安生太郎安生太郎

ビットコインを購入しただけで満足していては、プロとして稼ぐことはできないと悟った私。

ビットコインの短期売買・トレードで稼げるプロを目指して元手1万円からスタートします。

ビットコインの短期売買・トレード。自分の中の大まかな枠組み・ルール・目標など

zaifを短期売買専用の口座とした。

仮想通貨を始めるにあたり、良くわからないままにコインチェック、ビットフライヤー、zaifの口座を開設しましたが、「ビットコインで稼ぐには?指値注文・成行注文が出来る仮想通貨の種類で取引所を比較することから。」でも書きましたように、zaifにはアルトコインの指値注文・成行注文の種類が豊富、現物取引の手数料がなんとマイナスなどの特徴があります。

よって、zaifを短期売買専用の口座としました。

まずはBTC/JPYに徹底的に向き合ってみる。

ビットコインと円

zaifがアルトコインの指値注文・成行注文の種類が豊富であると書きましたが、まずは、BTC/JPYだけの取引をしようと思います。

仮想通貨を見ていると、現状、ビットコインは仮想通貨の王様的なポジションにあり、ビットコインの流れを読めるようになれば、アルトコインでもその経験は応用できるのかなと思いまして。

ビットコインは仮想通貨の中でも王様的ポジションということで、価値がゼロになるリスクは知名度の低いアルトコインよりも少ないはず。ゆえに、下がっている時も我慢しやすいのかなという理由もあります。

まずは、ビットコインのトレードから入ろうということです。

1万円をどこまで増やすことができるか?

1万円

zaifは口座開設してから放置していましたが、今日、1万円を入金しました。

この1万円をBTC/JPYにてコツコツ増やしていこうと考えています。

少額でもいいから利益を出す、それを積み重ねる、データを蓄積させる。

売買データ

まずは、少額でもいいから利益を出すことを目指します。単純に考えれば、

元手が1万円で500円/日の利益を出せるなら元手10万円なら5,000円/日、元手100万円なら50,000円/日の利益が出せるということになりますよね。

まずは、元手1万円のみで日々500円くらいの利益をめどに取引していきます。

それをどれくらい続けられるか?プラスで取引を終える事が出来る確率はどれくらいかを数か月トレードしてみて把握してみる予定です。

出来ればその日のうちに、長くても3日までに利確する。

その日その日で…トレード毎で区切って戦績を出して平均値を見ていかないと、プロとしてお金を稼ぐことが出来ず、中途半端な長期投資になってしまいます。

キチンと日々トレードで戦って結果を確定させてデータを取ります。

レバレッジを利かせての取引は今のところは考えないでおく。

レバレッジを利かせた取引に色々なメリットがあるのはわかりますが、

  • 現状、損切り・ロスカットに関して理解しきれていないということ
  • 現状、高騰、急落に対してレバレッジを利かせている場合の対応策に理解が及んでいないということ
  • 現物取引で着実に勝ちを積み上げる戦法に今は希望を持っている

などの理由でしばらくは現物取引のみでチャレンジします。

まずは、副業としてあてに出来るレベルを目指す

副業

相場初心者の私が仮想通貨取引をしている人たちを見て思ったのは、

  • 皆さん相場に慣れてて詳しい頭の良い人たちなんだなぁ。
  • 皆さん億だなんだ言ってて凄いし、言ってることも自分にはチンプンカンプンだな。

などです。

だけども、まずは地に足を付けて、一つづつ自分で理解して、自分で経験して進んでいけば、自分が目指すトレードを自分が許容できるリスクの範囲で出来るようになるのではと考えています。

仮想通貨でけた違いの話している人に対する羨ましい気持ちはもちろんありますが、

  • まずは副業としてあてに出来るレベルのトレーダー(月5~10万円くらいは稼げる)を目指す。
  • 続いてトレードだけでも生活できなくはないレベル(月20~40万円くらいは稼げる)を目指す。

当面のゴール、目標、予定

個人的な内情も含めの話になりますが、まずは、

zaifの個人口座1万円を2~3か月で

  • 1万円をどれだけに増やせるか?
  • 日々の稼ぎのアベレージはどれくらい出せるか?

を見ることから始めます。

仮にこれがうまくいってめどが立てば、法人口座を開設して、そちらで元手10万円、あるいは元手100万円くらいでの現物取引にステップアップさせようかなと。

元手が10万円になるか100万円になるかは本業次第ですね…。

先述してますが、

元手が1万円で500円/日の利益を出せるなら元手10万円なら5,000円/日、元手100万円なら50,000円/日の利益が出せる…。

ということであれば、私レベルの規模でしたら、十分すぎるくらいありがたい話でございまして。まずは、ここを一旦のゴールとしようかと。

色々、不測の事態、想定外の事態はあるかと思いますが、今のところ、1万円がどうなるか…に限った話…

仮に1万円を50万円に増やした後に消し飛んでしまうようなことがあったとしても(非常に考えにくい最悪の事態ですが)、覚悟して捨てた1万円がなくなったに過ぎません。私の中では。まずはやってみないと…ですね。

現状、絵にかいた餅感が半端ないですが、これを基本線に実際にビットコインのデイトレードを今日から始めます。

元手1万円でビットコインの短期売買・デイトレード開始!

