目次

未経験でもシステムエンジニア職に就けるか?

今の世の中転職は当たり前のように、結構一度は転職経験がある人が多いですね。

転職するにあたって、今までと同じ業種がいいのか、別業種に行くか・・・と悩むところですね。

でも若いうちは異業種でもチャレンジ精神があるので乗り切れると思う。歳を重ねるとそのパワーもなくなるし、転職先も未経験でその年齢だとちょっとと敬遠されちゃうときもあるからね。

若さってある意味武器になるので、異業種でもじゃんじゃんチャレンジしてほしいです。

パソコン必須の世の中、システムエンジニアやネットワークエンジニアって人材不足なんですよね。だから未経験でもやる気がある人は採用されています。

だけど未経験だとどんなことをアピールしたらいいかとか・・・履歴書にはどんなことを書いたらいいのかとか全くわかんないよね。

そんな時に役立つのが、転職支援サービスなんだよね。

ただどこのサービスでもいいかと言ったら大間違い!

エンジニアへの転職であれば、IT・WEB業界専門の所がよいのです。だって一般的な転職支援サービスだと、担当者が転職については詳しくても専門知識に疎いので全然力になりません。

そこで・・・エンジニア職の転職を考えている場合には、レバレジーズテックがオススメ。

IT・WEB業界だけを扱っているのでサポート担当者も詳しい!だから履歴書の書き方、アピールポイントなんかも丁寧に教えてくれるよ!

未経験でもエンジニアになりたい人は是非登録してみて!

se未経験からseにチャレンジできる!se求人サイトランキング

1位:レバテックキャリア

ITエンジニア専門の転職エージェントです。

業界知識や経験よりもポテンシャル重視なエージェントなので、無資格でも未経験でも活躍の場を与えてくれます

大手は経験重視が多いし、仕事を紹介してくれているだけの機械的な対応だったりします。

またIT系の仕事は、いろんな業種の中の一つだけであって、幅広い種類の求人を扱っている所だと、担当者に専門知識がない場合もよくある為、

自分がやりたいことを伝えても担当者には分かってもらえません。

ところが、レバテックキャリアの担当者は専門知識も勉強しているので自分の要望、自分の経験などもしっかりわかってくれます

だから自分の希望にあう仕事をピンポイントに紹介してくれます。

また直接現場の人から情報を得るので、よりきめ細やかな情報を知ることが出来ます。

初心者にもうれしい履歴書や各種書類の書き方も的確にアドバイスしてくれるのでとても安心できます。その結果、書類通過率も高く、更に内定率も他社より高いです。

また、仕事が決まってからのアフターフォローもしっかりしていているので、紹介しっぱなしではありません!

IT系専門に特化していて、求人は非公開案件ばかり。特に関東圏は求人が業界トップレベルの豊富さです。
SE初心者、SE未経験の人には、担当者が親身になってくれるレバテックキャリアがオススメです

