こんにちは、京極ありさです。前回に引きつづき、漫画「アイシールド21」のイケメンプレーヤーたちに迫っていきます。

前回の記事は主人公が所属する「泥門デビルバッツ」に所属する二人を紹介しましたが、今回もその続きをご紹介します。きっとあなたも好きなキャラが見つかるはず!ではさっそくキャラクターの紹介に入りましょう!

※「アイシールド21」の簡単なあらすじ、「泥門デビルバッツ」のチーム紹介は前回の記事をご参照くださいね。

イケメンプレーヤー第3位 ムサシ(本名:武蔵厳 たけくらげん)

ポジション:キッカー
泥門の渋い親父ポジションに位置するムサシ。顔も性格も威厳というか、高校生離れした冷静さが魅力です。それはここぞという時に研ぎ澄まされた集中力を必要とする、キッカーというかなり特殊なポジションを担っているからこそ、だからだと思います。

泥門のメンバーには意外と「ゴリマッチョ」系のプレーヤーが少ないのですが、ムサシは身長も高めでかなり筋肉質なので女ウケしそうだなあと私は思っています。

後に、「チームのキッカー対決」を描いている、盤戸(ばんど)高校の盤戸スパイダーズ所属のキッカー:佐々木コータローとの対比も面白いです。

名前もライバル関係(※宮本武蔵・巌流島、佐々木小次郎 からとったのだと思われます。)ですし、荒々しく飛距離重視のムサシと精度・成功率重視のコータローのプレースタイル、静かに熱い性格のムサシとただただ溢れる情熱を表現するコータロー。チームの特色や彼らがそれぞれ背負った事情も垣間見えます。
 
プレーヤーとしてのムサシの登場シーンは、彼の抱えている諸事情により漫画の後半からになってしまっているため他のメンバーと比べると少な目ですが、キックのシーンだとド派手に決めてくれます(笑)
やはり絶対注目の外せない試合はクリスマスボウル(秋季全国大会決勝)のラストシーンでしょう!

初心者の頃から(ハッタリで)名づけられた「60ヤードマグナム」をチームメイトの援護を受けながら達成した瞬間でした。

相手の帝黒(ていこく)アレキサンダースの要である大和猛(やまとたける)の後ろに、かつてのローマ帝国将軍シーザーの姿が描かれ、そのどてっ腹を言葉通りぶち抜いたキック。

泥門の戦いを一緒に見守ってきた読者もチームメイトたちのように「勝て!」という思いでページをめくったと私は思っています。

イケメンプレーヤー第2位 セナ(本名:小早川瀬那 こばやかわせな)

ポジション:ランニングバック
漫画「アイシールド21」の主人公であるセナ(小早川瀬那)。物語のメインの軸は彼の成長物語でもあります。小さい頃からビビリな性格に付け込まれ、ずっとパシリにされていたセナ(小早川瀬那)ですが、実は10年間パシリで鍛えた脚がアメフトのランニングバックという視点で見ると大事な才能として育っていた、という設定です。

 鬼畜なキャプテンに振り回され、ビビリながら始めたアメフトですが、地道な特訓と強いライバルとの対決によって、かけがえのない存在になっていきます。ビビリな性格や濃いキャラへのツッコミといったところは結局あまり変わりませんが、それでも物事へ立ち向かう姿勢やピンチな時の対応力など成長が著しいところもたくさんあります。

 ランニングバックは簡単にいうと、ボールを持って走って少しでもゴールラインに近づくように務めるポジションです。セナ(小早川瀬那)のライバルとの戦いですが、敵チームのランニングバックと違うランテクニックで魅せる点の取り合い、彼を止めるポジションであるラインバッカーとの攻防が見どころポイントとなってきます。
 主人公であり、セナ(小早川瀬那)は泥門の攻撃の要ですから、新技獲得のタイミングも多く見ごたえがあります。

 セナ(小早川瀬那)の試合で特に印象的なものは永遠のライバル関係である王城(おうじょう)ホワイトナイツの進 清十郎(しん せいしゅうろう)との対決でしょう。試合では春大会と秋大会の2回戦うことになりますが、私はどちらの試合も好き、というかこの王城戦はこの2回がそろってこそその良さが分かると思っています(笑) ちなみに漫画で描かれている試合の中で王城だけが泥門と2回あたっています。やっぱり特別な思いが込められているチームなのでしょう。
 春大会ではセナ(小早川瀬那)は進にボロボロにされますが、何度も止められながらも一回だけ抜き去ることに成功します。

心理戦が得意な泥門のキャプテンから、ハッタリでもいいからビックネームを名乗れ!とアメフトの名門ノートルダム大付属の最強ランニングバックに与えられる称号「アイシールド21」を名乗るように指示されていたセナ(小早川瀬那)は、この戦いに触発され、「強くなるんだ、嘘が本当になるように」と熱い思いを胸に練習に励むようになります。
秋大会での再戦では案の定点の取り合いになり、ラストプレーはランで攻めるセナ(小早川瀬那)とそれを止める進との攻防戦が描かれるのですが、春大会から成長した二人の選手の技術と熱い思いのぶつかり合いに思わずこちらも興奮してしまいます。

おわりに

今回はムサシとセナ(小早川瀬那)を紹介していたら、肝心の第1位を紹介しきれず終わってしまいました。このキャラは私が全巻を通して一番思い入れのあるキャラクターなので次の記事で思い切り語りたいと思います!
 

<<アイシールド21の漫画をスマホで読むならU-NEXT>>

  • 月額1,990円で動画(映画・アニメ・ドラマ・アダルトなど)見放題。
  • 月1,200分ポイントが付くから一部有料コンテンツも追加料金なしで見れる!
  • レンタルビデオ屋に並ぶ新作もラインナップされていて便利。
  • 漫画・雑誌も見れる!

アイシールド21、U-next

漫画アイシールド21もあります!

(18.04.12現在)

月1,200ポイントで2冊づつほど無料で揃えていけば、いつでもどこでもスマホでアイシールド21を読めるようになりますよ!

31日間無料で試せますのでよろしければ是非!

※無料期間内に解約も可能。

執筆者について(京極ありさ)