アンジェリーヌアンジェリーヌ

妊娠したいと考えている人は、妊娠しやすくするにはどうすれば良いのだろうかという情報をお探しのことと思います。

そこで今回は、「私はこれで妊娠しました!」、「私はこれで妊娠できました!」という人の声を集めて、それらをわかりやすくまとめてみました。

妊娠できた人が言っていた!これをして妊娠できましたTop8

  • ストレスをため込まないように心がける
    「嫌な会社を辞めたら妊娠できました。」「妊娠しなきゃという強い強迫観念から距離を置くことで妊娠出来た」というような声はかなり多くありました。
  • お医者さんに相談する
    基本的かつ王道的な方法。医学的、理論的アプローチ(タイミング法ほか)を提案してくれたり、薬の処方(クロミッド・排卵誘発注射ほか)等で実際にアプローチしてくれたりします。ただし、人により経済的事情によりでそのアプローチ方法も様々ですし、また選択肢があります。更には、場合によっては余計なストレスを抱え込むこともあるようですのでそのあたりには気を付けておいた方が良いでしょう。
  • 薬局で相談してみる
    お医者さんに相談するのと行為そのものは似ていますが、(漢方系の)薬局で相談する場合、漢方など東洋医学的な自然なアプローチでの妊娠を目指す提案をされたり、その流れでそういった取組をすることになることが多いです。病院でのアプローチが自分には向いていないのではないかと感じている人や、自然な形で肩肘張らずに妊娠を目指したいという人にはおすすめです。ただし、病院と同様に、担当者(医師・薬剤師)と合うか合わないかということはありますのでそこは注意した方が良いでしょう。
  • 運動をする
    適度に運動をすると健康な身体を作ることにつながりますし、ストレス解消になります。
  • 身体を冷やさないようにする。温める。
    冷えは血流を悪くします。血流が悪いと子宮内膜を着床しやすくする状態にするのにも良くないと言われています。身体を温めると言われている生姜などを意識して取り入れていましたという人は多いです。
  • 自律神経を整える
    ストレスをためないというのもそうですが、他にも、睡眠や食生活も自律神経を整えるには重要です。妊娠に重要なホルモンの働きを正常に保つためにも自律神経を整えることには気を付けた方が良いです。
  • バランスの良い食事に気を付ける
    自律神経を良い状態にしておくための健康に良い食事は勿論のこと、「卵子の質を良くしてくれると言われているルイボスティー」「子宮内膜の状態を良くしてくれると言われているマカ、プラセンタ」「細胞分裂・増殖の促進、それによる血流改善などが期待できると言われている葉酸」など、妊娠するために良い食べ物、成分を意識して摂るように気を付けていましたという人も多かったです。
  • キチンとした食事を摂り続けることが難しいならサプリメントを活用する。
    キチンとした食事を続けることは「忙しい、面倒」などの理由で難しいという方は非常にたくさんいらっしゃいました。そういう人は、サプリメントを活用されると良いでしょう。サプリメントは飲むだけで良いですから面倒なことなく続けることができます。

妊娠した人が摂っていた健康食品・サプリメントランキング

  • ベルタ葉酸サプリ

    <価格>|5,980円(税込)/1ヵ月|約193円/1日|※定期の場合3,980円(税込)/1ヵ月|約128円/1日
    <評価>|★★★★★
    <一言>葉酸サプリの決定版と言えばこれ。厚生労働省推奨の400μgの葉酸、27種類のビタミン・ミネラル、21種類の野菜などがまとめて摂れる。安心の無添加。

  • ティーライフのルイボスティー

    <価格>|21パックで970円(税込)|約46円/1日|
    <評価>|★★★★☆
    <一言>紅茶のような風味でビタミンB1、B2、ミネラルなどを摂ることができる。

  • フルミーマカミウ

    <価格>|初回2,980円(税抜)/約30日分|※通常価格7,980円。定期だと2回目以降は37%オフになる。
    <評価>|★★★★☆
    <一言>マカを摂ることができる妊活用サポートサプリ。

  • プララの宝石

    <価格>|初回500円(税込)+送料/14日分|※通常価格2,160円
    <評価>|★★★★★
    <一言>日本ハム製の高純度国産プラセンタ配合。

どれを選んだらいいか悩んでいる人へ。特にこれをおすすめしたい。

アンジェリーヌアンジェリーヌ

いくらサプリメントが良いからと言って、なんでも闇雲に複数飲むのはおススメできません。やはり通常の食事を良い物にしつつ、そのサポートとしてのサプリメントというのが理想です。