2位:WORKPORT

IT・ゲーム業界専門の転職エージェントです。担当の転職コンシェルジュがついて仕事を紹介してくれる。

希望すれば書類作成のアドバイスをしてもらえます。IT・ゲーム業界専門なので、求人数は豊富です。

経験者向けの仕事が豊富なので、経験がある方にはいいと思います。

3位:メイテックネクスト

モノづくり系エンジニア専門の転職エージェントです。非公開求人、独占求人が多数あります。

また、エンジニアと一言に言っても、いろんな分野がありますよね、そこで分野別にコンサルタントが分かれているので、ここは他社とは違うところですね。

東京本社と関西支社だけですが、全国にも求人はあるようです。

4位:IT転職ナビ

IT・インターネット・ゲーム業界の求人・転職サイトです。

求人数は多いですが、転職サイトなので自分自身で動いて活動しないといけないので、経験者が有利となるでしょう。

5位:ワークタンク

ITベンチャー企業の求人転職サイトです。大手企業の求人ではなく、ベンチャー企業の求人を中心に掲載しています。

自己アピールが必須となりますので、未経験よりは経験者の方が有利となるでしょう。

6位:IT求人ナビ

フリーエンジニアの営業を支援するサービスです。圧倒的なスピード対応が最大の売りになっています。

最短で、IT業界で独立をしたいと考えている人にオススメですね。

7位:インテリジェンスのエンジニア・IT派遣

正社員ではなく、エンジニア派遣・IT派遣のサイトです。あえて正社員でなく派遣で働きたい人にはお勧めのサイトです。

8位:ヒューマンタッチ

大手転職エージェントです。色々な分野で別れてはいるみたいですが、業種がかなり幅広いです。

他にもエンジニア派遣も扱っています。大手特に経験者優遇される求人が多いですね。

9位:エンジニアナビ

フリーランス・フリーエンジニアの求人を支援するサービスです。

定期的な交流会や専属コーディネーターがサポートしてくれるのでフリーとして働きたい人にはお勧めです。

フリーエンジニアの求人を扱うので、未経験の人ではなく経験者にオススメです。

10位:マイナビエージェント×IT

マイナビグループの中のIT専門の転職エージェントです。組織が大きいので、転職についてはプロですね。

また非公開案件も多数取り揃えております。やはり大手は経験者優遇が多いので、未経験者ではなく経験者にオススメです。

エンジニアの転職は・・・IT・Webエンジニア専門の転職エージェントにおまかせ

色んな職業で転職支援サーボスってありますよね。
でも、一般的な事務とかだったら紹介する側も知識がなくてもなんとなーくといった感じで、紹介出来てしまうよね。

あとは、ハローワークなんかは、すべての求人が公開案件。要は、誰でも見れる求人なんですよ!応募する人も多いけどやめる人も多かったりする。あまりいい条件の仕事がないこともよくあります

そこでオススメなのが、無料で登録できる転職支援サービスでは、個人情報を登録した人だけに紹介してくれるので、非公開案件なんです。だから魅力的な求人がたくさんあるんです。

しかーし、専門職の転職だと紹介してくれる会社やその担当者に知識なくしては・・・いい仕事を紹介してくれる可能性が低い。しかも自分のキャリアなんかもちゃんと理解してもらえていない可能性もあります。

自分のキャリアややりたい仕事内容をしっかり担当者が理解してくれないと・・・いい転職なんてできっこない。そこで自分が転職したい業界、職業、職種に特化した転職支援サービスを見つけるべきです。

担当者もその業界に詳しくなるように日々勉強しているので、とっても安心できますね。

ちょっとだけ話がずれちゃうんだけど・・・・賃貸物件を借りるために雑誌を見た事ありますか?賃貸物件の雑誌もたくさんあるけど、雑誌って作るまでに時間が結構かかるの知ってしましたか?まぁ冷静に考えれば時間がかかって当たり前。

つまり雑誌が出回るころには掲載された物件は借り手が決まっていることが多いんです。あとは人気の物件(すでに借り手がいるのに)をわざと載せて魅力的な物件を見た人から問い合わせさせようと考えている業者もあるんですよ!

問い合わせて足を運んで色々話していくと・・・非公開物件を教えてくれる。雑誌や不動産屋さんのガラス面に張り出す前の物件で、まだ前の人が退去していないけど退去予定の物件なんかも教えてくれちゃいます。

まぁ転職なんかもそうなんですよね。情報が入ってすぐには一般公開せずに、まずは登録してくれている人でこの条件にあった人から紹介していくんですよ。

だから一般的に情報が出回る前にその求人は決まってしまうことが多い。それでも中々決まらないと・・・・ハローワークだったり雑誌だったり載せますね。

しかも専門職であれば、大手の転職支援サービスだと登録人数はダントツで多いけど、その専門知識がある人がどの程度いるか・・・と言ったらそんなにいないでしょう。しかも営業担当者も浅く幅広知識はあるけど・・専門的なことまでは知らない人もいるので、会社が要求する人材を見つけることも難しくなってくる。

だから、自分が目指す業界に特化した転職支援サービスで登録するのが一番の近道です。特に未経験だけどIT業界、システムエンジニアの世界に飛び込みたいという20代であればエンジニア専門のレバレジーズテックです。

こちらは100%IT・Webエンジニア専門なので、サポートしてくれる担当者は自分のスキルなどにも理解をしてくれます。理解をしてくれるので話もスムーズに進みます。エンジニア専門のレバレジーズテックで転職をしてみませんか?

