安生太郎安生太郎

脂肪は顔やお腹につきやすいものですが、お腹はファッションである程度隠すことができますが、顔は隠すことができません。

顔に脂肪がつくと二重あごになったり、目が小さく見えたり、頬の肉がつくと鼻も低く見えてしまいます。顔をシャープにするには、体重を落とすのが手っ取り早い方法です。

健康的にダイエットをすると顔もスリムでシャープに

当然のことながら効率よく運動し、必要以上のカロリーを摂取しなければ、体重は理想の体重に近づきます。

すると、お腹のぜい肉と並行して顔のぜい肉も取れていきます。

顔を見て「やつれた感じ」と思わせるようなダイエットは失敗で「シャープな感じ」と思わせるのがダイエットの成功です。

ダイエットを始める前に、何を目指しているのかはっきり意識することで、モチベーションが上がります。

例えば、3ヵ月後の同窓会に参加するために「あごのラインをシャープにして理知的な美人を目指す」などと、具体的に目標を掲げます。

すると、どうすればあごのラインがシャープになるかを調べたり、あごだけシャープにするには無理なので、体全体を引き締めなければならないと気づきます。

また、歩き方がガニ股なら、O脚も改善する必要があるなど次々に、理知的美人になるための方法が思い浮かんできます。

理想のモデルさんなどの写真を、見えるところに貼っておくことで、さらに目標が定まります。

ダイエットの具体的な方法は、筋トレなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動を上手に取り入れることです。

同時に顔の運動「フェイシャルエクササイズ」をおこなうと、体と顔をトータルでスリム化することができます。

効率的に早く痩せるためには、無酸素運動をおこなってから有酸素運動運動をおこなうとよいようです。

ウオーキングやジョギングに出かける前に、軽いストレッチをしてから、スクワットを10~20回おこなうと、効率よくダイエットができます。

慣れてきたら、ダンベルなどを持ってスクワットをすると、より負荷がかかります。

またウオーキング方法も5分早足で歩き、5分ふつうに歩くといったインターバルウオーキングを取り入れると、消費カロリーが多くなります。

顔だけむくむのは病気?

何だか最近太って見えるが、体重は変わっていないという場合は、顔がむくんでいるのかもしれません。

顔がむくむ原因のほとんどは、リンパの流れがスムーズにいかず、無駄な水分や老廃物がたまっているからです。

長時間のパソコン作業などが続くと血行が悪くなり、顔がむくむことがありますが、毎日、リンパの流れの手助けをするだけで、むくみは解消されます。

セルフマッサージなどで、むくみを取るようにしましょう。

しかし、顔のむくみだけでなく体全体にむくみを感じたり、むくみが長引くようなら腎臓の病気や、甲状腺の病気、肺や心臓の病気の疑いもあるので、病院を受診するようにしましょう。

即効のむくみ取りはリンパを鎖骨に流すこと

ダイエットをしていても、出かける前に何だかいつもより顔が大きく見える時があります。

そんな時は何かの原因で、首回りや鎖骨周辺のリンパの流れが悪くなり、余分な老廃物が首から上にたまっているからです。

即効のリンパマッサージをすると効果があります。

やり方は、左右の手のひらを交差して、右手は左肩先に、左手は右肩先にあて、それぞれの手を脇の下に向かって交互にさすります。この動作を30秒続けます。

次に両手のひらをあごの下にあてて、鎖骨に向かって左右の手のひらで首全体を交互にさすります。これも30秒おこないます。

合わせて1分おこなうことで、リンパの流れがずいぶんよくなります。

顔に筋肉をつける

簡単な基本のフェイシャルエクササイズを習慣にすると、顔に筋肉がつき、顔やせしても「やつれ感」がしません。

顔を生き生きさせるエクササイズのやり方は、まず仰向けに寝て、あいうえおの「オー」の口の形を作ります。

左右両方の人差し指を、左右それぞれの頬の一番高いところに置きます。

「オ―」の形を保ったまま、笑顔を作ります。その時、人差し指に頬が動くのを感じたら口角をゆるめます。

笑顔を作るたびに頬の筋肉が持ち上がる感覚を感じながら、10回くり返します。

無理に大きな口を開けたり笑顔の形を大げさにするとシワの原因にもなりかねないので、自然におこないましょう。

よく噛むと体重が減る

よく噛むことで痩せて健康になるという「噛む健康法」は、フレッチャーイズムとして、かつて提唱されました。

肥満体のフレッチャー氏が食べ物を一口100回噛んで食べたところ、みるみるうちに体重が減って、生命保険の加入も断られるほどの体がスリムで健康体になったと言う実話です。