先述のランキングの中で特に注意していただきいたいのが葉酸。葉酸はほうれん草などに含まれている成分ですが、水溶性で熱に弱いため、通常の食事では頑張っても中々効率的に摂取することができません。

葉酸の他にも摂ってほしい成分は当然あるわけですが、サプリを一つ選ぶならどれ?という観点で選ぶなら、やはり葉酸のサプリということになります。

妊娠したい人が葉酸サプリを摂るべき理由

ベルタ葉酸サプリがおすすめな理由

口コミ(女性)

(2年悩んでいた不妊がベルタ葉酸サプリですぐ解決しました)
結婚をして2年たちますが、まったく妊娠の気配が感じられずに悩んでいたところ、妊娠をしたばかりの友人にベルタ葉酸サプリを飲むと妊娠しやすくなるらしいよという話を聞き、試しに飲んでみることにしました。

どんな効果があるのかと調べてみると、子宮内膜を厚くしたりする効果があるとの事でした。

子宮内膜が厚くなることで、着床率が上がるそうなのです。飲んでから4ヶ月くらいたったときのこと、なんと2年も不妊だった私が妊娠できました。ベルタ葉酸サプリを飲み始めてからすぐ妊娠したので、効果をかなり感じました。

口コミ(女性)

(ベルタ葉酸サプリのおかげで元気で丈夫な子が生まれました)
妊娠する前からベルタ葉酸サプリを飲んでいました。それは母から飲むようすすめられていたのです。赤ちゃんの先天異常のリスクから守ってくれるのです。そして赤ちゃんの栄養不足を予防してくれました。

私が貧血にならないで済んだのも、ベルタ葉酸サプリのおかげだと思います。いつ赤ちゃんができてもいいように、と母からすすめられていたのです。だから私は毎日当たり前のように飲んでいました。

とても元気で丈夫な子を生む事ができました。そしてとても健康体で生まれてくれた事には、とても感謝しています。ベルタ葉酸サプリを飲んでいたからだと思います。

口コミ(女性)

(ベルタ葉酸サプリで妊活が楽になりました)
中々妊娠出来なく、妊活について夫と話すことが多くなりました。その内容は私の生理不順にあったんです。いつくるか分からない状態で、妊活するのは難しいのではと。基礎体温を測ってそろそろかなと言う感じで、ひどい時は数ヶ月生理がない時もありました。

そんな時、見事妊娠し友人からベルタ葉酸サプリがいいとアドバイスを受けたんです。

生理不順にはどうなのか疑問でしたが、飲み始めてから生理がだんだん周期的になり、妊活が楽になりました。ベルタ葉酸サプリを飲み始めて半年後見事妊娠をしました。

天にも昇るような気持ちって、こういうことを言うんだなと始めてわかりました。本当にベルタ葉酸サプリを飲んで良かったです。

その他先輩ママさんからの妊娠できた声・アドバイス

口コミ(女性)

葉酸のおかげで元気な男子を出産できました。
葉酸のおかげで元気な男子を出産できました。

私は妊活をはじめたときから、一日0,4グラムの葉酸を毎朝サプリメントで摂取していました。

葉酸というのは妊娠しているときに不可欠な栄養素です。食べ物からでももちろん摂取できます。

しかし、食べ物から目標摂取量をとるというのは難しく、私は手っ取り早くサプリメントに頼りました。

妊娠する前から摂取していていた理由は妊娠したとわかったときにはもう着床して赤ちゃんはぐんぐん育ちはじめている最中なんです。

葉酸は妊娠初期から3ヶ月ぐらいまで最も必要とするので、私は妊娠がわかってからでは遅いと思い、妊娠していないときから摂取していました。

葉酸が足りないと赤ちゃんに障害がでてしまう場合があるそうなんです。これは絶対に防ぎたいことです。

毎日のサプリメントでそれが防げるなら安いものです。どこの薬局にも売っているいたって一般的なサプリメントなので、とてもありがたいです。

ちなみに葉酸は食品からももちろんとれます。

ほうれん草、果物、納豆などの大豆製品にも多く含まれています。うなぎやレバーなどにも多く含まれています。

これって普通でもとてもいい食材ばかりなので、私は納豆は毎日とるようにしていました。レバニラ炒めなんかもすごい好きなので、好んで作るようにしました。

毎朝必ず果物も食べましたし、葉酸を意識するようになってから、結構健康的な食生活になったのではないかと思います。

葉酸ってからだにいい食材にたくさん入っています。すごく嬉しいことです。

葉酸のおかげか元気で大きな男の子を出産することができました。これから葉酸を飲もうとしている方、なにより大切なのは摂取量を守ることと、妊娠したいと思ったときからのみ始めることです。これを守ればいいと思います。