転職はプロに頼もう!

色々頑張って働いているのに・・・会社から評価されない。

先輩も後輩も結構転職していく。新しく人も入ってきて、教えたりしているけど・・・評価されていないのか給料も中々上がらない。転職した後輩の方がいい給料をもらっている。
なんて嘆いている人いませんか?

そういった悩みにぶち当たったら、「転職」というのも一つの手。だけど自力で転職しようとするといい職にありつけませんよ(*^。^*)
自分で給料交渉とかできますか?できないですよね・・・・。

逆に面接時って採用されたいがために「安くても頑張ります」なんて言ってしまった人いませんか?
いますよね・・・実は私もそういった事があります。

結局は私たちって転職のプロじゃないし、どうやって転職すればいいのかなんてわからないのです。
だから転職する時にはプロにお任せするのも手なんですよ!

プロに任せるとなると・・・お金がかかるんじゃ・・・なんて思っている人いませんか?安心してくださいね。もちろん無料で全て手伝ってくれちゃいます。

ただね・・どこのプロでもいいかと言ったらそれは違うんですね。

IT・Webエンジニア系で転職希望であれば、その業界に特化した支援サービスがいいですよ!まぁ最近では、何社かありますが断然お勧めは、レバレジーズテックです。

レバレジーズテックは情報量が他社と違います。他社は、「求人情報」と「企業情報」しか教えてくれません。これだと単なるペーパー求人とさほど変わりませんね。だって単純に経験言語や経験年数のみで判断して仕事を紹介してもらったら、自力で探したの場合とそれほど変わらないよね。

レバレジーズテックは、基礎情報に加えて「現場情報」を知っているので、そういった知識も含めて紹介してくれるのでとても信頼できる転職支援サービスと言えます。

現場の声って重要だ!

転職する時って・・・面接するよね。でも面接官って人事の人で、直接仕事する上司だったり先輩ではないことが多いですね。
また転職支援サービスの担当者も求人内容を話するのは、人事の人ですよね。

結局は当事者じゃない人が話を進めていくので・・・・入社したら違ったとかトラブルが起きますね。

そこで、レバレジーズテックは人事担当者以外で、現場(一緒に働く人)の人からの情報収集も同時に行ってくれるのです。

そうすると人事が言う人材よりも、より細かく欲しい人材がわかってくるのです。より細かい情報がわかれば仕事の紹介もしやすいし紹介された方も仕事内容などがより詳しく把握できるので判断しやすいですよね。

でも自分で転職活動すると、残念ながらそこまで話を聞くことが出来ないですよね。

転職の失敗って結局はそこにつながると思うんです。だから現場の声を聴いてくれるレバレジーズテックで転職活動をすることがいい転職をすることにつながるはずです。

年間3000回以上取引先のプロジェクトマネージャ、エンジニアとミーティングを行っているのでとっても安心できます。こんな転職支援サービスは他にない!!

やっぱり転職はプロに任せるべきだね(*^。^*)

新卒よりも社会人経験者!?

今までは、新入社員で3年以内に離職してしまうと、マイナス要因となってしまっていましたよね。それが最近ではマイナス要因よりもプラス要因として受け止められています。

新卒は、まったく社会人経験がないので手も足も出ない状況ですが、1-2年でも社会人経験がある人って、一応一度は社会にもまれているのでリーダーシップが育ちやすいそうです。

企業はそういった社会人経験者を求めているようです。だから3年以内に退職してしまっても落ち込まないで!!