現代は柔らかい食べ物が多い上、何かと忙しい現代人は噛む回数も減り、早食いの傾向にあるようです。

当たり前のことですが、よく噛んで食べると少量で満腹感が得られるので、太りにくくなります。

利き手と反対側の手を使って、お箸を持って食べるのも、ゆっくり食べることができるのでよいかも知れませんね。

ものを食べるときは、左右両方の歯で噛むことが顔の歪みを作らない秘訣です。

ゆっくり両方の奥歯でよく噛んで、歪みのない顔と、スリムなボディを手にいれましょう。

ライフスタイルのチエック

体も顔もシャープになりたいなら、ライフスタイルをチエックして、太る原因を見つけましょう。

太ってしまうライフスタイルは、以下のようなことが原因です。

  • 知らず知らずのうちに食べ過ぎていませんか。
  • ファストフードやインスタント食品をよく利用したり、早食いではありませんか。
  • ダラダラ食いで、自分が食べた量がわからなくはないですか。
  • 運動量が少なすぎませんか。
  • 間食が多くないですか。
  • 寝る前に飲み食いはしていませんか。
  • ストレスを食べることで発散していませんか。

思い当たることがあれば、一つでも二つでも見直すことで、ダイエットに対するモチベーションが上がります。

例えば、運動量が少ない場合は通勤や通学買い物などではエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うとか、一駅歩くなどを心がけるだけで消費カロリーがずいぶん違ってきます。

また、ファストフードをよく食べる習慣のある人は週1回だけにするとか、インスタントラーメンが好きな人は、カロリーが低めのノンフライ麺にするなど、ちょっとした工夫で摂取カロリーを抑えることができます。

手っ取り早くストレスを解消する方法が飲み食いをすることですが、飲み食いをする前に、早足でウオーキングやジョギングなどで体を動かすと、ストレスが幾分解消され、その後飲み食いをしても、やけ食いややけ酒といった感じではなくなります。

今までの日々の暮らしをチエックして、軌道修正するだけで無理なくダイエットすることができますよ。

顔を細くすることとダイエットについてまとめ

忘年会や新年宴会など食べたり飲んだりする機会が多いと、せっかくダイエットを決意しても、思うように進まず焦ることもあると思います。

しかし、楽しむときは気にせず楽しみ、次の日からはまたダイエットを続ければよいだけのことです。

ダイエットに一番大切なのは、体と心のバランスです。ストレスいっぱいのダイエットはもう止めましょう。

飲んだり食べたりすることに罪悪感を感じると、心にも体にもよくありません。明日は今日よりも更に健康的で美しくなることを信じて、ダイエットを継続しましょう。

顔を細くすることとダイエットに関するみんなの口コミ

顔痩せのためには筋肉を解す

だいぶ昔の話になってしまいますが、私はダイエットをしていました。とはいっても、ハードなものではありません。毎月少しずつ痩せていけばいいかなという程度のものでした。

ちなみに、どこを重点的にというのはなくて、全体的に痩せられればというかんじでした。

ですので、パンツを履いたときに太ももに余裕が出るのも嬉しかったですし、腰周りがきつくないのも嬉しかったです。

ですが、効果が自分で見えるのはやはり顔でした。自分でといっても、直接見ることは出来ません。ですが、鏡を見ればすぐに確認することが出来る数少ない場所ではあります。

基本毎日見るわけですから、変化は意外と分からないものです。ですが、急にふと変化に気づくときがあったりするのです。

そういうときは、本当に嬉しくなりますね。しかも、無理したダイエットをしていないだけに、効果が出ると本当に嬉しくてもっと続けようと思えます。

顔が細く見えると不思議と体つきもそれにつられるのか少しだけではありますが細く見えることもあります。顔がほんの少し細くなるだけで印象も違ったものになるので、ここに中々変化が出ないと焦りさえ覚えます。

私は顔のみのダイエットというのはしたことがありませんが、顔のダイエットはしたことがあります。とは言っても、ただひたすら動かすかんじですね。

口の開閉を思いっきりやったり自分の手で必死でマッサージをしたり、そんなかんじでしょうか。これが原因で痩せたのかは分かりませんが、一種のまじないみたいなものでしょうか。