口コミ(女性)

お風呂上りに妊娠線予防のクリームでケアをしていたら妊娠線ができませんでした!
もともと部分的乾燥肌が昔から悩みでもあったので入浴後にはいつも適度に保湿ができる ボディクリームをぬるのが日課でもありました。

なので、妊娠が判明した時からもずっと保湿クリームはぬり続けていてお肌のケアはしていました。

しかし、妊娠3か月くらいたった頃に赤ちゃん本舗へお買い物に行って妊娠線予防のクリームを発見したことから入浴後のいつものボディ用クリームから妊娠線予防クリームに変更してケアを始めたのです。

どちらも同じような付け心地で保湿ケアには大差はない感じだったのですが妊娠線予防クリーム の方がより保湿力がすぐれている感じはしました

しかし、普通のボディ用クリームでもたっぷりめにぬりこみケアをするとどちらも似たような 効果が発揮できるのではないかな~と両方使った経験から実感したりもします。

結果的にはどちらでもよいとは思うのですが、とにかくしっかりとした日々の保湿効果がかなりその後の妊娠線には影響がでてくるようです。

毎日毎日妊娠初期から保湿ケアをしていたら結局は目立つ大きな妊娠線はできませんでした!

よ~く見ると小さな妊娠線らしき線が見当たるのですが特別目立つものではないのであまり 気にならずセルライトの一種くらいにしか感じません。

これはきっと継続的に試してきた保湿ケアのおかげなのだと実感している日々でもあります。

妊娠・出産を予定している女性たちはやはりできてから悩むのは辛いことになるので早めに 妊娠線予防のケアに励むことをおすすめします!

口コミ(女性)

ストレスは不妊の大敵です
結婚してから3年以上、子どもを授からず、周りがどんどんお母さんになっていき焦っていました。

不妊治療は結婚して1年過ぎてから考え始め、結局夫の同意が得られなかったので、病院には通わず自分でできることを始めました。

よく言われるのが、「身体を温めなさい」ということ。実際、30代で妊娠した先輩にもこのアドバイスをもらいました。

もともと入浴は好きでしたが時間を長めにしたり、薄着しないように気をつかい、冬は特にカイロや機能性下着を使って寒くないようにしていました。

ほかは漢方薬をのんだり、サプリをのんだり、料理に生姜を使うようにしたりしていました。

ただ、職場が子ども相手のところに変わり、日々応対するのが子どもとその親ばかりという時期がありました。この間のストレスはものすごかったです。

田舎だったせいもあり、お母さんがとにかく若く(私は当時28歳でしたが、ほとんどのお母さんが年下でした)、同じ年のお母さんは子どもが2人目、3人目という人も。

職場にも子持ちの人が多く、私の同期は3人目を出産するため産休中でした。

他人は他人、自分は自分と気にしなければいいのでしょうが、正直整理がくるたびに「また妊娠できなかった…こんな、女性としてできそこないの身体なんていらない」と思うほど追いつめられていました。

不妊を相談できる人も周りにいませんでした。 結局その子ども相手の職場は1年ほどでやめて転職しました。

すると、仕事で受けていたストレスが激減し、不妊以外のことにも関心がむけられるようになりました。

田舎で娯楽が少なかったのが、都心の職場になったので仕事以外の時間も楽しく過ごせるようになりました。

それでもなかなか妊娠せず、あるとき「もういいや!疲れた!」と、のんでいたサプリや漢方薬もやめ、アイスも食べ、と身体をあたためる努力はお休みしました。

妊娠したのはその数週間後でした。 今思えば、妊娠できないことで相当ストレスを感じていたので、そのこともよくなかったんだと思います。

世の中自分の思い通りにならないこともあるんだと割り切り、生活を楽しむようにしたのが結果的によかったのだと思います。

妊娠後は再び身体を冷やさないよう気を付けました。

口コミ(女性)

足つぼで健全な身体を作って妊娠に備える!
足つぼは昔からいいと言われていますが、本当にいいです!