ただ・・・・そのまま真面目に履歴書を書いてしまうとマイナス要因と捉えられてしまう事はあります。

離職理由を「仕事がきついので辞めました」なんて書いたら「この人はすぐに辞めそうだ」なんて思われちゃいますよね。

じゃあなんて書けばいいの!となるところに力を貸してくれる会社があります。それは・・・レバレジーズテックです。

ここは転職のプロでもあり、IT業界に特化した会社なんです。

エンジニア職について詳しい転職のプロ集団なので、どういった書き方をすると印象がいいとかアピールポイントになるとか・・・色々アドバイスしてくれるので、一人で悩まなくてよいのです。

一人で悩みながら転職するより、一緒に悩み相談に乗ってくれる担当者がいるIT業界に特化したレバレジーズテックで転職しましょう!

SE未経験からシステムエンジニアになるには?関連基礎知識&Q&A

システムエンジニアになるには資格は必要なのか?

結果から言うと、資格がなくても就職は可能です。資格よりは経験がものをいう業界です。

未経験からシステムエンジニアリングになろうと思うのであれば、経験が無い分資格がある事によって何も知らない未経験よりかは採用されやすいと思います。

では資格を取るとしたらどんな資格がいいのでしょうか?

基本情報技術者試験と応用情報技術者は、役にも立つしキャリアアップにもなる資格です。

またエンジニアに限らずですが、小学校から英語が始まる時代ですし、この先どんどん英語の重要性があがります。そこでTOIECを取得しているエンジニアも増えています。実際にキャリアアップにも繋がっているようなので、TOIECを積極的に受験するのもいいと思います。

民間資格のベンダー資格やベンダーニュートラル資格も勉強するとより良いと思います。

資格を取得するのであれば、LPIC(Linux技術者認定試験)、ITIL認定資格、Oracle認定Javaプログラマがオススメです。

システムエンジニアに英語力は必要か?

資格が必要か・・・というところでも少し触れましたが、英語力が必要となってきている風潮があります。

よりスキルのある人材を欲しいと思う企業は、英語力以外が同スキルであれば、英語力がある方を採用するでしょう。

特に社内SEを希望するのであれば、英語は身に着けた方がいいでしょう。

社内SEを求人している企業は、海外展開をしている割合が高いです。そうなると英語力が備わった人材を欲しがります。

中には、英語が公用語というところもありますので、より大手を目指す場合には英語は必須のスキルとなります。

システムエンジニアになりたいけど・・・英語力にちょっと自信が無い人は、IT関連企業の求人を探した方がいいかもしれません。IT関連企業は主に、日本国内の企業をメインに取引しております。

したがって英語力はあった方がいいが、それほど重視しなくても大丈夫と言えます。

ただ将来転職する際にはもっと英語力が必要となってくる可能性もありますので、できるだけ早めに英語の習得をした方がよりいい仕事に就けるでしょう。

エンジニアにはどんな種類があるのだろうか・・・

エンジニアと一言で言っても、システムエンジニア、プログラマー等色々ありますね。IT企業で働きたい!!と思ってもどの職種に就けばいいのかわからない時もありますね。

まず初めに、どんな職種があるのかを見ていきましょう!

システムエンジニア、プログラマー、テクニカルエンジニア、データベースエンジニア、ネットワークエンジニア、システム管理エンジニア、組み込みエンジニア、セールスエンジニア、フィールドエンジニア、サポートエンジニア、アプリケーションエンジニア、WEBエンジニアなどがあります。

もしかするともっともっと細かく分ければもっとあるかもしれません。

またSEなどを経験し、それより上のプロジェクトマネージャー、アプリケーションマネージャー、ネットワークエンジニア、システムアナリストなどもあります。

その他に技術者を言えば、WEBデザイナー、CADなどもありますね。

とりあえず、エンジニアと言っても色々あるんだなぁと思ってもらえましたでしょうか?

システムエンジニア、プログラマーの年収は?