顔の筋肉が解れるかんじがするのでお勧めです。とにかく、動かすということは大事だと思います。そうしないと、筋肉が凝り固まってしまいます。

そうなると燃焼するものもしません。燃焼させるためには、筋肉が解れていることが大事なのではないでしょうか。顔全体が温まって気持ちいいですし、きっと顔が痩せやすくなることでしょう。ちなみに、私は毎日やっています。

どんなにダイエットをしても顔だけは痩せなかったのに

その人それぞれ痩せづらいパーツというものがあると思いますが、私の場合は顔が本当に痩せなくて何というか身体が凄く細かった時代にも顔はぽっちゃりしていたので一見、痩せて見られない特徴がありました。むくみも酷く、写真を撮ると二重顎が酷くて写真撮影が嫌いであまり写真も撮らない位でした。

ずっと体質だから仕方ないと諦めていました。朝起きた時から、顔がシュッとしている人や、身体は結構ぽっちゃりしているのに顔がシュッとしている人を見ると本当に得な体質だなと半ばあきらめていました。

30代に近づいて子供を出産して専業主婦になった時に、私はネットにはまりました。その時に、ダイエットについて色々目にすることがあり丁度産後太りも中々のものだったので、ダイエットする事にしました。最近のスマホで、高画質の写真が撮れるようになっても相変わらず顔がぽっちゃっとして写りあまり写真を撮らなかった私が、最近は朝起きた時から何だか顔がシャキッとしていて化粧をする時も気分が良い事が増えて子供と写メを撮る事も少し増えました。

そんな私がおこなったダイエットは、食べる事が大好きなので、食事制限をほとんどせず、身体を動かす事、そしてかっさでリンパをマッサージして血流を良くするマッサージを行うことです。月に数回近所の友達とかなりの距離を歩いているウォーキング、それから自宅では朝起きたらDVDのダイエットを観ながらの運動を体調が良い日は続けました。かっさの方は、夜寝る前にお風呂上がりに身体全体と顔のリンパを流しました。

一番初めに変わってきたのは、後姿です。というか、家族が気が付いたのですが、子供の運動会などで自分の無防備な後姿を写真に撮られたことがあったのですが、非常に肉が丸くついていたのですが、運動を始めてから背中の肉が薄くなったという感覚がありました。

そして、それからしばらくすると顔がシュッとしてきて、特に顎のラインがたるんでいたのがいつも骨格に沿って肉がきっちりと治まっている感じのフェイスラインが出来ました。もう、ずっと小さい頃から朝起きた時の顔のコンディションがコントロールできなくて今日は、可愛くない日、今日はまあまあの日と自分の顔が日々変化していてそれによってメンタルも左右されていたのでとても嬉しかったです。

恐らく、ダイエットDVDがインナーマッスルを鍛える系のものだったので、顔の筋肉も鍛えられたのだと思います。継続していかないと筋肉も持続できないと思うので今後も細々と続けて行こうと思います。

ファスティングダイエットは顔痩せにも効く?

ファスティング、プチ断食ダイエットをしました。おなかと足回り、顔では頬のふくらみが気になってきたので、デトックスついでに初めてトライしました。

やってみようと思い立って始めたのですが、すぐすぐ始めるわけではなく数日前から食事などを調整していくとのことだったので、外食の予定が入っていない休日にファスティングをできるように予定を調整し、スタートしました。

2日間の予定で始めたのですが、おなか周りは(もちろん食べていないせいもありますが)1日目の終わりに大分すっきりとしてきた印象です。

ふだんちょこちょこと間食するクセがあったので夕方までがかなりキツかったのですが、早く寝て夜をやり過ごした後は、食欲がだいぶ落ち着いていました。

(しっかり眠ったことで朝からすっきりとしていて気持ちまでデトックスされたようでした!)

