顔痩せマスク
出典:amazon

安生太郎安生太郎

どんな人も自分の容姿になんらかのコンプレックスを持っているようですが、顔が大きくて悩む人も多いようです。

さまざまな顔痩せグッズが市販されていますが、中でも顔やせマスクは手軽に顔を小さくできると、通販などを利用して購入する人が増えています。果たして効果はあるのでしょうか?

顔やせマスクの種類と価格

小顔を望むのは男女を問わないようで、イケメンを目指す男性用の顔やせマスクも受容があるようです。

男性用も女性用も通販を利用して購入する人が多く、価格も1,000円~3,000円台と手ごろです。

顔やせマスクの種類について

顔全体を覆うマスクタイプ

このタイプは、顔全体の発汗を促すことが目的です。

汗をかくと新陳代謝が良くなり、汗と一緒に体の老廃物も排出されるので、むくみが取れるとともに美肌効果も期待できます。

素材はナイロンやアルミ、ゲルマニウムをマスクに練り込んだものなどがあります。

顔につけておくだけなので、いつでもどこでも手軽に用いることができます。

顔全体から首元まで覆うタイプのマスクの種類の中でも人気があるのは、ゲルマニウムを練り込んだ繊維で作られた小顔サウナマスクです。

顔をサウナ状態にして発汗を促す子のマスクの価格は3,000円前後です。ほとんどの人がお風呂などで利用しているようです。

アルミ素材のマスク、ナイロン素材のマスクは1,000円代であります。

シリコン製のマスクはマスクの内部にの突起物があり、マッサージをすることによって刺激を与え、血流を促すタイプが効果があるようです。

顔全体のむくみを取るには、マスクタイプが適しています。

パックなどに比べて即効性があるのが魅力ですが、むくみを取るためには継続しておこなう必要があります。

あごや頬を引き上げるタイプのマスク

頬やあごのまわりのタルミや引き上げ効果を目的としたマスクは、1,000円前後で入手できます。リフトアップが目的なら、顔をを引き上げるタイプのものを選ぶと良いでしょう。

このタイプのものは、毎日寝るときにつけると骨格を矯正できるとも言われています。

年齢によるタルミ現象は自然の法則とも言えますが、人前に出る機会が多い人は気になりますよね。

骨格のゆがみを寝ている間に矯正し輪郭をすっきりとさせるのが目的なら、ゴム製の持ち上げ効果のある矯正マスクや、頬のタルミや二重あご、ほうれい線の改善効果があるといわれるシリコンタイプのマスクが人気です。

顔やせマスクは本当に効果があるの?

比較的安価で手に入る顔やせマスクは、大顔の人でなくても試してみたくなりますよね。

でも本当に顔は痩せるのでしょうか。

サウナマスクの効果について

サウナマスクの目的は、顔をサウナ状態にして発汗を促し、小顔を手に入れようというものです。

確かに骨格はがっちりしていなくても、顔に肉がついていると大顔に見えてしまいます。

顔のむくみや脂肪が原因の人にはサウナマスクは、即効性があるかもしれませんが、もともと顔の骨組み自体が大きく、がっちりしているタイプにはあまり小顔効果は期待できないようです。

骨格がしっかりしている人の場合の根本的な解決法は、美容整形に頼るしかないともいえます。

しかし、幾分顔を小さくできるといわれる方法は、骨に働きかける骨気(コルギ)や顔のゆがみを正す、顔筋整骨ケアなどがあります。

<顔筋整骨ケアとは?>
ふつうのマッサージは筋肉の走行方向にそっておこないますが、顔筋整骨ケアは筋肉に対して垂直に働きかけます。

口角、目尻、小鼻の横、耳の後ろなどをプッシュします。

筋肉の深層部を刺激することで、リンパや血液の流れを浴して筋肉の弾力を引き出すのが目的のケア方法です。

大きな顔の原因が骨格にあるようなら、小顔マスクと同時に骨に働きかけるセルフケアもおこなってくださいね。

小顔目的でなく、顔痩せマスクを使うと意外な効果が!