ということでここからは、元手1万円で始めたビットコインの短期売買・デイトレードの記録です。

初めての指値注文・成行注文

仮想通貨の短期売買をするにあたり、大袈裟ですが、私にとって最初のハードルは、指値注文・成行注文。

今までは取引所から購入していただけでした。長期的な投資ならそれでいいと思いますが、今回私がチャレンジするのは、最終的には日々の稼ぎとしてあてに出来るレベルのトレーダーになること。

そのためには、指値注文・成行注文は必須ですからね。

zaifで現物買いの成行注文(BTC/JPY)

zaifで現物買いの成行注文(BTC/JPY)

zaifにログイン後、右上にある「取引」タブをクリックしたら表示される画面の右上あたりに出てくるのがこちら。

  1. 現物買いタブを選択→成行を選択。
  2. 使用残高のタブをクリックすると、100%、50%、30%、10%と表示されるので、その中から50%を選択しました。

1万円を入金しただけの状態。50%を選択するとその保有している日本円の約半分の数値が自動で表示されます。

  • 概算約定代金(JPY)は4955.727と自動で表示。ほぼ1万円の半額ですよね。
  • 買いたい量(BTC)は0.0042と自動で表示。4955.727円で買えるビットコインの量を表しています。
  • 1BTCの価格(JPY)は1179935と自動で表示。チャートと同値です。

私が現在保有している日本円の約半分4955.727円で、現在の相場1179935円/1BTCにて、0.0042BTCを買います(成行注文)。という状態。買い注文ボタンを押せば、成行注文完了です。

成行注文は、自分が価格に納得して注文するので、基本的に買い注文ボタンを押せばすぐに約定します。

zaifで現物買いの成行注文(BTC/JPY)の取引履歴

こちらは取引履歴。1BTCの価格(JPY)1179805円の時に、0.0042BTC買ったという風に履歴が残ってます。1BTCの価格(JPY)が最初の説明時の価格と違うのは、買い注文ボタンを押すのが少し遅れたからです。

相場は常に動いていますから。

zaifで現物買いの指値注文&リミット売り(BTC/JPY)

zaifで現物買いの指値注文&リミット売り(BTC/JPY)

  1. 現物買いタブを選択→指値を選択。
  2. 使用残高のタブをクリックすると、100%、50%、30%、10%と表示されるので、その中から10%を選択しました。
  • この時、1万円のうち、半額の5千円をビットコインに交換済でしたので、日本円は約5千円しかありませんでした。その10%なので約10%である概算約定代金(JPY)に464が自動で表示された。
  • 買いたい量(BTC)は0.0004と自動で表示。464円で買えるビットコインの量を表しています。「1BTCが1,160,000になったら464円で0.004BTC買います。」ということです。
  • 1BTCの価格(JPY)は1,160,000と自ら入力。これが指値です。
  • 指値の時はリミット売り(JPY)の欄に入力することができます(任意)。これは凄く便利。図では1,300,000と入力してあります。これは私が入力しました。「1BTCが1,160,000になって464円で購入した0.004BTCを、1BTCが1,300,000になったら(自動で)売ります。」ということです。

リミット売りは凄く便利ですね。現物取引においてこれなら、基本的には損することがありませんよね。

とはいえ、買ってから下がり続け、リミット売りの値にいつまで経っても届かなければ、ひたすら待つ(ガチホ)か、損切りするかの二択になりますけどね。

とりあえず私が戦略として予定しているのはそのビットコインはガチホして、新たなに別の取引を新たに開始するという方法。これなら、

  • 新たな取引は下がった相場の中で利益を出すトレードに挑戦することができます。
  • ガチホした分は儲けが出るまで売らなければ損することはありません。難しいなと思ったらリミット変更することができますので、取引がイーブンとなるくらいにまで数値を下げるなどすることもできます。

買い注文ボタンを押せば現物買い指値注文は完了します。指値注文なので、私が指定した相場(1BTCの価格1,160,000円)にならないと注文は確定(約定)しません。

未約定注文一覧

指値になるまではこのように未約定注文一覧に表示されます。

zaifで現物売りの成行注文(BTC/JPY)
  1. 現物売りタブを選択→成行を選択。
  2. 使用残高のタブをクリックすると、100%、50%、30%、10%と表示されるので、その中から100%を選択しました。

zaifで現物売りの成行注文(BTC/JPY)

  • 売りたい量(BTC)の欄には今現在持っているビットコインのうち、成行売りができる0.0042BTCが表示されます。もう一口の0.0004BTCはリミット売りを設定しているので除外されています。
  • 概算約定代金(JPY)には今の相場での0.0042BTCのJPY換算価格、4935.126が自動で表示されます。今売ると損しますね(笑)。
  • 1BTCの価格(JPY)の欄には今の相場が自動で表示されます。1175030と表示されてます。

