安生太郎安生太郎

ビットコインのことが気になっている人が何に気になっているのかといえば…

ビットコインは儲かるのか?

ということですよね。儲かるのか?…というのは、

  • (働かないでもたくさん)稼げるのか?
  • 損することなく儲かるのか?

まだ、ビットコイン取引をしたことがない人が思い浮かぶのはこのような純粋且つ単純な疑問だと思います。

ご存知だとは思いますが、ビットコインの取引は当然元本保証ではありませんので、損をする可能性はあります。

とはいえ、逆に得する可能性がある、(大きく)儲かる可能性があるのもまた事実。

今回は、「ビットコインは儲かるのか?」について具体的な例や、その特徴(株、FX等他の儲け話との比較)について解説していきます。

ビットコイン(仮想通貨)ゆえのメリット

ビットコイン(仮想通貨)の最大の特徴は、

”新しいモノゆえに、価値(適正価格)について誰もわからない。だから大きく上がることもあるし逆もしかり。”

ということです。儲けたい人が投資する対象としては、ビットコイン(仮想通貨)以外にも色々ありますよね。例えば

金、銀、プラチナなどの現物

金

ビットコイン(仮想通貨)に比べれば歴史があり、また、仮想ではなく現物。相場は当然変動しますが、歴史が長い分、相場の振れ幅は少ないです。

だからこそ、値下がりしにくいというメリットがあるとも言え、資産として手堅く保持しておきたいという人を中心にニーズがあります。

株

株は、安定した大きい企業の株ならば、安定感はありますが反面、ハイリターンは望めません。

逆にそうではない企業の株の場合、ハイリターンを望めますがハイリスクでもあります。

会社は、経営陣と株主にその存亡がかかっていますので、それらが良いものかどうか見分ける事が出来なければハイリターンを得る事は難しいといえます。

たくさんある上場企業、どんどん設立される企業の中で、どの会社が来るか?どの会社の経営陣が素晴らしいかなど、無名の会社の中から見分けるのは中々の達人、その業界に詳しい人でないと難しいです。

また、会社は、資金繰りをミスればどんなに素晴らしいビジョンを持っている会社でも倒産しちゃいますから。

私のように、外から片手間で投資を始めてあわよくば儲けたいと考えている人にとっては、株はハードルが高い取引だといえます。

為替(FX)

fx

わかりやすく言えば、仮想ではない通貨の取引。USDなどお馴染みの通貨は金、銀、プラチナなどに似た傾向があるといえます。

メジャーな外貨の外貨預金の場合は、長期保有しているだけで大儲けできるということはありません。

マイナーな外貨に関しては長期保有していることで大儲けできる可能性もありますが、マイナーゆえに取引が面倒であったり、国家の管理下にある通貨をやり取りするがゆえに、マイナーな通貨ごとに面倒くさいルールがあることも。

株と同様に、私のように外から片手間で投資を始めてあわよくば儲けようと考えている人にとっては、ハードルが高い取引だといえます。

そういった面倒くささ、煩わしさがなく、かつハイリターンが望めるということで、人気なのがFX(外国為替証拠金取引)です。

FXはレバレッジを利かせる事が出来ます。レバレッジ10倍でトレードすれば10万円の元手でも100万円手元にあるのと同様の取引ができてしまいます。この仕組み故、値動きが少ない案件であったとしても短期で上手にトレードすれば、大きく儲ける事が出来るのです。

ですから、ハイリターンが望めます。しかし…当然その分リスクも同等。更には、ロスカットという仕組みもありますので注意が必要です。

私は、周囲がFXで盛り上がっていても、FXをやろうという気にはなれませんでした。

レバレッジを利かせての取引をどうしても納得することができなかったです。それでも、リスクを納得してでも大きく儲けたいという人がいるのは事実ですね…。私には理解できませんが。

ビットコイン(仮想通貨)

ビットコイン(仮想通貨)

仮想通貨にはビットコインという代表的なモノの他にも、アルトコインというビットコイン以外のモノがあります。

短期的に見ると、仮想通貨の王様ともいえるビットコインの価格はある一定レベルで安定しているのかな?という風に見えてしまうかもしれませんが、数年レベルで見ると、決して安定しているわけではありません。