顔痩せには、これ一つで完璧といったような方法はないようです。

小顔マスクをつけることで、一時的にむくみがとれて小顔になったような気がしますが、持続性はあまり期待できません。

しかし、顔痩せ効果は持続しないといっても、その時だけにせよ血行が良くなりむくみが取れると、「キレイ」に対するモチベーションが上がりますよね。

また、小顔マスクは小顔効果だけでなく、おでこのシワやほうれい線対策にも効果がある上、きめ細やかな透明感のある肌を引き出す働きもあります。

顔にシワがあれば、どうしても老けて見えてしまいます。

顔やせマスクは、アンチエイジング効果も期待されるようです。

顔やせマスクに頼るだけでなくさまざまな方法で小顔にアプローチ

小顔に見せるヘアスタイル

前髪がキーポイントです。前髪を眉の1㎝くらい上で揃えたり、前髪を7対3で分けたりエラや頬を髪の毛でさりげなく隠したりすると、小顔に見えます。

また、黒髪は小顔効果があります。逆にシルバーやオレンジなどに染めると締まりがなく大きな顔に見えてしまいがちです。

顔の縦と横が同じくらいの頬がぽっちやりした丸顔は、前髪を下ろしたボブスタイルなどにすると小顔に見えます。

小顔に見えるファッション

ファッションは、Vネックなどで首を長く見せたり、首回りがすっきりしたトップスだと顔が小さく見えます。

おもいきって首回りやデコルテを出すか、逆に衿が付いたものが小顔効果があります。

色については、パステルカラーは膨張して見えると避けがちですが、紺や黒、茶などは体のラインは細く見せますが、顔の近くに持ってくると顔の色とのコントラストがきつすぎて、顔の大きさを強調してしまいます。

意外ともいえますが、顔のまわりにソフトなパステルカラーなどを持ってくる方が、小顔に見えます。

アクセサリーは、長めのネックレスやペンダントで縦ラインを強調するとよいでしょう。

また、縦ラインを出すには縦に並んだボタンの服やマフラーなども効果的です。

帽子は額縁になるので顔が小さく見えるアイテムです。つばがあるものがより小顔に見せます。

堂々とだてメガネを用いることでも、小顔効果が得られます。

当然のことながらメガネの横幅が顔より小さいと顔が大きく見えるので、顔にあったメガネを選び、眼球の中心がレンズの中心にきているかどうかを確認するようにしましょう。

フレームが細いタイプより、やや太めのものを選ぶ方が小顔に見えますが、大きすぎてもバランスが悪く、大きな顔が印象に残ってしまいます。

じっくり選んで似合うメガネをかければ、かなり小顔に見えますよ。

むくみ、脂肪、タルミは小顔マスクでかなり改善できる

顔が大きく見える原因は骨格、むくみ、脂肪、タルミです。

骨格の改善はかなり難しいものの、むくみ、脂肪、タルミは小顔マスクの利用で改善できるようです。

ただ、人によっては顔にマスクの跡がついたとか耳が痛くなった、あごの部分が痒くなったなどのトラブルも報告されています。

このようなトラブルのほとんどは、リフトアップのため装着したまま寝るタイプの、小顔マスクのようです。

やはり、あまり長時間の装着は控えた方がよいかも知れませんね。

近年、表情筋を鍛えるエクササイズが流行っていますが、やりすぎて筋肉が発達し、小顔どころか顔に筋肉がつきすぎて、かえって大きな顔になってしまったという笑えない話もあります。

小顔になるためのさまざまな方法がありますが、やり過ぎも考えものです。

まとめ

年齢を重ねると誰でもコラーゲンの生成量が少なくなり、リンパの流れも悪くなります。

これはある程度しかたがないことですが、年齢を重ねても美魔女と呼ばれる女性たちは、あきらめつつも努力を怠りません。

小顔マスクだけで小顔効果を得るのは無理かもしれませんが、運動や睡眠を十分に取り、おしゃれにも気配りすることで、素敵な小顔美人に変身できます。

マスクの小顔効果についてみんなの口コミ

W小顔リフトアップベルトの効果について

学生の頃からまん丸い顔に悩んでいるため、色んな対策方法を試しています。その中で、顔痩せマスクの「W小顔リフトアップベルト」は少し効果があったので、ご紹介したいと思います。