体中の、今までの人生で溜めこんできて排出されていない老廃物が排出され、身体がきれいになります!

はじめ、青竹踏みなどで、足裏の疲れやむくみを取るだけに使っていましたが、ある時ふと書店で足つぼマッサージの本を読んで、不妊にもいいことを知りました。

そして、中華街にある、テレビでよく紹介されていて、有名人も何人も訪れている、足つぼマッサージ店に行って、ためしにやってもらいました。

30分で3000円とかそのくらいだったと思います。 そしたら、痛い痛い、これは痛いと声をあげてのたうちまわりました。

そのあと、お茶をだしてくださって、これを飲んでリラックスしてくださいと言われました。

足裏マッサージは本当によく効いて、何回か通ったのですが、やはり毎回3000円となると結構な金額になるので、本に載っていた、自分で毎日家で踏めるという、専用の足つぼマッサージマットをネットで買いました。

プラスチック製なのですが、1枚6000円くらいで、高いなと思った記憶があるのですが、はじめて家で、素足でそのマットを踏んだところ、あまりの痛みに、自分の体が支えきれず、そのマットの上で立てないのです。

なので、本に書いてあったように、はじめは靴下をはいて、テーブルにつかまりながら、 「痛い!痛い!!!!!」そう叫びながら、毎日足つぼマットを踏んでいました。

30分くらい踏んだ後に、水を500ml、いっきに飲みます。 すると、足つぼマットで刺激された内臓の箇所から、老廃物が水と一緒に排出されるみたいで、翌朝のおしっこの色がとても濃く、においもきつい感じなので、とてもびっくりしました。

なのではじめは靴下をはいてマットを踏んでいましたが、次第にテーブルにつかまることもなく、靴下も必要ないくらいに足の裏が柔らかくなり、マットを踏むことができるようになっていきました。

ただ、このマットをやると、不妊治療などで必要な、服用した薬の成分なども一緒に流してしまうので、人工授精や体外受精をはじめた時に、薬などを飲み始めた時はやめたほうがいいです。

私ははじめ、それを知らずにやってしまい、結局薬がよく効かずに卵子の状態が悪くなる、ということがありました。

やる時期には要注意ですが、足つぼは本当にいいです!生理痛もよくなりますし、不妊におすすめです☆

口コミ(女性)

身体のコンディションを整えることが大事です
ひとつ目の産婦人科では、黄体機能不全とカルテに書かれました。

ふたつ目の不妊治療を中心に行っている病院では、卵巣年齢が実年齢よりもすごく高い(閉経目前)と言われました。

一度目の妊娠は8週目で流産。 二度目の妊娠を望むもののなかなかできず、で。 自分が不妊である、と知らされた時は本当にものすごくショックでした。

しかし、お金がそこまでたくさんなかったので、できれば体外受精には進みたくはありませんでした。

もし体外受精で妊娠できたとしても、その後のお金がなかったら自分たちも子どもも苦しい思いをすることになると考えたので。

自分でなにかできることはないか、といろいろ調べたところ、 まずひとつめに、「身体を温めたほうがいい」ということを知りました。

私は、万年冷え性というか、常にお腹が冷えているタイプで。 特に下腹部は手で触ってみると、手よりもかなり「冷たい」と感じるくらい冷えていました。

普通の人よりも手も冷たいのに。その手よりも冷たいと感じるくらい冷えていたのです。 身体をあたためよう、と思った時に変えたのは、飲み物でした。

暑いと思う時期でもあたたかい飲み物を飲むようにしたのです。しかもしょうがパウダーも入れました。

そうすることにより、お腹が前よりも温かくなりました。

次に始めたのは運動です。 家にこもりっきりだったのを、毎日少しずつ歩数を増やしながら歩き続けました。

歩数を記録していると歩くのがだんだん楽しくなってきて。 「今日はこんなに頑張れた」とか、「明日はもっと歩こう」という気持ちになりました。

そして、漢方薬も処方してもらいました。『当帰芍薬散』という名前のお薬です。

食前に飲んでましたね。 飲む時に、「これは妊娠しやすくなる薬なんだ」と思いながら飲んでいました。そう思うことで本当に妊娠できるような気がして・・・。

この薬を出してもらって2ヶ月弱くらいで結局、タイミングと排卵誘発の注射で妊娠することができました。

妊娠するまでにそれなりに時間がかかりましたが、 身体のコンディションを整えることで、妊娠できたような気がします。

ちなみに、無事出産し今は元気元気な1歳5ヶ月です。

口コミ(女性)