2日目は1日よりだいぶ楽に過ごすことが出来、ファスティングを無事終了しました。

終わってみると、おなか周りは1日目に感じた以上のすっきり感、足回りは見た目にはあまり違いを感じなかったものの、動きが軽く軽快です。

けれど、顔に関しては「丸いまま」といった感じで、ちょっと残念でした。むしろ食べなかったことで血色がよくないような雰囲気が漂い、顔痩せは実感できませんでした。

ファスティングで体の中を空っぽにしてきれいづくりをすれば、体全体的にすっきりできるのかなぁと思っていたのですが、顔はまた別なのでしょうか。

確かに以前ウォーキングダイエットをした時にも首から下の「痩せた」感はありましたが、顔に関してはあまり感じたことがありません。

でも食べたら食べたで顔も太っていっているような気がするし・・・顔痩せを意識したダイエットって難しいなと思います。

顔の運動として表情筋を動かす、というものをためしたことがありましたが、思えばこれがまだ効いていた気がするかなぁ、という程度です。

なかなかダイレクトに顔痩せ出来るダイエットには出逢えていませんが、いろいろ試して効果があるものを見つけたいなと思います。

ダイエットで痩せたら、顔痩せも期待できるのでしょうか。

ただ今ダイエット中です。重い腰を上げたのは、まだダイエットしなくても大丈夫じゃ後々大変になりそうだからです。

実は少しでも太ってしまうと、なかなか痩せられません。特に中高年にもなると代謝も悪く腰や関節も弱くなるので、早く処置した方が良いんです。

肥満は厄介な病気も引き起こしますから、健康管理は怠ってはいけませんよね。脂肪が沢山つく前に、徐々に落としていくのが賢明な判断ではないでしょうか。

ダイエットでまず痩せたい箇所はお腹周りです。これは今も昔も不動の一位です。次に太もも、お尻の贅肉が気になり加齢が進むにつれてたるむ一方です。

食事は緑黄色野菜を中心にタンパク質も万遍なく腹七分まで、野菜から先に食べると太りにくくなるそうですよ。

ダイエットに欠かせないのがこんにゃくなんです。ご飯や麺に混ぜたり色々使えるノンカロリー食材です、食べ過ぎに注意しながら上手く利用しています。

運動はウォーキングとストレッチに重点を置き、なかなかイイ感じに体が絞れてきてますが、ふと気が付くと何かバランスがおかしい。

顔がパンパンのままで全然痩せていないのは一体どういうことなのか。ダイエットで全身が痩せれば顔だってホッソリするはずじゃないの?

どうやら原因は痩せる順番にあるようです。最初に痩せるのは脂肪過多の部分から、内臓脂肪が減り皮下脂肪が痩せてきて、顔は第四グループ辺りに位置しているので簡単には痩せないようなんです。