W小顔リフトアップベルトは、送料無料で1000円という買いやすい値段でした。楽天で早く使いたいポイントがあり、それの消化も兼ねてそれほど期待せず購入しました。以前に小顔になる美顔ローラーも試したことがあったのですが、こちらは私にとってはあまり効果がわかりませんでした。ちなみに美顔ローラーは金属製のため、寒い冬は冷たくて使うのがツラかったです。リフトアップベルトは付けていると温まる作用もあるので、冬に使うのにちょうど良いと思いました。

届いてさっそく付けてみたところ、ほどよいフィット感があって、顔が引き締まる感じがしました。ただ、ゴムの匂いが気になるのと、耳が痛くなってきてすぐに外してしまいました。一度洗ってしばらく外に干すと匂いや薄くなり、装着するときは耳のところにコットンを挟んで解決しました。それから夜寝る前やテレビを見るときなどに装着するようにしました。30分ほど付けるとじんわり顎のあたりが発汗している感じがして、痩せていくような感覚がしました。付けたまま寝るとさらに効果的なようですが、さすがに違和感があって眠れませんでした。

前日の夜に1時間ほど装着していると、翌日の朝の顔のむくみがマシになっているような気がしました。もう少し長時間装着出来たらいいのですが、圧迫感に慣れず、外した後もなんだか頭に圧迫が残っている感覚がするのが残念です。

1か月ほど経ったときに、フェイスラインが少しくっきりしてきたことに気付きました。頬肉も引き締まったような気がします。ほうれい線に悩んでいる人にもいいかもしれません。これから年齢的にも顔のたるみに気を付けないといけないため、その予防としても続けようと思っています。ただ、夏場は付けるのが苦痛でサボりました。やっと涼しくなってきたので、また再開しています。

顔痩せマスクで得られる効果

体はファスティングダイエットの成果があってかなり痩せました。しかしファスティングダイエットだけでは顔はまったく痩せませんでした。そこでパンパンな顔を何とか部分痩せしたいと思い、顔痩せマスクを購入しました。顔痩せマスクは種類がたくさんあり、商品を手に取ってみてもイマイチ違いがわからなかったので、アットコスメで評判の良いものを選びました。

まず商品を実際に手に持って思ったのは、パッケージを見て想像していたものよりもぺらっとしていて頼りなく感じました。本当にただのアルミを縫い合わせただけのチャチなマスクという感じで、何か特別なものが施してある様子はありません。

でもどうせ1000円くらいのものですし半身浴の時間はヒマですから、あまり期待はせずに1日30分を目安に着用し、湯船に浸かっていました。すると最初の数回は汗をかかなかったのですが、普段汗をかかない私でも次第に顔だけたくさん汗をかくようになりました。

びしゃーっとおでこから大粒の汗が垂れてくる感覚は初めてだったかもしれません。汗をかく癖のようなものがつきましたね。顔痩せ効果は特に感じられないもののそのまま続けてしばらくすると、汗と一緒に老廃物が流れてくれたのか、お肌がつるっとするようになりました。顔全体の血行も良くなり、どす黒く不健康に見えていた目の周りの皮膚が昔のように白くなってくれました。特に鼻周辺の引っかかりがなくなり、化粧水もよくしみこむようになったと思います。

けれど顔が痩せたかというと、むくみがとれたかな?くらいで痩せてはいない気がします。もしかしたらマッサージとか顔の筋肉をトレーニングすることを同時にやったら痩せるのかもしれません。私は湯船の中でぼけーっとのんびりしていたい派なので本当に顔痩せマスクをつけているだけです。顔は痩せてはいませんが、マスクをつけてぼけーっとしているだけで、いろいろな効果が得られるのは大きいかなと思います。

顔痩せマスクでむくみが取れてスッキリ小顔に!