システムエンジニアやプログラマーは、仕事内容が同じでも働く会社により給与には差がでます。だからシステムエンジニアの年収はいくらと言う風には言えないんですよね。

平均は、給与を平均するだけなので出来ますが・・・・ちなみに平均年収は約433万のようです。

ではなぜこんな風に給与格差が出るのでしょうか?やはり会社の規模ですね。

大きな会社は元請けになるので、利益が多い。下請け、孫請け、そのまたの下請け・・・・となっていくと一生懸命いいものを作っても会社自体に入ってくるお金が少ないので、給与も少ない。

ただ、給与が良くてもその分休みがなかったり、残業しても給与に残業代が含まれている・・とかプライベートがまったく取れない人もいます。

その分、ちょっと年収が安くても、休みはシッカリ取れて残業も少ないとなれば、プライベートが充実する。

家庭を持ってしまうと、給与が高い方がいいかもしれないが、でも休みが無いのであれば家族とも過ごせないし一概に給与が高い方がいいとも言えない。

逆に給与が少し安くても、休みが取れれば家族といられる時間が増える。

どちらの会社を選ぶかは本人次第。でも給与だけでは測れない他のものもあることを忘れないでほしい。

システムエンジニアとプログラマーの違い

業界に詳しくないと・・・システムエンジニアもプログラマーも同じことするんじゃないの??と思ってしまいがち。

簡単に説明しちゃうと、システムエンジニアが建築士(設計士)で、プログラマーは大工さんです。

建築士と大工さんであれば、建築をよく知らなくてもわかるんじゃないですかね?

システムエンジニアは、システムを作ってほしいと思っている会社とどんなシステムを作るかを話し合い、その要望どおりの設計をします。

システムの設計はもちろん、システムの提案、コンサルティング等、総合的な事も仕事です。時には、新規開拓営業も行います。

プログラマーは、システムエンジニアが設計したシステムの内容を作り上げていくことがメインの仕事です。

指示通り作っている中、不都合な部分が出てきたらその都度相談しながら解決して行きます。

システムエンジニアにもプログラミングの知識が無いとトラブルが起きた時に対応しかねるので、設計力だけではなくプログラマ知識は必要不可欠になります。

システム開発が出来たら、動作確認をし、必要であれば修正し期日までに納品するのですが、この際のスケジュール管理はシステムエンジニアが行っており、何かトラブル(納期に間に合わない等)があればシステムエンジニアの責任となります。

納品後のアフターフォローはシステムエンジニアが窓口となるので、コミュニケーション能力が無いと難しい仕事です。

黙々と作業をしたい人は、プログラマーの方が良さそうですね。

転職をスムーズに行いたいです!

誰でも転職はスムーズにスマートに行いたいって思うよね。何回も落ちて・・・なんてことになるとかなり精神的にもダメージが大きいよね。

しかも相談する人もいなかったらより落ち込んでしまう。

かといって、単なる転職素人の友人に相談してもあまり強みにならないのも現実。

転職に詳しい人がいたら相談したいと思いませんか?だけどそんな人が身近にいますか?いないですよね・・・・・。

ハローワークにいった事ありますか?

確かにハローワークの人って転職のプロと言えばプロなんだけど・・・公務員なのでなんか機械的で親身さを感じらないと思うのは私だけでしょうか?

また仕事内容を確認しても・・・・書いてある事を読むだけなので聞いても意味がない。

だからあまり相談しようってあまり思えない。結構私みたいに思う人って多いんじゃないかな?

もしエンジニア職で転職を希望であれば・・・やはりエンジニア職について詳しくわかっている人(担当者)じゃないと・・・自分の経歴もちゃんとわかってもらえない時があります。

転職にも詳しくて、エンジニア職にも詳しい会社ってあるのだろうか!?と疑問に思ってしましたがありました。それは・・・レバレジーズテックです。

本気でエンジニア職に転職したいあなたは是非登録を!!期待は裏切りません。

自分の市場価値は?

自分のスキルの価値ってわかっているようでわかっていなかったりしますね。

仕事量はかなりあるけど、今もらっている給料は少ないなぁ・・・自分のスキルはその程度なのかな?なんて思ってしまいませんか?また、学生時代の友人と久しぶりに再会したら、同じような仕事しているのに自分よりも高い給料だったなんて事はありませんか?

友人と自分の差は何なんだろう!?とか思ったりしませんか?

自分が自分で評価しちゃうと欲が出たり、逆に謙遜しちゃたりと結局はわからず仕舞い・・・

そこで、エンジニア市場に詳しい人に価値を評価してもらいませんか?