  1. 2009年10月にビットコインが初めて法定通貨と取引された。

  2. 2012年10月の地点で893円/BTC。

  3. 2013年11月の地点で121,521円/BTC。

  4. 2013年11月をピークに一旦暴落。

  5. 2017年1月に2013年11月以来の最高値をマーク。

  6. 2018年1月15日現在では1,699,710円/BTC。

《参照》 Bitcoin日本語情報サイト>ビットコインの解説>ビットコインの歴史と価格推移

ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインに関しても同様に、安定感があるとは言えません。これこそが、仮想通貨、ビットコインが儲かる、チャンスがあると言われる所以です。

5年、10年くらいのスパンで見ると、ビットコインをはじめとして全ての仮想通貨が激しく値を動かすのです。

もし、2012年10月の地点でビットコインを100BTC購入していたとしたら…89,300円で購入できたのです。この時には。

2018年1月15日までそれを保有し続け、このタイミングで全てのビットコインを日本円にすれば169,971,000円!…10万円が1億6千9百97万千円になっていたということなのです。

ここまで値が動くものが、他にありますか?という話なんですよね。

  • ビットコイン自体、5年10年スパンで見ればまだ値上がりするかもしれない!
  • ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインで、急激に伸びてくる今はまだマイナーなものがあるかもしれない…。それを掴みたい!

このビビりな私でも、ザワザワせずにはいられない。

多少のリスクを追ってでも、その多少のリスクで大金を手にできるチャンスがあるのならばやってみたい…それがビットコイン(仮想通貨)なのです。

まだ仮想通貨自体、歴史は浅いですから、10万円が1億円…あるいはそれ以上になる…あり得ない話ではないですよね。

そして、10万円、人によっては100万円、もしくはそれ以上…リスクを承知でも仮想通貨に賭けてみたい…そう思う人がいるのも納得です。

私自身、そういった事情を踏まえて、株にもFXにも見向きもしなかったのに、ビットコイン(仮想通貨)には初めて手を出したという経緯があります。

ちなみに…仮想通貨にも証拠金取引はあります。私はしないということですが…。

ここ一年での仮想通貨の価値の推移(コインチェック取り扱い仮想通貨)

本記事を執筆しているのは2018年1月15日ですが…ここで、コインチェックさんで取り扱っている仮想通貨のここ一年の価値の推移を見てみましょう。

ビットコイン2017年1月15日~2018年1月15日の相場 イーサ2017年1月15日~2018年1月15日の相場

イーサ クラシック2017年1月15日~2018年1月15日の相場 リスク2017年1月15日~2018年1月15日の相場

ファクトム2017年1月15日~2018年1月15日の相場 モネロ2017年1月15日~2018年1月15日の相場

オーガー2017年1月15日~2018年1月15日の相場 リップル2017年1月15日~2018年1月15日の相場

ジーキャッシュ2017年1月15日~2018年1月15日の相場 ネム2017年1月15日~2018年1月15日の相場

ライトコイン2017年1月15日~2018年1月15日の相場 ダッシュ2017年1月15日~2018年1月15日の相場

ビットコイン キャッシュ2017年1月15日~2018年1月15日の相場

どれも、2017年11月頃から急上昇しているのが見て取れます。この急上昇の前から仮想通貨を持っていた人、急上昇の前、周囲が若干ざわざわし始めた段階で素早く仮想通貨を購入し始めた人は儲かったということです。

ビットコインと言えど、まだまだ値段は上がるのかもしれません。どうなるのかはわかりませんが、一攫千金ということを考えると、ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインの方が、今は魅力的だと感じる人も多いかもしれません。

かつてのビットコイン、有名アルトコインのようなことが別のマイナーなコインであるならば、自分だって少額で夢が見れるのではないかと…そう思うのは自然の流れ。

どんなサービスにも生き残りの戦いがあるように、仮想通貨にもそれはあります。各仮想通貨が、快適なシステム、便利なサービスをリリースすることで、生き残ろうとします。特にマイナーな仮想通貨に関しては、その方針を見比べ、見極めた上で購入する必要性が高いです。