つまり痩せる順番が顔に回ってくるまでダイエットを続けることがポイントなのです。太ったりむくんだりするのは血行が滞り老廃物が溜まるからなんですね。

バスタイムに、湯船に浸かって血流がグングン回ってる時が痩せる絶好のチャンスです。フェイスラインや首スジ、肩もマッサージして顔の血行促進も積極的に行いましょう。

更にダイエットには水泳が効果大なんです。カロリー消費量が高く、いつもやってるウォーキングよりも高いんです。

水の浮力で腰や膝もカバーできるし、有酸素運動なので心肺にも過度の負担がかからないのでお勧めです。

ダイエットで顔痩せするなら、まず脂肪の多い部分をガンガン減らし、顔痩せまで順番を回しましょう。回ってくるまでダイエットを続けることが必要なんです。

顔痩せに必要なものは、運動と緊張だった

ダイエットのきっかけ

結婚して仕事をやめてから、じわじわ太ってしまいました。数値で言うと5キロです。5キロ太ると、以前の洋服は全て着られなくなりました。

それに、顔のむくみもひどくなり、もともと地味だった顔がますます垢抜けなくなりました。

顔も全身も痩せたいと強く思い、ダイエットを決意しました。

目標体重と設定理由

目標は以前の体重に設定しました。5キロやせればゴールです。

本当はもう少し痩せたいのですが、目標が高過ぎると続かないかもしれません。ダイエットは続けないと意味がないので、あえて低めの目標にしました。

顔痩せは目標設定が難しいので、二重あごが消えることを目標にしました。

失敗したダイエット方法

まず、お菓子を断ちました。結果、続きませんでした。今まで自由に食べていたものを突然やめるのは、思った以上に大変でした。

ストレスがたまり、夫婦げんかが増えました。これでは楽しくないので、お菓子は制限をつけて食べてもいいことにしました。

安いお菓子は食べないこと、週末だけ食べてもいいこと、これだけです。高いお菓子にすると、もったいなくてたくさん食べられません。少量で十分満足感があります。

安いお菓子はいつでも手に入り、たくさん食べてもなんとも思いません。これは悪循環なので、頑張ってやめることにしました。

成功したダイエット方法

パートを始めて、通勤を徒歩にしたことです。坂道ありの1キロを、毎日往復しました。

結果、一年で3キロやせました。二重あごもすっかり消えました。以前の写真と比べるとよくわかります。

目標は5キロ減なのでまだまだですが、結果が出たことが嬉しかったです。

通勤には、かなり急な坂道を通らなくてはなりません。最初は息が切れてぜいぜい言っていたのですが、慣れたら息も切れなくなりました。

また、人前に出ることで緊張したたため、顔もぐっと引き締まりました。

次はこうしてみる

運動と適度な緊張で、顔が引き締まることがわかりました。

もっと痩せるには、レジのパートなんていいんじゃないかなと思っています。一日中立ちっぱなしで、お客様と接することも多いので、顔痩せにすごく良さそうです。

ダイエットの結果は、顔痩せというよりやつれ

以前体重がピークの時に、ダイエットを試みたことがあります。当時は、少しでも早く体重を落としたい、またダイエットによるつらい時間は少しでも短い方が良いと思い、酵素の置き換えダイエットをしたのです。

朝は比較的忙しく、食事を以前から摂らないこともあったので、朝なら置き換えが出来るだろうと思い、実行。そして昼と夜は好きなものをたべました。外食をする際にも、野菜を多めのものを注文し、食事の摂取量にも注意を測りました。そのような置き換えダイエットを2週間続けた時に、自分で少し顔が痩せたかなと思ったのですね。確かに体重は、2キロくらい減っていたので、確実にダイエットは成功をしていると思いました。

また朝の置き換えなら、それほどつらさを感じることなく継続することが出来、このまま続ければもっとダイエットをすることが出来るのではないかと期待もしました。

そんなときに、久しぶりに自分の母親に会ったのです。母の一言はやせた?でした。その言葉はダイエット中の私にとって一番の褒め言葉。でもその次の母の言葉は、顔がやつれているよ、でした。私は少しショックでしたね。体重は確実においてきている、自分でも鏡を見て実感した。だから必ず顔痩せも出来ているんだろうと感じていました。しかしそうではなかったのです。単にやつれただけだったんですね。

確かに考えてみると、ダイエットのために酵素を取っていましたが、筋力を保つための運動やむくみを取るためのマッサージなどはその時にはしていなかったのです。そのために体重として脂肪が落ちたのではなく、単に水分だけが落ちてしまったのかもしれません。

そしてその結果が顔痩せではなく、顔のやつれに。ショックでしたが、その母の指摘から、ダイエットと並行して、顔のマッサージをするようになりました。顔のマッサージをした後は、顔全体がポカポカして血行が良くなったことを感じました。

また張りも出たような気がしました。そのためにダイエットをする時には、顔やつれをしないような方法でしないと意味がないなあと実感しました。顔痩せは健康的に見えるかもしれませんが、顔やつれは不健康ですからね。

エプソムソルトの半身浴でダイエットと小顔効果実感!

テレビのバラエティー番組で、モデル・女優・歌手と大活躍しているとてもスタイルの良い女性が自分自身の美容法について話をしていました。そのうちの一つでエプソムソルトというバスソルトを使用していることを話していました。普段も美容の為、半身浴をしていたそうですが、このエプソムソルトを使用して半身浴をすると、短時間で大量の汗が一気にかけて美容にとても良いと言っていました。

そのバラエティーに出ていた男優さんやモデルさんもエプソムソルトの事は知っていたり、既に使用していたりし、美容に対して敏感な人なら知っていて当然というような品だと感じました。

こんな時、ネットショッピングはとても便利です。エプソムソルトと検索してみると、10kg入りで3,000円台で購入できます。とても重い品物ですがネット購入の為、家の玄関まで配達してくれ送料も無料なのが嬉しいです。ちょうど健康診断が3週間後に迫っていたので、早速購入してみました。

すぐにエステにあるようなお洒落なシルバーのパッケージに入ったエプソムソルトが届きました。届いてから速攻で半身浴をしてみました。休憩を2~3回入れながら1時間半身浴すると、汗が流れるように出てきました。私自身、極端に汗をかきにくい体質で、サウナに入ってもなかなか汗が出ない為、汗をかく前に苦しくなって出てしまう程です。

