こんにちは!京極ありさです。愛してやまない漫画「アイシールド21」について語り続けてかなりになりますが、連日主人公セナが所属する泥門デビルバッツのライバルチームについて最近書いています。

今回紹介するのは「神龍寺ナーガ」です。このチームですが、実は私、このチームのメンバーもチームの雰囲気も最初は好きではありませんでした。

ですが、読み進めていくにつれで次第に良さが分かってきたんです!読む前ど読了後の印象が一番違ったチームだったなあと改めて思います。そんな不思議な魅力を持つ神龍寺について解説していきます。

このチームは泥門との関係が実は深いので、今回の記事はそのあたりにも少し触れようと思ってます!

※漫画「アイシールド21」について及び泥門や他のチームの説明については過去記事をご参照ください。

まずは神龍寺ナーガってどんなチーム?

所属高校:神龍寺学院(神奈川地区)
特色:関東屈指の進学校でありながら、アメフト部は主人公セナたちが泥門に入部した年までは関東最強を誇り、その圧倒的な強さと学校名から 「神の集団」と言われていました。

関東大会の決勝では毎回東京地区最強の王城ホワイトナイツとあたり、勝ちはするものの、関西地区代表の帝黒アレキサンダースには惜敗するのが通例です。簡単に言えば「永遠の全国2位のチーム」です。

個々の選手の実力や意識が基本的に高いので一見スキがなさそうなチームではあります。が、監督が極端に実力・才能を重視した部の運営をしており、チームの中でも実力が高めの選手たちが好き勝手していても「試合で活躍すれば何をやっても許される」という考えのもとで見逃しています。

プレースタイルもチーム内の連携プレーというよりは「より実力・才能がある選手たちの個人的パフォーマンス」のような状態になっているので、本当の意味での結束力は弱い印象があります。それでも今までずっと勝てているのは才能のある選手層の厚さゆえなのでしょう。
 

実は泥門メンバーとの因縁がヤバい感じ…

神龍寺ナーガは泥門と深い因縁関係にあります。もともと泥門デビルバッツを作った先輩組は3人いて、3人とも全国大会決勝で戦って全国制覇することを夢見ていました。

その夢への近道として3人は神龍寺学院を受験して全国大会決勝の常連:神龍寺ナーガに入部しようとしていたのです。

しかし、神龍寺学院は進学校でもあり、入試の難易度は高く、先輩3人のうちの一人:栗田は成績がどう頑張っても足りません。

そこでヒル魔は彼をアメフト部推薦入学の枠にねじ込むことに成功し、晴れて三人が入学できる目途を立てました。

しかし、これを面白く思わなかった、のちの天才プレーヤー 金剛阿含が邪魔をして栗田の推薦枠を奪ってしまい、先輩三人組がそろって神龍寺でプレーする道が絶たれてしまうのです。

ヒル魔、ムサシは受験して神龍寺に合格する見込みはあったものの、その道を捨て、栗田の学力レベルに合わせた泥門高校に一緒に進学しアメフト部を新設。メンバー3人で後ろ盾もない状態から全国大会決勝出場を目指すことになるのです。
 
この先輩組3人の過去は泥門が関東大会一回戦で神龍寺ナーガと戦うまで明かされなかったのですが、先輩組間の結束力や夢を追う力がひしひしと伝わってきたのを覚えています。

では、ここからは神龍寺ナーガの注目選手を解説します。

空中戦の天才プレーヤー 一休のプロ意識が超高い!

細川一休(ほそかわいっきゅう) ポジション:コーナーバック+スプリットエンド(ワイドレシーバー)

細川一休は才能あふれる選手が多い神龍寺ナーガの中でも、上位ランクの選手です。その才能とは「バック走のスピード」で、後ろ向きに40ヤード走で4.89秒という驚異的な記録を持っています。

相手のレシーバーの動きにピッタリ対応することで相手のパスを妨害するポジションでもあります。自分の才能に自信を持っていて、パスキャッチに関係するポジションを任されていることから、空中戦での勝利にプライドを強く持つ選手です。

細川一休の才能と実力とプライドの高さは暴力的な性格の神龍寺の阿含ですらも認めています。

初登場の時はただの女の子が好きすぎる男の子なのか?と軽く思っていました。が、試合では泥門がトリッキーなパスルートを繰り出そうが、バック走のスピードとアメフトボールの扱いの上手さで相手のパス攻撃を妨害したり、反撃で加点に繋げたりなど、泥門にとっては脅威的な存在になっていて驚いたのを覚えています。

細川一休は才能の無い敵には本当に容赦のない言葉で挑発したり責めたりする冷酷な性格で、神龍寺戦前半では泥門のワイドレシーバーのモン太の心を言葉でも実力でも追い詰めていきます。

試合後半でモン太が立て直し、自身のキャッチ力で細川一休に競り勝ちますが、その時に純粋に闘志をむき出しにする姿がもはや「戦士」の風格です。

泥門が全国大会決勝に挑む前にはモン太のレベルアップに付き合いますが、モン太の実力を知っているからこそ彼が練習に身が入っていない状態の時に乱暴な言動でモン太を叱り飛ばします。

モン太の実力を認めていて、その実力がまだ伸びると信じているからこそこういう形の表現になるのだろうな、と細川一休を少し愛おしく思いました(笑)

おわりに

今回は神龍寺ナーガを紹介しましたが、いかがでしたか。神龍寺ナーガには金剛兄弟という双子のプレーヤーもいて彼らの魅力的なので、次の記事で紹介することにします!

<<アイシールド21の漫画をスマホで読むならU-NEXT>>

  • 月額1,990円で動画(映画・アニメ・ドラマ・アダルトなど)見放題。
  • 月1,200分ポイントが付くから一部有料コンテンツも追加料金なしで見れる!
  • レンタルビデオ屋に並ぶ新作もラインナップされていて便利。
  • 漫画・雑誌も見れる!

アイシールド21、U-next

漫画アイシールド21もあります!

(18.04.12現在)

月1,200ポイントで2冊づつほど無料で揃えていけば、いつでもどこでもスマホでアイシールド21を読めるようになりますよ!

31日間無料で試せますのでよろしければ是非!

※無料期間内に解約も可能。

執筆者について(京極ありさ)