったので2年未満ではあるのですが、その才能はいつも注目の的です。

その理由はまず、「神速のインパルス」とも称される反応速度があります。金剛阿含の脳から筋肉への電気的信号伝達は人間の限界値である0.11秒で、敵のどんなプレーにも「見てから」対応することができてしまうのです。

また、武術やケンカで裏打ちされた暴力的なカウンター攻撃と無尽蔵のスタミナまで有します。

実力が高い選手が多い神龍寺の中でも圧倒的な実力と才能があるため、激しい女遊びなど不良のようなふるまいや遅刻も多いですが、監督ですら咎めることがありません。

言動も暴力的なものが多く、私は最初金剛阿含が大嫌いでした(笑) セナも金剛阿含から「悪」を感じ取っていたように、この漫画で一番の悪役は神龍寺戦の金剛阿含だと思います…。

小さくてひ弱な外見のセナや、オールマイティーにカバーできる才能を持ち合わせている選手が皆無な泥門を小バカにしており、その才能の無さをあざ笑うような発言が多数目立ちます。

実際、セナが今まで培ってきたランテクニックもあっさり制圧します。加えて、「ドラゴンフライ」という、クォータバック(ボールを投げるポジション)を二人置くトリッキーなプレーを展開しますが、そのクォーターバックを金剛兄弟で担い、大量得点も重ねます。ウザい発言に圧倒的な実力の差は主人公だけでなく読者も絶望に追い込みます。神龍寺戦前半は読むのが本当に精神的にキツかった(笑)

序盤はやられっぱなしの主人公セナは金剛阿含が先輩組3人の泥門で全国大会決勝を目指す夢までけなしたことに本気で怒り、より攻撃的なプレーで対抗。他メンバーもファインプレー・トリッキーなプレーを連発し、最終的に金剛阿含も神龍寺も攻略します。

泥門戦敗戦後、金剛阿含の素行不良は直らないものの、泥門メンバーの一部には一目を置くようになったり、アメリカ戦で双子の兄の金剛雲水への感情を行動で表現したり、以前つるんでいたヒル魔とタッグを組んでアメリカチームを翻弄したりと、人間臭さや人・選手としての深みが見られるようになります。

はっきりと言葉で書かれてはいないものもあるのですが、金剛阿含の表情や行動が丁寧に描写されているので必見です。私はわざと金剛雲水とそっくりな姿になって世界戦でプレーする金剛阿含のシーンがすごく好きです。(このシーンについては次の金剛雲水の欄で詳しく書きます。)

あとは、大学進学後はヒル魔とタッグを本格的に組むことになるので、「ちゃんとやっているのかなあ」と思わず想像を掻き立てられます。

どんなに頑張っても阿含の影…。双子の兄 雲水の苦悩に心が痛い

金剛雲水(こんごう うんすい) ポジション:クォーターバック

金剛雲水は金剛阿含の双子の兄です。素行不良だけど天才な弟を暴力的なままで凡才を顧みない最強のプレーヤーとして最高の環境で生かすことを望みとしています。そのため弟の後始末を全て請け負っています。

自身は金剛阿含と逆で真面目で勤勉で努力に裏打ちされた実力もあるのですが、幼いころから全分野において弟の金剛阿含が稀有な才能を発揮していたことから実の両親や周囲から比較され蔑まれ育ちます。

金剛雲水は見た目からは分かりませんが、なんだかプレーヤーとしてのプライドなどが歪んでしまっているような印象を受け、気の毒に感じます。

「阿含のためにはどんなに犠牲を払ってもよい」という自分のことを二の次に考えてプレーする金剛雲水はなかなか自分の本音を出しませんでしたが、才能が無くても高い目標や強いライバルを見据えて努力を辞めない他チームのプレーヤーたちを内心ではうらやましく感じてもいます。

世界戦で実力が足りなくても笑われようががむしゃらに戦う選手たちや、あえて自分と瓜二つの格好をして挑発をする金剛阿含を観客席から眺めることになってしまい、「何故自分は戦っていないのだ」と後悔の涙を流します。金剛雲水は成熟しているようで、実は自分で自分の成長を妨げるようなことをしていたのでしょう。

しかし、この悔しい経験を生かして、大学では金剛阿含と進学先を変えて彼のことを考えず「自分もアメフトの一選手」として試合に臨むようになったので、本当によかったなあと思ったものです。

おわりに

今回は神龍寺ナーガの金剛兄弟を紹介しました。金剛兄弟(特に阿含)は近寄りがたい第一印象があるだけに後半での深みのある姿が際立ちます。是非本編で確認してくださいね。

<<アイシールド21の漫画をスマホで読むならU-NEXT>>

  • 月額1,990円で動画(映画・アニメ・ドラマ・アダルトなど)見放題。
  • 月1,200分ポイントが付くから一部有料コンテンツも追加料金なしで見れる!
  • レンタルビデオ屋に並ぶ新作もラインナップされていて便利。
  • 漫画・雑誌も見れる!

アイシールド21、U-next

漫画アイシールド21もあります!

(18.04.12現在)

月1,200ポイントで2冊づつほど無料で揃えていけば、いつでもどこでもスマホでアイシールド21を読めるようになりますよ!

31日間無料で試せますのでよろしければ是非!

※無料期間内に解約も可能。

執筆者について(京極ありさ)