実はリーマンショック後、web業界は進化していてエンジニアの価値がぐんぐん上がっていることをご存知でしたか?

たぶんそのまま同じ会社にいたらわからないで終わってしまう人も結構いるんじゃないですかね。

一度レバレジーズテックで、自分の市場価値を確認してみませんか?

自分自信の市場価値を知ることはとっても勉強になります。自分自身の市場価値を踏まえたところで転職してみましょう!きっと年収が上がる事間違いなし!!

レバテックキャリアって本当に良いの!?

転職支援サービスって色々ありますね。普通に考えちゃうと・・・大手の転職支援サービスの方がいいんじゃないかって思いがちですよね。

もちろん大手は大手でいいところあるんですけど・・・レバレジーズテックは小さいながらもぐんぐん成長している会社なんです。すでに全国に9支店と海外に1支店もあるんですよ!関東圏の仕事が特に充実しています!

では大手にないサービスを見てみましょう♪

一般的なところは、人事から得た情報だけを紹介するという感じですが、レバレジーズテックは現場レベルの情報を常に入手しています。転職する本人って表面的なことよりも実は内部情報を知りたいですよね。

じゃないと入社してからギャップに悩まされたりしますよね。入社する前に出来る限りの情報は押さえたいって思うのは当たり前の事ですから。そういった欲しい情報をたくさん持っているのがここの魅力の一つです。

あとは、担当者の専門知識の豊富さですね。

やはり担当者が専門知識なさすぎると自分のやりたい仕事もうまく伝わらないかもしれないし、紹介された仕事だって自分が思っているのと違う可能性も出てきます。

そのあたり転職の知識と、専門知識の両方を持っていないといい仕事は紹介されないんですよね。

あとは、面接に一緒に同行してくれたり、履歴書のアドバイスをしてくれたり・・・・かなり親身になってくれます。また目先の事だけでなく、3年後5年後の事も一緒に考えてくれるので将来を見据えた転職がよりできます。

まずはレバレジーズテックの良さを実感するために、エントリーをしてみよう!たった30秒で終わります。

システムエンジニアの色々

システムエンジニアを細かく分けていくと、何種類かに分かれます。

データベースエンジニアとは、企業が顧客情報や商品情報などの膨大なデータを、効率よく且つスピーディーに検索が出来るように、データベースシステムを設計、構築してきます。

よくある、同時にたくさんのアクセスをした際の負荷の分散や、不正データの受付拒否といったことも考慮しながら構築していかなければなりません。

データベースソフトはOracle製品が主流なので、Oracle Databaseを使った設計、構築、管理の経験が必要となります。

組み込みエンジニア(エンベデッドシステム)とは、家電製品や機械などに組み込まれるコンピューターシステムを設計、仕様書作成や開発をしていく人を指します。

ネットワークエンジニアとは、企業内のコンピューターを繋いで、LANなどを経由して情報のやり取りを出来るようにネットワークの設計や構築をする人を指します。

ネットワークエンジニアは、大きく分けて「監視・運用」「構築・保守」「設計」の3つに分類されます。

監視・運用は、ネットワークに障害があった場合の対応や障害の監視などを行います。主に監視・運用をする人は「システム管理エンジニア」と呼ぶことが多いです。

構築・保守は、システムエンジニアが作成した設計に基づきネットワーク機器を設定したりテストしたりします。

設計は、ネットワークの詳細な設計をします。セキュリティ面なども考えて設計をしていかなければならないし、企業へのヒアリングやプレゼンなども行う事から、コミュニケーション能力が必要となります。主に設計をする人の事を「ネットワークエンジニア」と呼ぶことが多いです。

アプリケーションエンジニアとは、システム設計や開発からテストまでの一連の流れを担い、開発プロジェクトの責任者の役割を求められます。国家資格のアプリケーションエンジニア資格もあります。プログラミング言語の知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力も必要とされます。

金融系システムエンジニアとは?