アラフォーで妊活して妊娠しました。
私はいわゆる晩婚で、自分では意識していなかったのですが「妊娠できるのか」といった周りからのプレッシャーから耐えかねて不妊治療を始めたのです。

実際検査をしてみると、卵子というものが劣化しているらしく、今のままでは妊娠は自然では難しいと言われショックと驚きで一杯になりました。

卵子を若返らせる方法がないとのことも聞き、途方に暮れていましたが元々落ち込むタイプではなかったのが功を奏したのかもしれないです。

そしてその検査結果を受けた日から猛烈に自分の体質を変えようと努力をしていったのです。

まず冷たい飲み物が好きでよく飲んでいたのを止めて暖かい飲み物に変えていき、好きなように食べていた食事にも意識するようにしたのです。

まず妊娠に効果があると言われるものをネットで調べて、サーモンとかいくら、エビ、タラコに含まれる「アスタキサンチン」といった成分が含まれている食べ物をよくとっていったのです。

その成分はアンチエイジング効果もあり、直接卵子にはわからないけど、なんとなく直感みたいな感じですが効果はあったと自分では思っています。

あとは日常の飲料をルイボスティーにしたり、酸化防止作用がある飲料や体を温めることに効果的な生姜を取り入れています。

これはいつでも手軽に使えるように生姜を擦りおろし、小さく分けて冷凍にして暖かい飲み物に入れるようにします。

この際、味は関係ないです。 要は温めて体の血流を促すといったことが重要みたいです。

そして時間がある時はドラッグストアなんかで販売している「お灸」を使用して、子宮の働きを改善するつぼとか婦人科系に効くつぼ、といったところに説明書を見ながらお灸をしていきます

これは鍼灸にいくとお金が数倍違ってきますが、自宅でなら回数は増え金額が安いといったように継続ができるので便利です。

そしてお風呂上りやすきまの時間にはストレッチをします。 今まで動かすことのなかった体の部分を動かしていくのです。

こうする地道ですがしてきたことによって、医師にも驚かれる「妊娠」といった結果を手にすることができたのです。 お金もかからない方法ですので是非されてみてもいいかと思います。

口コミ(女性)

タイミング法で妊娠しました。
私は3年間普通に性行をしていましたが、妊娠することはありませんでした。

普通の夫婦が一年間一ヶ月に数回の性行をしても妊娠しないと不妊とされるみたいです。

悩んだのですが、病院に行くことにしました。 旦那と私ともにこれといった問題はありませんでした。

旦那の精子活動も良好ですし数も平均的。

私も卵管が塞がっているわけでもなく、三ヶ月間基礎体温をつけていましたが、その結果も良好。

一回月に一回しっかり排卵していることがわかりました。

しかし、3年間妊娠しなかったので、タイミング法というのを先生が提案してくれました

タイミング法とは、排卵するであろう日の一週間前から連続的に性行をするのです。排卵する時には卵の周りに精子が待機しているような状態が一番望ましてく、その状態をつくるためのタイミング法なのです。

数打ち当たるじゃないですが、精子がたくさん子宮のなかにいるのがとても望ましいのです。

それから毎月タイミング法をすることにしました。それと同時に子宮をしっかり温めることを心がけました。

まず、冷たいものは一切口にするのをやめました。常にたんぽぽ茶を飲んでいました。とうもろこしのひげ茶なんかもカフェインが入っていないので、毎日水代わりに飲んでいました。

常ぬるい状態で水筒にいれて持ち歩いていたぐらいです。 ネットでいろいろ調べていいと思うものはなんでもしました。

腹巻きしましたし、旦那にはマカを飲んでもらいました。ざくろのドリンクが女性ホルモンにいいと聞いて毎日飲んでいました。

これは美味しかったので、今でも飲んでいるぐらいです。他にも自炊を心がけてなるべく国産の上質なものを口にするようにしました。

ジャンクフードは一切食べません。結構、食べるものって大切だと思うので、これはかなり気を付けました。

野菜を多い品種食べるようにしたり、お肉もお魚もしっかりいただきます。 葉酸サプリもいいという話を聞き取り入れました。

タイミング法が一番効果があったのでしょうが、その半年後に妊娠することができました。

口コミ(女性)