太ると、小鼻の回りやアゴに肉がすぐ付いてしまうのが悩みでした。なんとかして小顔になりたくて、空気をしゅぽしゅぽ送って空気圧を顔に与えるタイプのマスクを購入したことがありますが、苦しくてすぐに使うのを止めてしまいました。

最近、気に入っているのは、ゲルマニウムが生地に練り込まれている小顔矯正マスクです。値段が安いので気軽に購入することができるのがいいですね。口を覆ってしまうタイプなので、息苦しく感じて夜寝る時には使っていませんが、家でテレビを見ている時や、家事をしている時などに装着しています。口の部分には、空気を吸う用の小さな穴が開いていますが、口に食べ物を入れることはできません。なので、装着中はお菓子を食べたくても食べられないという、ダイエットの味方にもなってくれる優れものです。

しかも、あごだけでなく首周りまで繋がっているので、しっかりアゴの弛みもケアすることが出来るんです。被るだけでなく、ベルトでピタッと固定することができるので、しっかり顔を矯正することが出来ます。

ゲルマニウムが生地に練り込まれているので、装着しているとジワジワ顔が温まって、じんわり汗をかくことができます。それに、ゲルマニウムには、皮膚細胞を刺激して再生を促進する効果があるので、肌がスベスベになります。特に、シートパックをしている時に、マスクを被ると有効成分が肌にぐんぐん浸透していくのが分かります。

普段、顔に汗をかくことがあまりないのですが、マスクの効果で汗を沢山かくことができるので、顔のむくみが取れてスッキリします。毎日お風呂から上がった後は、血行が良くなっているので効果が出やすいように感じるので、マスクを被って小顔ケアしています。使い始めは少し、ビニールっぽいニオイが気になりますが、使っているうちにニオイは薄くなっていきます。寝ている時は、装着しても苦しくないように、フェイスラインにぐるっと装着するタイプのコルセットタイプがいいと思います。

自分に合うタイプの顔痩せマスクで小顔をゲット!

体は太っていないのに、なぜか顔だけは丸くてぽっちゃり。ダイエットや運動をすると、多少あごの部分のお肉は少なくなるものの、顔痩せが一番難しいように感じています。

そこでずぼらな私でも簡単に痩せることができるかも・・・と飛びついたのが「顔やせマスク(小顔マスク)」。実にたくさんの種類があるため、自分に合うものがどれなのかチョイスが難しいところ。私が選んだのは、お風呂で使用できるものと就寝時に装着するもの、さらに日中装着するものの3タイプ。

まず1つ目のお風呂で装着するものは、繊維にゲルマニウムが配合されていて発汗作用があるというマスク。首の部分までカバーする仕様になっていて、普段汗をかきにくい体質の私でも、入浴時15分ほどで顔全体が汗でじっとり。不純物や老廃物が出ている感じがあり、外したあとはスッキリとした爽快感があります。2ケ月ほどの使用で、はっきりとした顔やせの効果は感じられませんでした。ただむくみを取る効果はあると思うので、顔のむくみに悩んでいる人、一時的にむくみを取って顔やせを目指したい人にはおすすめのマスクだと思います。

2つ目の就寝時に装着するものは、蒸れにくい素材でできていて、顔の輪郭から首そして頭までぐるっと一周を覆うバンドのような形状。確かに装着した際にはリフトアップ効果が感じられますが、寝ている間中の違和感に耐えられず1週間ほどでギブアップ。

もっとソフトなタイプを選ぶべきだったのかもしれません。3つ目は歪んでいる顔の骨格を矯正してくれるというもの。1日5分ほどの装着なので、何より他のことをしながらでOKで楽ちんなのが嬉しいところ。ただ人には見せられない姿なので、急な来客がある際には慌ててしまいます。

4か月ほどの装着で、もともと右側の口角の方が上がっていたのが両方同じくらいの位置に。顔周りも少しすっきりとした印象なので、長く使用していくことで効果があるように思います。もちろん今後も使用していこうと考えています。

