こんにちは、京極ありさです。こじらせ女子歴20年以上のキャリアとその時にため込んだ知識を生かして、実戦的な恋愛テクニックを提示させてもらっています。今回の記事は前回に引き続き、料理とモテについて書いています。今回の記事では前回で紹介しきれなかった、私の実践例も紹介しています。ではさっそく解説に入りましょう。

なぜこの料理は好感度が低くなってしまうのか2

 
 ※他の例が見たい!という方は前記事をご覧ください。

味噌汁…「味噌汁がおいしい」ということ自体は、食卓にのぼる頻度が高い料理であるだけにポイントが高い。「俺に毎日味噌汁を作ってくれ」という遠まわしのプロポーズの言葉がこの現代でもまだ生き残っていることがそれを証明している。

ただ、あまりに生活を連想させてしまう料理であり、あくまで汁ものという副菜的ポジション(脇役)であるため勝負料理としては「結婚を連想させ恋愛初期にしては重すぎるわりにテンションを上げるようなインパクトが弱い」という致命的な弱点を持つ。

前記事のカレーライスでも述べたように、それぞれの「家庭の味」が反映されやすい料理である上に味噌の種類や具材の好き嫌いや組み合わせの考慮も必要。
 ただ、先ほども述べたようにこれがおいしいとポイントが高いのは事実。家で料理をふるまった際にさりげなくリサーチしていた具材の組み合わせで出汁もとって食卓に並べると加点要素となりうる。

パスタ…一人暮らしの強い味方の料理になってしまったので独身男性の中でも一定数作れてしまう料理。しかも、場合によっては男性特有の豪快さから、女性が作るよりも旨味などの面で優ってしまう悲惨なケースも存在する。
 また、男女がデートでご飯を食べにいく際、値段・場所・雰囲気を考慮するとなぜか高確率でイタリア料理店になってしまう法則があり、パスタが勝負料理だと「デート先でもイタリア料理を食べて、彼女の手料理でもパスタ」という状況に追い込まれることがある。この状況は
「若干イタリア料理に飽きてきつつある」
「複数の店の味を無意識に比べているので結構舌が肥えてしまっている。つい、店の話をしてしまうことで女性側の不満を買い空気を悪くすることに繋がる。」
「環境的に店ほど凝ったものが出せないので、相対的に味の劣り・具材や麺の庶民感が強調されてしまう」
「つい具を多くし過ぎて見栄えが悪くなる、か、見た目のバランスをとって具材が少なくなり男性の満腹感を刺激してあげられない、の究極の二択を迫られる」
「簡単に作れる、と思われやすいのでスピードを無駄に求められることがあり焦りやすい人は変な失敗してしまう。この手痛いミスによって料理下手じゃないか、と勘違いされる」
など、落とし穴がいくつもある。付き合ってから、「今日は手軽に済ませちゃってもいい?」時に作れると強いが、勝負料理として掲げるのはリスキー。

グラタン・ハンバーグ…名前から手の込んだものを想像しやすい料理の鉄板であり、同時に結構なカロリーを有するので男ウケしやすい。しかし、「この2つの料理を挙げとけば好印象」ということが最近女性の間で定着しつつあり、「またこいつもか」と思われる可能性が否定できない。制作過程が長くなりやすい料理であるにも関わらず印象がイマイチだとどうにもコスパが悪い。また、「あんまり重たいもの食べるの苦手なんだけど…」という少食男子や筋肉を鍛えている男性からは不評であるケースが多いのでそこは注意が必要。

冷蔵庫の残り物…「冷蔵庫の残り物、で料理ができる子は家庭的でポイント高い!」
という一男性の声が拡散されてしまっただけにこれを得意料理として掲げる人間が急増している。が、勘違いしてはいけないのは、これは得意料理として掲げるのではなく、「付き合ってからさりげなく発揮する方が効果的」という点である。
 男性の目線では「なにも食べるものがない」状態からアドリブで料理が生み出されていく過程を見るのがインパクトであり、「この子ってこんな能力があるんだ!俺はいい彼女を持った!」と勝手にギャップ萌えしてくれるのが「冷蔵庫の残り物料理」の強みである。これを自ら勝負料理として掲示すると本来の効果は半減してしまい、そこにはあざとさと薄っぺらさだけが残る。

 

私の実践方法

 さんざん偉そうに書いてきましたが、分析と実践の結果、私の実際の勝負料理への答えは
「餃子作るのと、オムライスや出汁巻き卵が最近ふわふわに作れるようになってきました」
というものです。

 なぜこういうことになったか解説します。
まず、餃子ですが、「冷凍ギョーザが一般的に普及した現代で餃子を手作りしている20代」という意外性と、「白米に合う」「カロリーがある」「(中身の具材を変えて対応できるので)万人受けしやすい」「餃子がたくさん並ぶとテンションが上がる」「カロリーのある『家庭料理』で、他の人と被りにくい」という長所に注目しました。もともと小さい頃から餃子づくりの手伝いをしていて特に練習しなくても得意だったという経験値も理由にあります。

 オムライスも「男ウケしやすいけど、人と被りやすい料理」のひとつではありますが、「ふわふわに作る」という付加価値がポイントです。ここで出汁巻き卵に一言触れておくことで「和食好き・薄味好き・酒好き(居酒屋のおつまみにありますからね)」のハートもつかむことができます。実際私はオムレット用フライパンや出汁巻き卵用フライパンも自分で研究の上購入しているので、引かれない程度に道具の話もできます。
 即座に得意料理が3つほど挙がると「本当に料理しているんだな」という信憑性があるので好印象を獲得できます。

おわりに

今回は料理について書いてみいました。これからもこのようなテクニック考察記事を書いてみたいと考えています。

<<アイシールド21の漫画をスマホで読むならU-NEXT>>

  • 月額1,990円で動画(映画・アニメ・ドラマ・アダルトなど)見放題。
  • 月1,200分ポイントが付くから一部有料コンテンツも追加料金なしで見れる!
  • レンタルビデオ屋に並ぶ新作もラインナップされていて便利。
  • 漫画・雑誌も見れる!

アイシールド21、U-next

漫画アイシールド21もあります!

(18.04.12現在)

月1,200ポイントで2冊づつほど無料で揃えていけば、いつでもどこでもスマホでアイシールド21を読めるようになりますよ!

31日間無料で試せますのでよろしければ是非!

※無料期間内に解約も可能。

執筆者について(京極ありさ)