漢方薬局での丁寧なカウンセリングと服薬&生活習慣見直しで自然妊娠できました。
4年間不妊でした。不妊治療のクリニックで検査を受けても異常が見つからず、原因不明の不妊だと言われました。

タイミング法を1,2回試みましたが妊娠せず、半ば強引に体外受精を勧められました。先生と相性が合わないと感じたため 3ヶ月ほどで通院をやめてしまいました。

週4日仕事をしていたために遠くの病院には通いづらい状態でした。そこで、以前から興味のあった、漢方薬を試してみることにしました。

インターネットで自宅から通えそうな漢方薬局を探して相談に行きました。初回は2時間近いカウンセリングを受け、私の体調にあった漢方薬を3種類ほど出していただきました。

4週間に一度のペースで漢方薬局に通い、その都度、じっくりとカウンセリングしていただき漢方薬を選んでいただきました。

婦宝当帰膠をベースに、イライラするかどうか、眠気があるか、など、その時々の体調に合わせて丸薬や粉薬など、 色々と変えていただきながら服用を続けていきました。

以前から生理周期が短く、漢方薬を飲み始めても23日から25日ほどで次の生理がきてしまうことがしょっちゅうで、なかなか効果を実感できずにいました。

しかし、薬局でカウンセリングを受けることで自分の生活を見直すきっかけになっていたように思います

疲れが溜まるとイライラしやすくなること、仕事が忙しくて食事が偏ってしまうことなどに気づきました。

体調が悪い時には無理をしないよう心がけたり、忙しくてもできるだけ自炊するよう心がけて生活習慣も見直していきました。

あとは、デスクワークで運動不足になりがちだったため、仕事帰りにひと駅から3駅分くらい歩いたり、と、心身両面から整えるよう意識しました。

半年ほど服薬を続けたところで、ついに妊娠することができました。その当時も生理周期が短く、不正出血もあったため、妊娠することにはあまり執着していませんでした。

むしろ子供ができなかった場合には何をしたいかと考え、興味のあったフランス語の勉強を始めた所でした。

妊娠を望みながらなかなか授からず、辛い気持ちになったこともたくさんありました。

しかし、漢方の先生との出会いや、妊娠以外のことにも気持ちを向けることができたおかげで心身がリラックスして良い方向に向かってくれたのだと思います。

口コミ(女性)

通院せずに妊娠できました
私は一人目を20代前半で出産し、それから所謂二人目不妊になってしまいました。

とはいえ、一人目が幼稚園ごろまでは二人目を作る気がなく、作ろうかと思ったのは30歳になるころです。

一人目が簡単に妊娠できたので、二人目もきっとすぐできると思い込んでいました。しかし、普通に夫婦生活をしていても全く妊娠できず、毎月毎月リセットを迎えてしまい、そのまま半年が過ぎました。

それから少し焦り始め、とりあえず排卵日をちゃんと特定しようと思い、ネットで排卵検査薬を購入し、基礎体温もつけ始めました。

比較的生理周期は順調だったので、排卵日は割と分かりやすかったと思います。 これでしっかり排卵日前にタイミングをとれば妊娠するはず、と思ってトライするも一向に妊娠しません。

妊活を始めて一年近くになると、もうこれは不妊治療をしなければいけないんじゃないかと思い始めました。

でもその前に自分でできることをやりつくそうと思い、ネットで調べて子宮や卵子の質を良くするとされるものを積極的に摂取し始めました。

試したものは、ルイボスティーとマカ、プラセンタ、葉酸のサプリです。

ルイボスティーは抗酸化作用で卵子の質を良くすると有名でしたし、マカとプラセンタはホルモンバランスを整える、子宮の内膜の状態を良くする、葉酸は血液の流れを良くするとの情報を得ていました。

それから、日頃運動しないので全体的に不健康なのかもしれないと思い、夫と二人で夜ウォーキングもしていました。

とにかく自分の体が若く健康でないと、赤ちゃんを迎え入れる準備ができないのではないかと考えたんです。

また、夫は一つ年上なで精子の老化をまだまだ心配するような年齢でもないのですが、とりあえず夫にもマカと亜鉛と葉酸のサプリを飲んでもらいました。

排卵日に合わせてトライするので、疲れていても頑張ってもらわないといけませんから、精子の数を増やし、状態を良くすると有名な上記の二つを選びました。

そしてサプリと運動を初めて3か月後、めでたく妊娠することができたのです。 一年以上かかりましたが、通院するよりは費用もかからず、自然に妊娠できて良かったと思います。