ビットコイン以外にはどのような仮想通貨があるのか?各取引所ごとに、取り扱っている仮想通貨を整理してみましょう。

取引所ごとに取り扱っている仮想通貨一覧

コインチェック(→公式サイト)【13種類】

  • BTC(Bitcoin)(ビットコイン)
  • ETH(Ethereum)(イーサ)
  • ETC(Ethereum Classic)(イーサ クラシック)
  • LISK(Lisk)(リスク)
  • FCT(Factom)(ファクトム)
  • XMR(Monero)(モネロ)
  • REP(Augur)(オーガー)
  • XRP(Ripple)(リップル)
  • ZEC(Zcash)(ジーキャッシュ)
  • XEM(NEM)(ネム)
  • LTC(Litecoin)(ライトコイン)
  • DASH(Dash)(ダッシュ)
  • BCH(Bitcoin Cash)(ビットコイン キャッシュ)

ビットフライヤー(→公式サイト)【6種類】

  • BTC(Bitcoin)(ビットコイン)
  • ETH(Ethereum)(イーサ)
  • ETC(Ethereum Classic)(イーサ クラシック)
  • LTC(Litecoin)(ライトコイン)
  • BCH(Bitcoin Cash)(ビットコイン キャッシュ)
  • MONA(モナ)

ザイフ(→公式サイト)【8種類】

  • BTC(Bitcoin)(ビットコイン)
  • ETH(Ethereum)(イーサ)
  • XEM(NEM)(ゼム・ネム)
  • MONA(モナ)
  • BCH(Bitcoin Cash)(ビットコイン キャッシュ)
  • Counterpartyトークン
  • ERC20トークン
  • Mosaic(モザイク)

取り扱い仮想通貨の数は、この人気取引所3社の中ではコインチェック(安全が確認されるまで非推奨です。)さんが今のところ一番多いですね。感覚的なものですが、私自身、コインチェックさんの管理画面が一番とっつきやすかったので、主に今は仮想通貨といえば、コインチェックさんをいじくっていることが多いですね…。

ビットフライヤーzaifの特徴、良さも理解して使いこなせるように少しづつ、レベルアップさせていかねばと思っているところです…。

ビットコインで儲かった、ビットコインが熱いと盛り上がっている人の仕組み、儲かった要因。

どのタイミングで参入したか?

タイミング

仮想通貨を始めました…とか仮想通貨が面白い…などの呟きを私がツイッターで私が見るようになったのは、2017年の10月頃だったと記憶しています。

最初は、胡散臭いという気持ちが先行していました。FXにも先物取引にも株にも興味を示さず、今まで取り組もうと思ったことがない私なので当然といえば当然でした。

ですが、それが、分かれ目の一つ。

FX、先物取引、株に馴染みがあって、新しいことに興味を持って目を向ける人ならば、ツイッターで誰かが呟きだした段階で、自分で興味を持ってリサーチし、その可能性にワクワク感を覚えて速効でいくらか仮想通貨を購入しています。