システムエンジニアは、いろいろな場で活躍しています。金融系システムエンジニアは、キャリアを積めば転職にすごく有利です。

まず、金融系と言っても大きく5つに分けることが出来ます。

「銀行」「証券」「クレジット」「生保」「損保」です。

金融系は、システムエンジニアとしての知識以外に金融系の知識も必要となります。

銀行では、融資(個人法人向け、住宅)・為替(国内、外国)・預金(普通、定額、定期)・顧客情報や銀行内の経費等です。

証券は、株式・債権・信用取引・投資信託・先物取引・現物取引などです。

クレジットは、発券・売掛管理・請求金管理・消込・未入金管理などです。

生保と損保は、契約審査・契約の保全・支払い管理などです。

最近では、インターネットバンキングなどもどこの銀行でも扱ってますよね。こういったシステムの構築なども金融システムエンジニアの仕事になります。ですので、求人はいつでも一定量あるお勧めの分野になります。

でも最初は、覚えることが山積みで大変だと思うけど覚えたら転職も有利に働くので、頑張った甲斐があると思います。

病院のシステムエンジニアの仕事内容とは?

システムエンジニアと言えば、IT企業に就職というイメージがありますよね。

だけど今は一般企業のシステム部門として働く場合もあります。自社でシステムエンジニアを雇って、プログラム開発からトラブルやメンテナンスを全て任される場合も多いようです。

今では、病院でもアナログからデジタル化が進み電子カルテや、診療報酬のシステムを利用しているところが増えてきました。

そこで、電子カルテ、診療報酬システムの開発を外部会社に依頼せずに、病院自体でシステムエンジニアと雇い、プログラム設計から開発及びトラブル対処やメンテナンスを独自で行っています。

医療知識は要求されませんが、全く無知でもいいシステムは作れませんので、最低限の知識は頭に入れた方がいいでしょう。

最低でも電子カルテに関する情報や診療報酬については知識が必要と思われます。じゃないと病院側の要望していることがまるでちんぷんかんぷんになってしまいます。

病院に限らずですが、相手側の仕事についても少しは知らないといいシステムは作り上げられませんね。

システムエンジニアの仕事の魅力は何だろう?

どんな仕事にもやりがいや魅力はあります。システムエンジニアにはどのような魅力があるのでしょうか・・・。

一番のやりがいは、何と言っても「システムが完成した時の達成感」です。システムエンジニアでなくとも、何かを作り上げるような仕事(建築関連、土木関連など)ではよくありますね。

あとは、「お客様から感謝されること」ですね。

システムが~の方は、どちらかと言うと自己満足的な感じで、あー頑張ったお疲れ様と自分をほめる感じですよね。

自分が満足できて、お客様も満足し感謝されると喜びが2倍ですね。この2つの喜びは、やった人にしかわからないのです。完成までの過程は長くそして紆余曲折があり、特に締め切り前は徹夜したり色々大変だ!!その努力があってこ
その完成なので、あー休めるという感情も生まれる。

給与については、会社によって雲泥の差なので一概になんとも言えません。

給与は別として、みんなこの仕事が好きで続けている人がとても多いです。やるとこの魅力にどっぷりはまってしまうようです。

ただ忙しいので、女性の場合結婚して子供が出来てしまうと続けるのが難しいようです。

WEBエンジニアとは?

WEBエンジニアとは、webサイトなどで使用するwebアプリケーションを開発していく仕事です。ネットショップでよくある、ショッピングカートや今流行のSNSや動画などを作ります。年々機能が増えてきているので求人はうなぎのぼりです。

セールスエンジニアとは?

セールスエンジニアとは、IT製品などの技術的な専門知識を習得している販売員のことをさします。企業側は、専門知識が無い場合が多いので、専門知識がある営業が相手であれば、わからないこともしっかりと説明してくれるので安心できる。

サポートエンジニアとは

サポートエンジニアとは、顧客のIT製品(パソコンやシステム等)操作方法やトラブル時に、電話やメールにて解決します。それでも解決できない場合には訪問して対応します。

システムやハードウエァ、ソフトウエァに熟知していないと務まらないし、それを説明し相手に伝えることも必要なので、コミュニケーション能力も必要とされます。また相手先に出向くことも多いので、フィールドエンジニアと呼ぶこともあります。