自分の経験から、顔痩せマスクはそれだけですぐに小顔になれるという夢のようなグッズではないと思います。でも自分の悩みのタイプに合ったものを選び、他の顔やせのための努力と併用していくことで、より効果を実感できるのではと感じています。

顔痩せマスクで一時的には顔痩せできた

私は、顔痩せマスクを使用していたことがあります。顔痩せマスクを使ってみて感じたことは、とても手軽だな、ということです。ただ顔痩せマスクを、気になるときに装着するだけなので、面倒なことは全くありませんし、たとえば家事をしながらだったり、ストレッチをしたりしながら、また家にいるときに、いつでもできるというのが良いと思います。

また、顔痩せマスクを使った後には、そのあとすぐに顔痩せ効果を実感することができました。エステに行った後のような引き締め効果だったり、また顔全体の、リフトアップ効果を感じることができました。

しかし、私の場合、感じたデメリットとしては、その顔痩せ効果がほぼ一時的だったということです。使った後には、たしかに顔全体の引き締め効果というものを感じることができましたし、保湿効果もありました。また顔痩せマスクを使うことで、エステに行った後のように、顔色が明るくなったり美白効果もあったと思います。しかし、しばらく時間が経つと元に戻ってしまいました。このため、本当に顔痩せをしたいのであれば、ある程度継続して続けて装着するという必要があります。忙しいと忘れがちになってしまったりしますし、また装着するのは家でだけなので、タイミングが必要だと思いました。また、継続をしなければならないため、結構費用がかかってしまうということを感じました。

しかし、顔痩せをしたいというのであれば、頑張って継続することで、効果を得ることができると思います。

また、顔痩せマスクには、販売されているものだけでも、本当にさまざまなマスクがありますし、どのマスクを使うかということを考えなければいけません。また、自分に合った顔痩せマスクとそうでないものがあると思います。私もいくつか使いましたが、よく顔痩せ効果が出るものと、そうでないものがありました。このため、どのメーカーのものがあうのか、確かめてみることも必要だと思います。

つけるだけで小顔・顔痩せ!顔痩せマスクを続けています。

顔が太っているとよく言われてしまいます。実際、太っているのかむくんでいるのか原因は分かりませんが、体に対して顔が丸いとは自分でも思っていました。

そうは言っても顔痩せについて具体的に対策をとっていたわけではありませんでしたが、たまたまお店で前面に展開していた「顔痩せ・小顔マスク」というものに目がいき、お値段も手ごろだったのと、なにより楽に対策出来るなら!ということで購入しました。

顎から頬をぐっと引き上げてくれるタイプのものです。キツくて痛いかな?と心配していましたが、思ったほどではなく、逆にホールド感があってちょっとほっとする感じです。

始めはおすすめされた時間で外していましたが、今は少し長めに使っています。マスクを取ってすぐの小顔感はびっくりします!

顔痩せを実感して嬉しくなりました。けれど、即効性はあるけれど、そのままずっと顔痩せ状態をキープできるわけではなく・・・。

着圧ストッキングのような印象でしょうか。むくみを解消してくれるけど毎日履いてこそ効いてくるという感じです。

ただ、今までオイルなどを使ってハンドマッサージをしていた時よりは効果を実感できるので続けるためのモチベーションが上がりました。

むくみがとれると血行が良くなると言いますが、その点も実感できました。ほんのりぽかぽかとして、顔痩せマスクをしたあとは気持ちいいです。

また、全体的に「持ちあがった」印象で、表情も明るく見えます。使用している姿は出来れば人に見られたくありませんが、使用している最中は本を読んだりネットを見たりとのんびり過ごせるところも気に入っています。

顔痩せの為の時間を取ることなく、つけるだけで効果が得られるのは、面倒くさがりの自分にはとても合っていました。夏場は涼しいところで使わないと汗をかいて気になりましたが、秋冬にかけてはそれも気にせずもっとラクな気持ちで継続できそうです。