そういう人は、2017年の11月、12月の高騰で物凄い儲ける事が出来たということになります。

私は、今回の高騰に関しては、一般的に盛り上がった段階での参入でしたのでやや遅かった感は否めません。

  • チャンスは待ってくれない。
  • 一般的多数が興味を持ち始めた頃に動き出していては、大きく稼ぐチャンスを逃しているといえる。

今回、私は深く心に刻みました。

ある程度自由になるお金があった人

お金

私は、自営業でして、家族もいまして、家のローンもありまして…。お金については常に余裕がない気持ちを抱いています。

隣の芝生は青く見える的な話かもしれませんが、

独身貴族の会社員が2017年10月の段階で「ふ~ん、面白そうじゃん!!」と500万くらい軽い気持ちで仮想通貨に換えていたら…

かなり羨ましいことになっていますよね…。

ある程度自由にできるお金がないと折角の大チャンスも指をくわえてみていないといけません。

私の場合は…指を咥えてみていたわけですが…どうにも我慢できなくなり…色々思慮を巡らし、

まずはお小遣いの中から一定額を半強制的に仮想通貨に換えていこう。まずはそこからスタートさせよう。

となりました。5年10年…大きなチャンスが再び訪れることを信じて、自らを磨いていこうと考えているところです。

FX、株などでのトレード経験のある歴戦の猛者たち。

凄腕トレーダー

こういう人たちは私のように、トレードにネガティブなイメージはなく、「扱うモノが違うだけで基本同じでしょ。」という感覚でスムーズに入っていけます。

興味を持った段階で、ポンっと参入するので、一般的な注目が集まる前に参入して儲ける事が出来た人はたくさんいるでしょうね。

また、FX、株などの経験のある人からすると、今のところ、仮想通貨のトレードは凄くシンプルでわかりやすく簡単らしいです。

業界が成熟してくると、凄腕のトレーダーがFXや株のように裏の裏をかいて行動しだして、より複雑に相場が読みにくいものになっていくらしいです。

「仮想通貨…めちゃわかりやすいじゃん!楽勝じゃん!儲かるわこれ!!」

みたいな歴戦の猛者たちは一定数いるでしょう。

ただし、こういった歴戦の猛者たちは、これまでの経験から情報収集能力、情報の取捨選択能力が洗練されています。また、相場観も同様です。

プロ野球の選手が、高校野球に飛び入り参加して無双(短期トレード・仮想通貨証拠金取引も含む)しているようなものなのかなと想像できます。

私のような相場初心者は、とりあえず、無くなっても納得できるだけのお金を仮想通貨に換えて…そこから勉強・経験していくしかないですね。

安生太郎安生太郎

私のように多くの人が注目しだしてからようやく重い腰を上げているようでは、これからも大きく儲けることはできないかもしれません。

一連の儲かった人のニュアンスを見ると、結果として仮想通貨に素早く参入しています。

そして、FX、株などの経験者は、やることが似ているため順応が早く、さらには、仮想通貨の相場自体がまだ成熟しておらずわかりやすいので儲けやすいと…。

現地点で、初心者な私にはどうすることもできません。

今のうちに参入しておいて、次のチャンスまでにレベルをあげて待ちます。勿論、自分が許容できる以上のリスクを負うつもりはありませんけど。

「ビットコインは儲かる。」の言葉の裏にある忘れちゃいけない、利確のこと、税金のこと」

含み益で儲かったと言っている場合

ビットコインと日本円

「ビットコインは儲かる。」と人に言われた時、その人は具体的にどのような状態にあるかをまじまじと想像することが大事です。例えば、

Aさん「1,000万円を全額ビットコインに換えたら、半年後に5,000万円になったよ。」

こんな風に知り合いに言われたとします(というかほぼ同じことを知り合いに言われました)。

このように言われたら、「4,000万円も何もしないで儲かったのかぁ…いいなぁ。」と思うでしょう。しかし、4,000万円手元にポンと渡されてたわけではないことを理解する必要があります。

5,000万円になっているこのタイミングで日本円に換えて利確しないと4000万円の儲けは確定しません。相場があります。その後、ビットコインの価値が大暴落したとしたら、その時には、4,000万儲かったとはなりません。

儲かっている時は、もっと上がるんじゃないか?という気持ちがあるので、バッサリ利確するのは難しいみたいです。これは初心者の私でも想像できます。

迷ったら、半分残して半分利確するのが良いよと誰かが言ってましたが…なるほどなと思いました。ま、テクニックの一つですね。

Aさんのように、4,000万円含み益で儲かったと言っている場合、Aさん次第で、その後そのお金がどうなるかが不透明です。

そんなAさんをただただ羨ましがるのは、かなり浅はかなので注意すべきですね。

税金のこと

税務署

儲かったらそれだけ納税の義務があります。仮想通貨の納税のルールに関してはここでは詳しく書きませんが、雑所得として税金を納めるとすると、4,000万円を超える儲けの場合は、税率45%なので、4,000万円の儲けで利確すれば、1,800万円の税金を納めなければならないということになります。

参照 No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

安生太郎安生太郎

税金、含み益、利確…これらをどのように捉え、扱い、更には先が不透明な相場をどのように乗り越えていくか…ビットコインで利益を出し続け、プロトレーダーとして生活していくのはものすごく大変そうです…。

現状、私の場合は、短期でトレードしたり、証拠金取引をするつもりはなく、手持ちのお金をビットコインをはじめとする仮想通貨に換えていきつつ、仮想通貨の未来に期待している状態ですので、難しいことはありませんが…。