これは参考までにいじってみただけで今は売り注文は出しません。

zaifで現物売りの指値注文(BTC/JPY)
  1. 現物売りタブを選択→指値を選択。
  2. 使用残高のタブをクリックすると、100%、50%、30%、10%と表示されるので、その中から50%を選択しました。

zaifで現物売りの指値注文(BTC/JPY)

  • 売りたい量(BTC)の欄には今現在持っているビットコインのうち、指値売りができる0.0042BTCの半分の0.0042BTCが表示されます。もう一口の0.0004BTCはリミット売りを設定しているので除外されています。
  • 1BTCの価格(JPY)の欄は、私が指定します(指値)。
  • 約定代金(JPY)は指定する1BTCの価格(JPY)に応じて自動で表示されます。
  • リミット買い(JPY)はリミット売りの逆です。

これも参考までにいじってみただけで今は売り注文は出しません。

初日(2018.01.23)

1万円を入金した後、上述の「初めての指値注文・成行注文」で紹介させていただいた取引をしました。

zaifchumon7

現地点では

  • 0.0004BTCはリミット売りを設定している。
  • 0.0042BTCは1BTCが1,179,805円より高い時に売れば儲けとなる。

という状況。

リミット売りは便利ですけど、高騰し続けているに自動で売っちゃうとややモヤモヤしたものが残るようにも思いますね…。まぁ、これはこれで戦略の一つとして素晴らしく便利で使える機能ですが。

まだ、初めての取引ですから、今回は、マメに相場をチェックして儲けを出せるように頑張ります。

しかし、値が下がっていたと思っていた2018.01.23早朝にBTCを購入したが、2018.01.23の14:45現在、結局、朝とあんまり値段が変わっていないという…ま、しばらく様子を見ます。

安生太郎安生太郎

こちらで取引は随時報告していきますのでよろしくお願いします。

1万円をどこまで増やせるのか…注目していただけると嬉しいです。

ビットコイントレード2018.01.26現在

ビットコイントレード2018.01.26現在
収支をわかりやすくなるように、売りと買いは1セットとなるように取引することにした。

現状、2セットの取引をし、1セット分ビットコインを購入して売るタイミングを待っている状況。

画像は取引履歴だが、売りと買いのセットは丸の色で統一してある。細丸は買い、太丸は売り。

  • 1回目(赤丸)のトレードでzaifならではの手数料ボーナスを含め円換算で約242円のプラス。
  • 2回目(青丸)のトレードでzaifならではの手数料ボーナスを含め円換算で約252円のプラス。

赤丸は約5,000円分のトレード、青丸は、入金した1万円分全額でのトレード。ややこしいから今後は全て全額でのトレードをすることにする。

これが10万円での取引だったら…100万円での取引だったら…と思うと、今のところ私が考えていること、想定していることは間違っていないなと。

ある一定の価格帯での値動きの中でのデイトレードならばやれそうだ。とりあえずは2か月ほんとにそうなのか検証する必要はありますが。

もし、それが問題なかったとしても心配なことはあります。それは、価格帯を大幅に変更させるような暴落の時にどうするかだ。

現在、120万~130万/1BTCくらいの状況でゆらゆらしているが、これがもし、どんどん下がり、50万~60万/1BTCくらいにまで落ちていったら…日々トレードしているならば、ビットコインを120万~130万/1BTCくらいで保持していることだって考えられる。

この場合、暴落の一途であれば、保持しているビットコインで稼ぐことはできなくなるということだ。

とりあえず今のところ考えているのは、

  1. デイトレード用に別の取引所で口座を新たに開設し、そこで、下げの底周辺で、ビットコインを購入して、再びデイトレードを開始する。これまでと同じように日々トレードする。
  2. 今までのzaifのビットコインはガチホして放置する。

という感じですかね。2.は、状況によりますが、プラスマイナスゼロになる価格で指値注文しておいて寝かしておくってのもいいかもしれないですね…。ただ、明らかに高騰しててアゲアゲの時だとちょっと悩みますが…。

ただ、デイトレーダーとして、日々生活費を稼ぐということをメインで考えるなら、日々のトレードでの稼ぎだけをあてにして、それ以外では欲をかかずに、損しないことを最優先に考えるべきのようにも思えますね…。

不意にドカンと儲かっちゃってそれを利確すると税金などの計算や対策も大変ですし。

※トレードに関しては、別でエクセルで管理しています。税務上どういう風に管理すべきかは、法人でお世話になっている税理士さんと経理してもらっている妻との間で話あってもらいますが、私個人では別でエクセル管理をしているということ。いくら儲かって、今月はいくら稼いだ…。そういうのをキチンと区切っていくことが大事というかわかりやすいですよね。でないと、含み益で儲かったと喜んでいるだけで、結局、手もとが潤うことにはなりませんからね。

仮想通貨はじめの一歩はこの3つの人気取引所の口座開設から。

3社とも、簡単な入力と身分証等を写メで撮影してアップロードするだけ。

後は、本人確認ハガキを待つだけ。5分ほどで登録完了します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

執筆者について(安生太郎)