いつかいらなくなる日が来るのかなぁと期待しつつ、顔痩せマスクを続けています。

顔痩せマスクで効果を実感できました

使う前はとても期待していたのです。そして思い切ってデパートで見た、顔痩せマスクを買ってみました。テレビで観て一目ぼれしたのです。顔は何をしても痩せる事はありませんでした。お腹のようにダイエットをしたからと言って、顔まで痩せる事はありませんでした。だから私はかなり悩んでいたのです。

そんな時、テレビで紹介されていたのです。安いし、毎日マスクをつけるだけで顔痩せする事ができると言っていました。そして私の憧れている小顔のモデルも、この顔痩せマスクを愛用していたのです。だから私も欲しくなったのです。そのモデルのように、小さくてきれいな顔になりたかったのです。

そんな時に、この顔痩せマスクに出会ったのです。偶然テレビで紹介されていたものが、近所のデパートで売られていたのです。私は思わず手にしていました。

それから毎日使っています。どうも顔痩せマスクをする事で、顔の新陳代謝を促して発汗効果があるからなのです。だから毎日暇さえあったら、私は顔痩せマスクをしていました。

テレビを観ながら、電話をしながらでもいいのです。自宅にいる時にはできるだけするようにしていたのです。さすがに外出する時はできません。できるものではないのです。だから自宅にいる時は、なるべくするようにしていました。全部少しでも顔痩せするためだったのです。そんな目標があったのです。

毎日するだけで、老廃物も流されて顔を引き締めてむくみまでも解消してくれるのです。しかもフェイスラインがキュッと引き締まってくれるので、とてもきれいになれます。

強制的に引き締められている感じがあって、効いているなと思うのです。つけるたびに顔痩せしている実感があったのです。鏡を見ると、みるみる引き締まっていくのもわかりました。「顔小さくなったね」と久しぶりに会った友人にも言われました。自分で思うのと、まわりから言われるのとで私は顔痩せマスクの効果を、自分自身で実感できたのです。

妹愛用の顔痩せマスクを借りて体験してみる

顔痩せを目指すときに使用するマスクは、顔痩せマスク、サウナマスク、小顔マスクと呼ばれるものがあります。そのうち、私の妹が実際に小顔マスクを愛用していたので、2日間だけ借りて使用したことがあります。

その効果は残念ながら感じることが出来ませんでした。また妹は、半年間使用していましたが、その妹でさえもはっきりとした顔痩せ効果は実感できなかったようです。しかし購入したからには、元を取るまで使用しなければ勿体ないという考えで使用していたのですね。

マスクを付けた時の印象は、まず窮屈であるということでした。方法としてはただ装着しておけばいいだけなのでとても簡単です。しかしつけると調節は出来るのですが、窮屈なのです。また使用したマスクは顎の下にまず合わせて、その後首の後ろと頭頂部で固定をするタイプのものでした。これを装着すると、横を向くことが出来ないのですね。また首を上下に振ることも難しかったです。そのために何かをしながらこれを装着するのは難しいと感じました。テレビを見ているときだったら、いいかもしれません。

そして少し伸縮性のある厚手の布で、発汗を促すタイプのものでした。発汗すると気持ちがいいのですが、長時間付けていると、やはりベタベタするので、不快感を感じます。そのために長時間装着は難しかったと感じています。

これらの理由で、私は顔痩せにはマスクは向いていないと判断しました。もしかするとゲルマニウムとかが入っているものであればもっと効果が違ったかもしれません。また固定の位置などが違うだと、装着感が快適だったかもしれませんね。

マスクを購入する物安くはありませんし、試したのは、一種類のみで2日間だけでしたが、わたしには向いていないと思ってしまいました。また本当に購入をする時には、もっとマスクの種類や効果について調べて、それから購入しないといけないなと感じています。その時には、通販の口コミなどで効果を確認するといいなと思いました。

種類を選べば、効果が期待できる顔痩せマスク

いつまでも綺麗でいたいと思うのは女性の願いでもあります。しかし、年齢を重ねると体も顔も変化してしまいます。

どんなに痩せていても10代と30代ではシャープさが違い、30代では丸みがでてきます。その丸みが女性らしさなのかもしれませんが、顔の丸みは別です。昔は、小顔と言われていたはずなのに、気づけば普通の大きさになってしまい、全体的にハリがなくたるんでしまいます。そのせいか、顔が大きく見えるのです。