口コミ(女性)

気にしないように生活したら妊娠し元気な子を産めました
私は、婚約して5か月で妊娠しました。 その妊娠は予定外でしたがうれしかったです。

残念なことに入籍してすぐ稽留流産から進行流産になり妊娠7wで流産しました。

結婚した時私は24歳ではやく子供が欲しかったんですぐ子作りしましたが、できませんでした。

毎月毎月頑張ってもできなくて流産のせいではないか? 旦那の仕事が多忙なのでストレスで不妊なのか? とか毎日毎月毎週頭の中は妊娠のことでいっぱいでした。

妊娠にいいというものはすべて試しました。

葉酸。マカ、亜鉛。 でも、効果はありませんでした。 フライング検査もたくさんしました。

妊娠したいと不思議と陽性の線がないのに見えてしまうんです。 もうノイローゼだったと思います。

幸いなことに、義母は「孫だきたいわ-」とかいう人ではないのでそういうストレスはなかったのですが、 私の親族からの「孫」「ひ孫」攻撃はひどくそのせいで余計ノイローゼがひどかったです。

しまいには、猫を飼っているせいにもされて落ち込みました。 もううちには、子供ができないんではないか? 猫を子供の用にかわいがろうと考えていました。

それが結婚2年の時で、流産してから2年経過しようとしていた時でした。 もともと、旦那の希望で専業主婦でしたが家にいてもノイローゼになるので働きに出ることにしました。

といっても、扶養の関係でパートでした。 そのパートが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。

働いたのは、2年ぶりだったのとノイローゼ気味だった私にはちょうど良かったみたいです。

気が付けば、妊娠のことも忘れていました。 あんなに妊娠したくてしかたなかったのに その時は、海外で結婚式やろうとか引っ越ししようとかいろいろ考えていました。

夫婦で生きていくのもわるくないな、猫もう1匹飼ってもいいかも。 なんて思い始めたときに、もう私は不妊ノイローゼではなくなっていました。

本当にストレスフリーになったなと思った時にまさかの妊娠でした

妊娠するとは思わなかったので信じられませんでした。 でも、ストレスを感じなくなったのがよかったのかな?と今は思っています。

口コミ(女性)

まずは自分で出来ることから。不妊に効く生活習慣
結婚して三年目に入っていましたが、妊娠には至りませんでした。

早くから子供を望んでいたので、その期間はとても私にとっては長かったし、 日本での不妊の定義は二年とされていました。

といっても私の場合、不妊治療にはいかず自然妊娠でなんとか妊娠出来たので、まだいい方かとも思いますが、体質改善に日々務めていました。

なぜ私が不妊だったかというと、そもそも生理周期が毎回バラバラだったことに大きく関係していました。

基礎体温を測っていましたが、周期が長くて90日、早くても40日以上と間隔があき、排卵日が特定出来ませんでした。

婦人科に行き検査をしましたが、子宮内には特に異常は見られませんでした。 タイミング法で自然妊娠を目指していたのですが、排卵日か特定できないとかなり難しかったです。

医師はクロミッドで排卵を毎週期定期的に起こさせる方法を取りましょうと言っていました。

まだ薬に抵抗があった私は、なるべく自分で努力してから、それでもだめならまずは薬から、それでもだめだったら卵管造営や血液検査でのホルモンバランスの状態を調べてもらうつもりでした。

体質改善に務めたことは、適度な運動を毎日する、骨盤の歪みを治すため骨盤体操をする、 お菓子など脂質糖質は取り過ぎない、ストレスを溜め込まない、体が冷えないように気をつける、半身浴をして血液の流れをよくする、葉酸サプリを摂る、などです。

これを続けたら、生理の周期も段々短くなり、三ヶ月後に自然妊娠できました。 次にだめだったら薬を考えていたので、タイミングがとてもよかったです。

もし妊娠できていなかったら、人工授精まで考えていたと思うし、夫にも精子検査やフーナーテストなど協力してもらっていたと思います。

私の周りでも不妊に悩んでいる人が多いですが、原因不明の場合も多いです。 なにか原因がわかっている場合より、原因不明のほうがやっかいらしいです。

まずは基礎体温をま毎朝つけ、自分の不妊の原因はなんだろうと少しでも判断材料を揃えておくことはとても大事ですし、冷え性ではないか、肥満気味ではないか、運動不足ではないか自己管理をすることが第一です。