そんな私が全身から流れる汗を実感することは今までなかったので、とても驚くとともに、汗をかいた後の爽快感がこんなに気持ちの良い物だという事も感じることが出来ました。半身浴から出た後も保温効果が持続してどんどん汗が出てきます。

そして、1時間で軽く1kgは痩せられます。今まで食事制限してもなかなか痩せることが出来なかったので嬉しく思い、1週間のうち4回エプソムソルト入りの半身浴をして2.3kg痩せました。当然顔からも大量の汗が出て、肌がきれいになるとともに顔のむくみと頬の肉もスッキリしました。今までは頬の肉が軽くつまめていたのが、つまむ肉が減っていると実感することが出来ています。

顔がスッキリするだけで首も長く見えます。大量の汗をかくことはとても気持ちが良いですし、気軽にダイエットも出来、小顔にもなれ大満足です。まだまだたくさんエプソムソルトは余っているので、大量の汗をかき、体の芯まで温まるこの方法でもっと小顔効果とダイエットを楽しみたいです。

ダイエットをかねたマッサージ、筋トレで顔やせ

ダイエットをしても普通に食事制限だけや適度な有酸素運動を加えても、なかなか痩せたい部位が痩せないことが多いですよね。体質にもよるのでしょうが、特に顔やお腹やお尻など、ピンポイントで痩せるのは難しい気がします。

わたしは子供の時から顔が丸く、大人になって一時期160cmちょっとで体重35キロくらいとガリガリに痩せたことがあったのですが、それでも顔はまん丸でした。今はもうそんなに痩せていないのですが、太り過ぎないように日々体型には気をつけています。

そんなわたしですが、最近少し太ったのでダイエットを始めました。そして体だけでなく顔も痩せて小顔になりたいと思い小顔になれそうなありとあらゆることを試しています。まずやったのはローラーで頬をコロコロすることです。

体のダイエットで、入浴中に脚を小ぶりのローラーでマッサージしているのですが、ついでに顔もマッサージするようにしてみました。脚のマッサージの効果が結構高く、1~2週間くらいで少しほっそり見えるようになったので、顔にも効果があるのではないかと思ったからです。

結果、なかなかの効果がありました。顔のコロコロをし出して1ヶ月くらい経った頃から、顔が小さいと言われることが増えました。

今まで生きてきて顔の大きさについて他人から言われたことはなかったので、コロコロが効いているのではないかと思いました。また、その間にお盆があり、両親と2ヶ月ぶりくらいに会ったのですが、そこでは顔が痩せたと言われました。

お風呂で10分程度コロコロしていただけで、手軽に出来るのでおすすめです。コロコロも、100均の小さいものを使っていて、コストもかからなくて良いです。

あとは、背中の筋肉を鍛えることも現在実践中です。背中の筋肉は体の中でも大きい筋肉らしく、そこを鍛えると代謝が上がり痩せ易くなるそうです。

なので、ダイエットをする上では鍛えるといい筋肉ではあるのですが、それだけではなく、背中の筋肉は顔の筋肉と繋がっていて、鍛えると顔のリフトアップに繋がり小顔効果も期待できるらしいです。こちらまだま実践中ですが、効果を期待して継続したいと思っています。

顔痩せには筋肉を鍛えるのが一番

私はもともと小さい頃から顔がぱんぱんで大きく見えるのが悩みでした。親には大人になったら自然に痩せるからと言われ、それを信じてすでに20歳をだいぶ過ぎてしまいましたが相変わらず顔の大きさは変わらない、というかむしろ歳をとってむくみがひどくなり、余計に大きく見えるようになったように感じます。このままではまずいと思い、ネットや本屋で顔痩せに関する情報を集め、まずはお金をあまりかけずに自分で実践できそうなことから試してみました。

まず一つ目が、顔の体操です。おそらくネットで顔痩せに関して検索したら、結構顔の体操について結果が出てくると思います。顔の体操といっても種類がたくさんあるみたいで、私が実践したのは「まいう体操」と「舌回し体操」の2つです。

「まいう体操」とは大きく口を動かすことを意識して「まいう」と繰り返すだけなのですが、個人的に正面を向いたままよりも、少し苦しいのですが顔を上に向けた状態で口を動かした方が、あごの下のお肉にも効いている気がしました。