また、むくみやすくなり、一日の顔の大きさも違いがあるように感じます。10代20代の顔太りは、体重が前後する事で変化しますが、30代からは体重の増減に関係なく顔太りが出てくるように感じます。その顔太りは何が原因かと考えても思い当たることはありません。

若いころから体重変わらず、暴飲暴食もせず、至って規則正しい生活をしている私でも顔が大きくなったのは感じます。強いて言えば「老い」が原因でしょうか。その老いに立ち向かうために、いろいろな化粧品を使い、パックも行います。今はたくさんのパックがあり、顔痩せパックも存在します。しかし、このパックは美容液がひたひたになっているパックではなく、使用中は人様には見せられないマスクです。

もし見られたら、顔をケガしたのかと勘違いされるかもしれませんね。一括りに顔痩せマスクといっても顔全体をマスクで覆い、顔をサウナ状態にして汗を出す事で顔痩せ効果を期待するマスクやベルト状になっていて寝ている間に顔を引き締めるマスクなどがあります。

サウナ状になるマスクは汗をかくので老廃物が排出される気分もあり、使用後はすっきりします。むくみが取れるので、顔痩せ効果はあり、即効性があると思います。ベルト状のマスクは就寝中に使用するものが多いのですが、私は苦手です。初日はやる気があるのでよいのですが、徐々に窮屈さを感じたり暑くなります。一番の欠点は私だけかもしれませんが、型がついてしまい、それがなかなか取れない事です。

年齢のせいか、ついた型はなかなか取れません。こちらのマスクはお蔵入りとなりました。人によっては効果があると思います。顔太りに悩んでいる方は、顔痩せマスクを試してみるといいかもしれません。

顔痩せマスクの小顔効果を持続させる方法

女性なら誰しもモデルのような小顔になりたいと考え、実際に小顔マッサージやダイエットと、何かしら実践されている方も多いと思います。そんな小顔願望を手軽に叶えられるのが顔痩せマスクです。最近では男性でも美意識の高まりと相まって小顔に憧れ、顔痩せマスクを使用している方もいます。

顔痩せマスクには発汗を促し、むくみを解消するタイプと、顔の歪みを矯正するタイプの二つがあります。個人的な見解ですが、より効果があるのは、矯正タイプだと思います。発汗タイプは、文字通り顔の血行促進効果を高め、それによる発汗作用で顔のむくみを取るので、むくんでいない方にはさほど効果は期待できません。

しかし血行促進効果で美肌効果を得られるメリットはあります。矯正タイプは、顔に引き締める圧力を受けることにより、小顔効果だけでなく、日常生活で蓄積された顔の歪みを正してくれる効果もあるので、女性だけでなく男性にもおススメです。また私は就寝時にも使用していますが、就寝時には口が開くのを強制的に抑えられるので、男性には嬉しいイビキ予防という隠れた効果もあります。

顔痩せマスクに小顔効果があるのは間違いありませんが、効果が一時的であり、長時間持続しないことが、使用者の最大の悩みではないでしょうか。残念ながら、小顔効果を持続させるには顔痩せマスクだけでは不可能です。というのも前述の通り、発汗作用も矯正効果もマスクを外せば、効果が失われるからです。

この事実を踏まえると、いかにマスク装着時の効果を最大限まで高められるかが、効果持続のカギをなります。私の場合は矯正タイプのマスクをしながら、ヨガや柔軟体操を行っています。顔の歪みだけを矯正しても、身体の歪みが直っていなければ、すぐ顔の歪みも生じてきます。

だからこそ顔だけでなく身体全体の歪みや疲労をケアできる運動を併用することにより、歪むまでの時間を延ばすことができるのです。その結果、小顔効果をより高め、持続時間を延ばせていると私は感じていますし、使用者にも試して頂きたいと思います。

執筆者について(安生太郎)