後3か月くらいでせめて、専業トレーダーの話を聞いて理解できるくらいにはなっておきたいですね。

ビットコインの難しさ?有名人の一例

2017年のビットコイン盛り上がりのずっと前から、ビットコインを購入していた有名人がいます。

平成ノブシコブシの吉村崇さん

5日のラジオで吉村崇が仮想通貨「ビットコイン」に手を出していると告白
「購入した直後くらいから値下がりしはじめちゃって」と明かした
最初の投資金が100万円で、現在の損失は10万円に上るという

購入当時1BTCが5万円で、買ってすぐに、4万5千円くらいに落ちたから…100万円分買っていたから10万円の損失…といった具合のようですね。

10万円の含み損の地点で売ってしまったのか…。2017年12月のピーク時には1BTC210万円を超えましたから…その時にまだ保有していて売ったとしたら…結局どうなのかは本人のみぞ知るところか…

ロンブー田村淳さん

ビットコインの大手取引仲介会社が26日、取引停止の声明を発表した
ロンブー・田村淳はTwitter上で「俺のビットコインどうなるんだろう..」と投稿
淳は先日、10万円を用意していくらかビットコインを購入したようだ

2014年2月の話なのが凄いですよね…。最近は、大学受験を目指していたり、向上心が凄いなぁと驚いているといいますか尊敬していたりします…。

淳さんに落ち度がなくても、こういうことが起きてしまうから、怖いですよね…。

ビットコイン交換所だった「Mt. Gox」の引き出しが停止になった
関係者は、「同社は破産予定と私的な話し合いで認めた」と語っている
また同社の本社は渋谷だが、日本の金融当局は一切介入も救済もしないとしている

ビットコインは儲かる?行動しないとチャンスすら掴めない。

チャンス

私自身、あらゆる仮想通貨のリスクについては、以下の記事に書かせていただいています。

参照 ビットコインは大損しない?借金しない?ビットコインのリスクを想定してみた。

あらゆるネガティブなことを全面的に想像して、怖いからとチャンスに蓋をしてしまうのは勿体ないなと私は考えます。

  • 吉村さんは、もし●●していれば大儲けできていた、もし■■だったならば大儲けできていた。
  • 淳さんは、もし●●していれば大儲けできていた、もし■■だったならば大儲けできていた。

人生たらればを言い出したらきりがありませんが、吉村さんも、淳さんも最終的にどうなったのかははっきりとはわかりませんが”行動したが故に”大きなチャンスを掴んでいたことは間違いありません。

ただ、すべてが都合よくつながるとは限りません。自分に非があるなしにかかわらず。そこが難しいところですね。

一方でこんな人もいます。

…コッホさんが27ドルはたいて買った5000 Bitcoinは今や価値が1,010,000ドルにまで跳ね上がってます。投資経験ゼロの苦学生にしては上出来ではないですか。…

驚くべきはこの記事、2013年10月30日の記事なんですよ。…当時で…それで儲けた記事になってる今なら…この当時、おそらく、ビットコインが1BTC200万円を突破することになるなど予想できていた人はまずいなかったはず。

こんな人もいますが…ロジャー・バー

At $1,000, Ver regards bitcoin as “incredibly cheap,” noting that if it gains in popularity as he anticipates, each bitcoin would be worth tens or hundreds of thousands of dollars.

これは2013年12月の記事。この地点で1BTC10万円は安すぎる、1BTC100万円、1BTC1000万円と価値は上がっていくとの旨の発言を2013年の地点でしているんですよね…。

安生太郎安生太郎

とりあえず言えるのは儲かってるとホクホクしてる人を仮想通貨を買うことなく、知ることなくただ羨ましく思うのだけは避けたほうが良いです。

リスクについてしっかりと理解した上で、チャンスをつかむ、夢を見るのは悪いことだとは思いません。

参照 ビットコインは大損しない?借金しない?ビットコインのリスクを想定してみた。

実際私もまだ少額ではありますが、ビットコイン、アルトコインを10種類以上購入していて、チャンスを掴んだ一人です。

羨ましいなというイライラモヤモヤした気持ちは消え、ワクワク感だけが今、私の心を支配しています。

仮想通貨はじめの一歩はこの3つの人気取引所の口座開設から。

3社とも、簡単な入力と身分証等を写メで撮影してアップロードするだけ。

後は、本人確認ハガキを待つだけ。5分ほどで登録完了します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

執筆者について(安生太郎)