「舌回し体操」ですが、これは口を閉じたまま舌を歯茎に沿ってぐるっと一周回します。左右10ずつが1セットなのですが、顔の筋肉が弱っているからなのか、最初は10回連続で回すことができず、7回が限界でした。けれど口周りの筋肉へ確実に効いている感じはあります。

1週間ほど頑張って続けるとなんとか10回ずつ回せるようになり、1か月ほどで10回以上回せるようになりました。まいう体操よりも舌回し体操の方が顔の筋肉を鍛えている感じがあり、実際見見た目も1か月くらいで小さくなったと思います。

特に気になっていたあごやえらの辺りにたっぷりついていたお肉がなくなり、あごのラインもシャープになりました。久しぶりに実家に帰省したとき、体重は変わっていないのに友人に「痩せた?」と聞かれるくらいなので、だいぶ効果があったのではないかと思っています。

そして次に試したのがセルフリンパマッサージです。ユーチューブで動画を検索し、真似をしてみたのですがやり方が間違っているのか、こちらは1か月続けてもあまり効果はあるように思えませんでした。むしろクリームをきちんとつけていたのに、摩擦のためかお肌が赤くなったり、毛穴が目立つようになってしまいました。

2つほど顔痩せを試してみましたが、自分で顔痩せに挑戦する場合は、顔の筋肉を動かして鍛える方法の方が肌を傷めることもないので良いのかなと思いました。

マッサージを続けたり発汗をして汗を流すダイエットで顔痩せすると良い

ダイエットをするにあたり、顔痩せを成功させたい時には食べ物を工夫したり、カロリー制限だけではないマッサージや美容グッズによる顔痩せ対策するのがおすすめです。

顔に脂肪がつきやすいタイプの人や、顔痩せしにくいタイプの人は、カロリー制限をして安易に減量したり食事を控えるだけのダイエットではなかなか痩せられません。

私は夕食を減らしたりカロリーを控えて低カロリーな食事をして、一ヶ月間でおよそ4kg近くダイエットしたことがあります。

しかし、肝心な顔は全然痩せてくれなくて、貧相になったパーツといえば胸でした。くびれが欲しいお腹もあまり変化が見られずに相変わらず下腹がぽってりと出っ張ってたり、悩みの顔の大きさやフェイスラインのもたつきも改善しませんでした。

ダイエットして体重を減らすだけでは痩せさせたい部分を綺麗にしたり、顔をすっきりさせるのは難しいです。

ダイエットで顔痩せを叶えるためには、浮腫みを抑えることが大事です。

糖質をたくさん摂りすぎてしまうと身体や顔がむくみやすくなってしまうので、デートする日や大切な予定がある前には浮腫みを抑えるために夕食は糖質控え目なメニューにしたり、ダイエット中は顔のムクミ軽減のために夕食だけで良いので糖質オフのメニューを組むようにしてみても良いと思います。

流行りに乗っかって、今年の春に糖質制限を夕食のみするダイエットを二ヶ月程度続けましたが、いつも朝になるとむくんでいた顔が寝起きでも比較的スッキリしていて驚きました。

糖質は水分と結びつきますし、浮腫みを改善するならば夜にあまり糖質を過剰に摂らないようにするのもおすすめです。

また、塩分の摂り過ぎも顔痩せの大敵です。

手っ取り早くなおかつ確実にダイエットで顔痩せさせるなら、私の場合はマッサージを地道に続けるケアや、岩盤浴やサウナに行って汗を沢山出すケアが効きました。

小顔ローラーを使って顎のあたりやフェイスラインをマッサージするケアを続けると、以前よりもフェイスラインがシャープになったり、二重あごぎみで非常に贅肉が気になっていた顎もかなり綺麗になってきました。

即効で顔痩せするなら、サウナに行ったり、お風呂でたくさん汗をかくケアも効果的でした。

マッサージによる長期的なこまめな努力を行ったり、大切な日の前や即効性で顔痩せを狙う時にはサウナや半身浴や岩盤浴などの発汗によるダイエットを活用するのがおすすめです。

カロリー制限のダイエットだけではなかなか顔は痩せないと分かったので、汗をかいたりマッサージすることが大切だと痛感しました。

執筆者について(安生太郎)